エストホームの新築工事 in 手稲区⑥

|

札幌市手稲区の新築現場で施工中の、「基礎工事」の続きをご紹介します。

 

前回ご紹介した鉄筋の組み立てが完了し、基礎の最下部となるベースコンクリートを打設した後、基礎の型枠を組み立てます。

katawaku.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

型枠の中に水色に見えているのは断熱材です。

当社の場合、基礎は「基礎断熱工法」を採用しております。

建物の断熱性を高める為、基礎の外側から断熱を施すことによって、基礎の内部への冷気の伝わりを抑えます。

せっかく断熱しても基礎換気口を設けてしまうと、そこから寒気がどんどん入ってきてしまうので、換気口は設けず、機械換気により、強制的に換気を行います。

型枠が組み終わったらコンクリートを打設し、強度が出るまで硬化するのを待ってから、型枠を解体します。その後、掘り起こした路盤の埋め戻しを行います。

barashi.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段や玄関ポーチ部分の土間になる部分についても、同様に鉄筋、型枠を組み、コンクリートを打設します。

domatekkinn.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

domadasetu.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社の場合は、基礎の内部にも防湿コンクリートを施します。

湿気が上がるのを防止する目的ですが、建築後の床下の点検時など、土まみれにならずに済むので助かります。

boushitukonn.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、「基礎工事」は完了。

この後の工程は、「躯体工事」(柱や梁等の骨組みを組む工程)となります。

いよいよ大工さんの出番です。

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28