エストホームの新築 in西岡 part.6

|

 

札幌市豊平区西岡の新築現場で『建て方』を行いました。

『建て方』とは構造部材を組み上げる作業のことで、柱や梁を組み合わせ小屋を組み、『棟上げ』するところまでの作業を言います。

gaibu.JPG

当社では金物工法を採用しておりますので、それぞれの構造体の主要部には金物が多く使用されています。

特に左の写真の様な柱の接合部部分が重要で、従来の軸組工法では「継ぎ手」や「仕口」といった、接合するために木材を削る部分が多くありましたが、金物工法ではそういった欠損部が少なく、高い耐久性と、耐震性を得ることが可能となりました。

     hashira uke.JPGのサムネール画像                         obiki.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

構造材はプレカット(工場で機械加工された木材)を使用し、更に金物工法との併用することにより、現場での作業効率が従来に比べアップしています。

そのため、ここから先は一気に進行しますので、次回のブログでは建物の全体像が明らかになっていることと思います。

 

<k.sugano>

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28