エストホームの新築工事 in 手稲区⑨

|

引き続き、札幌市手稲区の新築現場の様子をお伝えします。

 

2階部分の柱が立ち、2階の「梁掛け」の工程に入りました。

harigake.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週もご紹介しましたが、当社では、耐震性の高い「金物工法」を採用しております。

 

下の写真は「梁受け金物」です。

まずこの金物を、ボルトでしっかりと縫い付けます。

kanamono.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、接合部の梁の断面です。

この細いスリット部分に、「梁受け金物」を差し込む様に掛けていくことになります。

setudannmenn.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「スリット」や、金物を取り付ける為のボルトの穴など、従来の接合部び比べ、「断面欠損」が大幅に少なくて済み、大きな耐力を確保することができることが、この工法の最大のメリットです。

下の写真は、梁を金物に掛けるところです。

hari1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

              

hari2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                   

hari3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工時の落下防止の為、先にピンを一本だけ打っておき、残りの穴に抜け防止の為のピンを打ち込みます。

pinn.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうですか?見るからに頑丈そうですよね?

こういった最新の工法を採用する、しないで、住宅の性能に大きな差が出てきますので、住宅を検討するうえで大切な要素となりますが、これらは完成してしまうと、隠れて見えなくなってしまいます。これは断熱や耐震補強なども同様で、みなさまはあまり目にする機会が無いと思います。

そこで、エストホームでは

きて、みて、さわって! 『構造見学会』」

を開催したいと思います。

実際の建築現場で、「きて、みて、さわって」 エストホームの高断熱、高耐久の最新の木造建築をご確認下さい。

 

開催日時は、このブログにて追ってお知らせ致します。

 

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28