新築工事in屯田Ⅳ

|
こんばんわ。

毎日毎日雪雪で除雪の毎日ですね。
本当に降り過ぎです・・・
除雪にお疲れでしょうが、もうすぐお正月です。
後もう少し頑張りましょう。

では今週のご報告です。
前回は天井下地を組み立てたところまででしたが、
今週はこちらからご紹介、
simi027.jpg
この写真は天井の断熱工事を行っているところです。
天井は壁や床と違い、グラスウールを細かくした物を吹き込んでいきます。
厚さは300mmと壁や床以上に厚くするのは、
暖かい空気は自然と上に登る性質があるので、そこでの熱の損失を出来る限り少なくする為です。

simi028.jpg
こちらは天井断熱が完了した状態です。
ポリシートの上にきれいに断熱材が入っています。
これによって壁・床・天井が断熱材とポリシートによってラッピングされた状態になり、
気密性・断熱性が非常に高い状態にする事ができます。

simi029.jpg
次の作業は床の仕上げ材、フローリングを貼る作業です。
仕上げ材ですので、傷をつけるわけにはいきません。
慎重に貼り進めます。貼り終わった後は即座に養生してしまうので、
実際はなかなか見ることの出来ない状態の写真です。

simi030.jpg
フローリングを貼り終えると、次は壁の石膏ボードを貼る作業に移ります。
この作業は非常に時間がかかります。
ここでの仕上がりが、クロスを貼った際の仕上がりに非常に影響を与える為、
隙間無く、きれいに貼っていかなければなりません。

simi031.jpg
窓廻りは一度加工を施さないで貼った後に、切り抜く方法を取っています。
これは石膏ボードの合わせ目が角に来ると、クロスを貼った後に亀裂が入る恐れがあるからです。
完成し、長い間きれいな状態を保つ為に、細かい工夫を取り入れています。

simi032.jpg
石膏ボードを貼り進める中で、建具の枠の取付も行っていきます。
建具も様々な種類があり、種類ごとに取り付け方法が異なります。
それぞれの特性を理解しながら、取付作業を行っていきます。

現在の内部の状況はここまでです。

最後に外部の足場解体されましたので、その状況をご紹介します。
simi033.jpg
いかがでしょう。
一見シンプルな外装ですが、玄関部分だけサイディングを貼り分けていて、
こだわりを感じるモダンな仕上がりになっています。

では今週はここまでです。
次回は来年になりますので、それまでしばしお待ち下さい。

良いお年を
                                     工事課       阿部

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28