「新築工事」施工中物件最新情報: 2011年8月アーカイブ

新築工事 in南あいの里7

|

              先週に引続き工事の進捗状況をお伝えします。

          先週の予告で、外壁工事の全体像を紹介をする予定でしたが、

          天候の悪い日が数日間あったために、施工が伸びてしまいました。

          楽しみにしていた皆様には大変申し訳ございませんが、一部内容を

          変更して内部工事の進捗状況をお伝えします。

 

       

画像 617.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像              △<2階リビングの内壁作業>

               フロアー貼作業が終わり、不燃材ボード(12.5ミリ)を

               貼っていきます。

             (壁に150ミリ程の開口に、ガラスブロックを積んでいきます。)

 

画像 621.jpgのサムネール画像               △造作の机の棚の設置が終わりました。天板も床材同様に

                キズが付かないようにしっかりと養生を行いました。

                                                                         画像 618.jpg              △ドア枠の取付も同時進行で行っております。

            (1ミリの誤差も許されない為、慎重に取り付ていきます)

         画像 615.jpg                △南あいの里 「最大の見せどころ」 さらし階段の鉄骨部です。

              寸法の確認の為、一度現地にて仮設置を行ないました。

             (確認作業を終え、再度工場へ持ち帰り, ちりやほこりの無い

              場所で塗装の仕上げを行います。)

    

           今週は、内容を変更し内部作業の進捗状況をお伝えしました。

       

                                               工事課 K

こんばんは。

 

更新が1日遅れてしまって申し訳ありません。

ただ遅れたのには訳がありまして、先日美装工事を行っていたからです。

美装工事が完了しましたので、きれいな状態を皆様にお伝えできると思い、

1日遅らせての更新としました。

 

ではお待ちかね、仕上り状況をどうぞご覧下さい。

 

naka058.JPG

養生がすべてはずされ、階段・ポーチ共に仕上がっています。

シンプルモダンなデザインの中にも、サイディングの色分で個性的に仕上がっています。

 

naka059.JPG

お次はキッチンです。かなり広いです。

収納も充実していて、とても使い勝手の良いキッチンです。

リビングとも直結しているので、家族と会話をしながら楽しく料理が出来そうです。

夫婦や親子一緒にキッチンに立つのも楽しそうですね。

 

naka060.JPG

お次はリビングです。とても日当たりの良好な明るいリビングです。

キッチン・和室と直結していますし、天井が吹き抜けとなっていますので、

とても開放感のある空間です。

 

naka061.JPG

お次は洗面脱衣室です。

オレンジのパネルヒーターが映える、清潔感のある仕上りとなっています。

 

naka062.JPG

階段です。

当社こだわりのデザイン階段です。

下部の空間も有効に使えるので、デザインだけでなく機能性も高い階段です。

 

いかがでしょう。

1階部分の何点かを抜粋してご紹介しましたが、本当に魅力のある建物だと思います。

全てをご覧になりたい方は、来週9月3日・4日の2日間で内覧会を開催しますので、

お手数ですが、ご来場いただけるとよりこの建物の良さを感じていただけると思います。

ぜひご来場下さい。

 

さて新発寒の新築工事のご報告はココまでとなりますが、

屯田にて新たな新築工事が動き出しましたので、次回からはそちらをご報告していきたいと思います。

 

それでは今週はここまで、また来週ご報告いたします。

ではでは

                                         工事課     A

 

 

 

新築工事 in南あいの里6

|

                今週も工事は順調に進んでおります。

               今回は、外壁工事の進行状況をお伝えします。

        

osb.jpgのサムネール画像             △外壁下地は、OSB合板(構造用合板)を全面に張って耐震補強を

              行いました。

            (※合板にも防腐処理を行っております。オレンジ色見えている部分です。)

 

 

 

DSCN1914.JPGのサムネール画像

           △合板を貼り終え、FP板(15mm)を全面に隙間なく張っていきます。

            (※弊社のこだわり、付加断熱工法です。)

 

タイペック.jpg              △FP板 を貼り終わった後は、防水シートを外壁全面に貼って

              防水処理を行います。                           

 

 

防水テープ.jpg           △防水シートの継目は、防水テープをしっかりと貼り防水処理を行いました

             (※黒く見えている部分が防水テープです。)   

 

 

通気下地.jpg           △防水処理が終わった後は、通気下地材を均一に取付していきます。

           (※下地の間で空気を流れを作り結露を防止し、外壁仕上材(SD)の腐食を

              防ぎます。)

 

sd.jpg              △下地処理を終え、サイディング材を丁寧に張っていきます。

               (※シックな仕上になりますよ。)

 

 

 

    今週は、外壁工事の進捗をお伝えしました。

 

  次回は、外壁工事が終わり足場が外れ、いよいよ全体像が明らかになる予定です。

                     乞うご期待!!!    

