新築工事 in明日風 Ⅱ

|
こんばんわ。

残暑が厳しいですねー。
連日暑い日が続いていますので、遅い夏バテにご注意です。
こんな暑い中でも職人さんは頑張って工事を進めてくれています。
お盆が明け、工事が再開になりましたので、その様子をご紹介します。

お盆前は基礎のベース部分の型枠が完成したところでした。
次に行うのはコンクリートを流し込む作業です。

yosi007.jpg

全体に均一になるようにコンクリートを流し込みます。
コンクリートの中に空気が入ると、強度の低下の原因になりますので、
振動機を使って空気を抜いていきます。

yosi008.jpg

コンクリートを均一に流し込んだ後に、表面を鏝(こて)を使用して平らに均していきます。
ベースの上に立上り部分の型枠を組み立てる為、表面が凸凹していると、
型枠自体の精度が低下してしまう事と、
土に埋まる部分であっても見た目が悪くなってしまうので、そこは手を抜くわけには行きません。
隠れてしまう部分だからこそ、何らかの支障が出ない為に、気を張って仕上げていきます。

yosi009.jpg

全てきれいに均されて、ベースコンクリートの流し込み作業が完了です。
この後コンクリートが硬化するまで、しばし養生の期間となります。

yosi010.jpg

コンクリートの硬化が確認できたところで、型枠を解体します。
非常にきれいに仕上がりました。

次に立上り部分の型枠を組み立てていきます。
yosi011.jpgのサムネール画像

立上り部分の型枠組立は、ベースの型枠と違い非常に時間がかかります。
家全体を支える基礎ですので、基礎工事には最新の注意をはらって作業を進めます。
当社では基礎断熱工法が標準ですので、型枠自体に断熱材を貼り付けておきます。
この事で、コンクリートと断熱材が強固に付着し、隙間などの発生を防ぎます。

と、今はこのような状況です。
来週はいよいよ立上り部分のコンクリートの流し込み作業が行われますので、
その状況をご紹介したいと思います。

ではまた来週お会いしましょう。
ではでは・・・・・・・
                                           工事課   阿部

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28