ESTHOME 新琴似モデルⅠ

|
こんばんわ。

今週から当社のモデルハウスの工事状況をご報告していきたいと思います。

モデルの工事は先月の中旬から始まり、基礎工事を終えて現在大工さんの工事が進められています。

moderu001.JPG

土地は南向きの角地で、非常に自由な設計が出来る絶好の場所です。
当社の新工法『at will 工法』を採用した、第一段の建物になります。
『at will工法』とは、ご家族の変化に合わせて、空間をデザインできる可変間仕切りを
主軸とし、考え抜かれた家事動線・自由度を確保して尚、耐震等級2をクリアする、
当社オリジナル工法です。

詳細は随時ご報告ということで、今週は現在の状況をご報告します。


moderu002.JPG

現在の1階の状況です。大工さんによる建て方作業が完了しました。
当社の構造体に使用されている木材は、ホワイトウッド集成材を採用しています。
もちろんシックハウス基準をクリアしたF☆☆☆☆の物を使用しています。
集成材は一般の木材と違い、何枚かの板を合せて作られている為、
ねじれ等の変化に強く、非常に精度の高い材料です。

moderu005.JPG

建て方が完了すると、まずは屋根が作られます。
屋根を先に作ることで、内部に雨・雪の侵入を防ぎ、作業性と品質の向上に繋がります。

moderu003.JPGのサムネール画像

屋根が完成すると次は外壁面の下地を組み立てていきます。
こちらも外部を先行します。
窓廻りの下地を入れ、間柱を組み立てていきます。

この外部側に構造用パネルを貼り付けていくのですが、それはまた来週ご報告したいと思います。

ではまた来週お会いしましょう。
ではでは・・・
                                      工事課  阿部  
株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28