 

 

                                           工事課 k

 

 

新築工事 in南あいの里5

|

           おかげ様で工事も順調に進んでおり、前回に引き続き工事の進捗状況を

           お伝えします。

           

           前回は、床の断熱施工をご紹介しましたが、今回は、壁・天井の施工状況

           をお伝えします。

        

ビニール天壁.jpg

                       △床・壁・天井とビニールで隙間なくラッピングを行い断熱性能を 高めます。

 

下地.jpg

 

                             △暖房機器・棚等が付く壁の間は、事前に下地の補強を行ないます。

            (大事な事ですねー)

        

フロアー.jpg

                                                                                         

                                 △下地の作業が終わり、いよいよ仕上に移ります。

             まずは床の仕上です。1枚、1枚丁寧に床(フロアー材)を敷き詰めていきます。 

 

床養生.jpg

                         △フロアーを貼り終わった後は、キズが付かないようにしっかりと養生

                              を行います。養生は、最後の美装工事が終わるまで貼った状態で作業を 行い

           ます。

 

    以上、今週は内部作業の進捗をお伝えしましたが、来週は、外部作業の進捗状況を

    お伝えする予定です。乞うご期待!  

   

  次回は・・・8月24日に更新よです。                         工事課 k                                             

こんばんわ。

 

お盆も終わり、夏の終わりも近づいてきていますね。

北海道の夏は短い

寒い時期が多い北海道だからこそ、断熱性能の優れた家を私達が造っていかなければなりません。

 

では、今週のご報告です。

 

まずクロス工事が完了しました。

naka051.JPG

こちらは寝室です。

落ち着きのある暗めの柄を採用しています。

先週お伝えした吹き抜け部分とは違い、寝室はお客様によってさまざまな色をお選びになります。

基本的にはお好きな色を選んでいただければ、よりくつろげる空間になると思います。

 

次に電気工事が仕上げの段階に入りました。

naka052.JPG

吹き抜け部分の空気循環用のプロペラです。

この機械は優雅なイメージをお持ちのかたも多いと思いますが、しっかりとした機能を

もっています。吹き抜け部分はどうしても暖気が上に上がってしまうので、肌寒く感じてしまうかたも

多いと思います。そこでこのプロペラで、暖気を下に送り返すのです。

空気を循環させるので、結露の防止にも繋がります。

 

naka053.JPG

こちらは洗面脱衣室のパネルヒーターです。

1枚目の写真にもパネルヒーターが写っていますが、そちらとはまた違った雰囲気を出しています。

こちらはバスタオル等をかけておくことが出来るもので、タオル掛とヒーターの2つの顔をもっています。

 

次に近年需要の高い蓄熱暖房機をご覧下さい。

naka055.JPG  

見ていただけるとおわかりになると思いますが、一般の暖房機器より大きいです。

大きいのには理由があります。

naka056.JPG

このように内部にレンガをたくさん入れるからです。

このレンガは優れもので、長い時間熱を溜め込むことが出来ます。

これによって深夜電力を使い熱を溜め込み、日中放熱するといったシステムです。

熱のくりこしも出来ますので、大変家庭にやさしく、地球にも優しい暖房機器です。

 

温かい家というのは、さまざまな要素が混ざり合って出来ています。

気密性の向上・断熱性能の向上・暖房機器の選定・空気循環などさまざまな要素がありますが、

やはり一番大切なのは家族の温かさです。

そこを暖められるようなお家を建てていきます。

 

では今週はここまで、また来週お会いしましょう。

ではでは・・・・ 

                                       工事課     A

 

 

 

 

新築工事 in南あいの里4

|

           お盆前に、建て方も無事に終わり、工事は順調に進んでおります。

           今週は、内部の床断熱の進行状況をお伝えします。

 

 

 

画像 464.jpg           △土台の間に隙間なく断熱材を敷き詰めていきます。  

           ※FP板(30ミリ)+グラスウール(100ミリ)+基礎断熱(FP板40ミリ)で、足元から

            しっかり断熱処理を行なっていきます。                                                                                     

 

 

 

