COLUMN家づくりノウハウコラム

水まわりは2階が便利?2階水まわり設計のメリット・デメリット

水まわりは1階にあることが多いですが、今回はエストホームでも推奨している、2階に水まわりを設けることのメリット・デメリットを紹介していきます!

メリット

ご飯以外の一連の動作を2階で完結させることができる!
トイレ、お風呂、洗面所などの水まわりを2階に設けることで、バタバタしがちな朝でも散らかるのは2階だけ。
1階は広く、きれいに保てるので、急な来客があっても安心です。

洗濯が楽チン!
ベランダやバルコニーに洗濯物を干す際も一連の流れが2階で完結するので、1階から2階に運ぶ手間もなく洗濯ができます。
1階で洗濯物を乾かすと、乾いた洗濯物を階段などに置いて、子どもたちに、「2階に行くときに持っていってね~!」となりがちですよ(笑)

プライベート空間を2階に設けられる!
休みの日にお子様のお友達が遊びに来ていても、お風呂も洗面所も気を遣うことなく使用できます。

 

 

デメリット

2階が狭くなる
メリットの裏返しですが、2階に水まわりを設置することでその分、2階の居住スペースはその分狭くなってしまいます。

階段を上り下りすることが増える
お風呂や洗濯は2階なので階段の上り下りが増えてしまいます。

 

以上が今回ご紹介する2階に水まわりを設置する、メリット・デメリットです。

とはいえ実際自分の目で見て、体験しないとなかなかわからないかと思います。

そこで、現在エストホームでは2階に水まわりを設置しているモデルハウスの見学会を開催中です!

ご興味のある方は、ぜひぜひお気軽にお問い合わせください!

 

どんなことでもお気軽にお問い合わせください

0120-203-084営業時間 9:00~18:00 定休日・水曜日