新築工事 進捗状況in新発寒 Ⅳ

|

こんばんわ。

 

春のきざしは見えてきてはいますが、まだまだ寒い日が続きますね。

風邪には気をつけたいところですが、すでにひいてしまいました・・・

皆さんは気をつけてください。

 

では今週の新築工事in新発寒をお送りします。

今週は大工さんの工事が終盤を迎えていますので、内部の状況をおおくりします。

 

a030.jpg

壁・天井のボードを貼る工事が完了し、各部屋の全容が見えてきました。

↑写真は2階の一室の写真です。窓を2箇所設けていますので、とても明るいです。

窓廻りの納め方ですが、窓下部のみに窓台と呼ばれる化粧板を取り付け、

側面・上部はクロスを巻き込む仕様を取っています。

さまざまな方法がありますが、この方法が最も主流で、

3方向の見切りを設けないことで、スッキリとシンプルに、さらに部屋が広く見える利点があるので、

この方法を採用しています。

 

a031.jpg

収納も扉以外は完成しています。

収納内ですが、この部屋は枕棚とステンレスのパイプが取付けられています。

洋服等の収納に適していて、棚上や下部にもある程度のものは収納できます。

 

収納というものは、とても重要で、時代と共に変化しています。

最近はタンス等の需要が少ない分、建物自体の収納力が重要です。

最新の収納を2点ほどご紹介します。

 

まず1点目ですが、ウォークインクローゼットです。

a036.jpg

クローゼット内を広くし、収納専用の一つの部屋とするもので、最近かなり多くみられます。

こちらは、ウォークインクローゼットの中に、可動棚や引き出し等を備えた家具を組み込んでいます。

洋服だけでなく、日用品等をここに収納する事で、広々とした空間を確保できます。

また、生活観を隠すことも出来、よりくつろげる空間を作り上げることが容易です。

 

次に最近増えてきている傾向にある収納です。

a034.jpg

まだ組み立て途中ですが、和室の床を一段上げ、床全体を収納にするものです。

こちらでは真ん中のスペースを掘こたつにし、収納と共にくつろぎの空間もかねています。

収納力もあり、季節ごとの出し入れを考えると、とても使い勝手の良いものです。

完成時は、この上に畳が敷かれ、収納とは一目では解からなくなります。

 

隠す収納のニーズが高まっている近代で、最先端の技術と情報を取り入れ、

お客様が常に満足して住んでいただけるお家を提案していきたいと思います。

 

今週は収納について触れてみました。

来週は大工さんの工事が完了し、内装工事が始まる予定ですので、

クロスなどにスポットをあててみたいと思います。

 

それではまた来週・・・・・・

                                      工事課      A

 

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28