画像 483.jpg   

          △断熱材を隙間なく充填し終え 仕上げにポリシートでラッピングしていきます。

              ※オレンジ色に光って見えているのがポリフィルムです。

                壁と天井も同様の施工を行ないます。

                ビニール自体で、床・壁・天井を包み込み、風の浸入を防ぎ

                断熱効果を高めます。

 

 

  画像 467.jpg

          △断熱作業を終え、床下地の完成です。弊社では合板(28ミリ)を

           採用しているため、土台の上に直接合板を貼っていきます。

           直接貼ることにより床の合板自体が構造体となります。

 

 

 

  床の断熱状況をお伝えしました。引き続き工事の進捗状況を20日(土)にご紹介します。

         次回は・・・・外壁作業の状況をお伝えします。

 

 

 

 

                                             工事課 k

こんばんわ。

 

今年の夏は暑いですね~

夏なので暑いのは当たり前ですが、暑すぎです。

ちょっと夏バテ気味ですが、職人さんたちは汗をかきながらがんばってくれています。

本当にごくろうさまです。

 

では今週のご報告

今週は大工さんの工事がひと段落し、内装工事が始まりました。

 

naka043.JPG

↑写真は壁・天井のクロスを貼る前の下地処理をしているところです。

パテで石膏ボードの継目やビスのあとを平らに仕上げていきます。

この作業が重要で、ここで手を抜くとクロスの表面に下地のあとがでてしまいます。

徹底的にパテ処理を行い、壁・天井を平らに仕上げていきます。

naka046.JPG

↑写真がパテ処理が完了した状況です。

天井・壁共に何度もパテ処理を行い、この状態に仕上げます。

 

次にいよいよクロスを貼る作業です。

naka047.JPG

現在使用されているクロスはシックハウス対策品という材料以外使用できません。

この基準(F☆☆☆☆)を満たしているかどうかの確認を行います。

 

naka048.JPG

いよいよクロスを貼る作業です。

約1m幅のクロスを壁の凹凸に合わせてひたすらに貼っていきます。

クロスの柄を合わせながら貼る作業は、非常に難しく、職人さんの腕がひかるところです。

 

naka050.JPG

いかがでしょう。

先ほどのパテ処理が完了した状態にクロスを貼るだけで、こんなに印象が変わってしまいます。

たかがクロス、されどクロスです。

壁や天井などクロスを変えるだけで、部屋の印象はガラッと変わります。

 

クロス貼替のリフォームが増えてきているのも、うなずける理由だと思います。

どうでしょう、今お住まいのお部屋の雰囲気、変えてみませんか?

 

さて、今週はここまでです。

来週はお盆をはさむ為、あまり工事は進みませんが、少しでもご報告できたらと思います。

ではでは、また来週・・・・

                                          工事課      A

 

 

 

こんばんわ。

 

やっと夏本番といった暑さが続いていますが、みなさんはどうお過ごしでしょうか?

暑さに負けず、職人さんたちはがんばってくれています。

その様子を今週もご報告したいと思います。

 

外部工事はほぼ完了しましたので、今週は内部の状況をお伝えします。

naka034.JPG

↑写真のように天井・壁共に石膏ボードを貼る作業が完了しました。

ここまでくると、各部屋の広や明るさが確認できます。

 

naka035.JPG

↑は吹抜け部分を下から見上げた写真です。

リビングの上がすべて吹抜けになっていますので、よりいっそう広さを感じることができます。

梁の下に取り付けられているレールは、ライティングレールといって、照明を自由に移動できる

レールです。

 

naka036.JPG

↑写真は吹抜けを2階ホールから撮ったものです。

日差しがリビングまで届きます。高い位置に設けられた窓は、直接の日差しだけでなく

各所に反射しよりいっそう部屋を明るくしてくれます。

 

naka037.JPG

次に2階の書斎です。ドアを設けていないため、1階のリビングと連続した空間になっています。

お仕事をしながらでも、家族の声が届いてくるので、安心しでお仕事ができます。

 

naka038.JPG

こちらは書斎の内部です。壁面全体が収納になっていますので、収納力は抜群!

パソコン機器の使い勝手も考え、コンセントやLANを配置しています。

 

naka040.JPG

次にキッチンの背面収納です。

3種類の収納が組み合わさってできていて、それぞれ用途によって使い分けることができる上に、

容量も申し分ありません。

 

naka042.JPG  

現在和室の床下収納を作っている最中です。

こちらも近々完成予定ですので、ご期待下さい。

 

それでは今週はここまで、

来週からクロス工事が平行して始まりますので、そちらもご報告いたします。

ではでは・・・・

                                           工事課    A

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28