ESTHOME 新築工事 tonden

|

こんばんわ。

今年の冬は本当に雪が多いですね。
毎日除雪除雪でお疲れの方も多いはずです。
インフルエンザもはやっているようなので、体調管理には十分に気をつけて下さいね。

さて、屯田で新しい新築工事が始まりました。
今回からはその工事の進捗状況をご報告していきたいと思います。

工事が始まる前に、まずこの行事が行われます。
tana001.jpg
そう、地鎮祭です。
その土地の神様をにお祈りを行い、工事が無事完了し、
その後健康で幸せに過ごせるようにとの願いを込めます。
神主さんによって滞りなく地鎮祭を完了できました。

ではいよいよ工事が始まります。
まずは、
tana002.jpg
杭工事からです。
写真のようなH型の杭を使用します。
杭はその土地によって長さが異なり、必ず地盤調査を行ってデータを採取してから、
杭の長さや位置、本数の選定を行います。

tana003.jpg
いよいよ杭打ち作業の始まりです。
杭打機の先端にあるオーガーと呼ばれるドリルを利用して、杭を打ち込む穴を掘っていきます。
掘る際には、杭がまっすぐになるように、穴も垂直に掘り進めなければなりません。
合図を出し合って、正確に掘り進めて行きます。

tana004.jpg
掘りあがった穴に先ほどの杭を打ち込んでいくのです。
この作業を繰り返し行い、大体一般的な一軒家で35本から40本ほどの杭を打ち込んでいきます。
本数にもよりますが、大抵1日でこの作業は完了します。
1本1本正確に杭を打ち込んでいくのは、非常に集中力が必要なのに、
早さも兼ね備えるところがやはりプロです。

こうして無事杭工事が本日完了いたしました。
次はいよいよ基礎工事です。
次回は基礎工事の様子をご紹介したいと思います。

では今週はここまで、
また次回お会いしましょう。
ではでは・・・・・
                                   工事課     A

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28