「新築工事」施工中物件最新情報: 2009年12月アーカイブ

毎年の事ですが、お正月近くなると寒さが一段と厳しくなってきますね。

みなさんもそうだと思いますが、やっぱり住宅は暖かいのが一番です!

 

住宅を暖かくするためのポイントは「断熱」「気密」にあります。

お部屋を暖かくする為に暖房をガンガン焚いても、断熱や気密が悪ければ、せっかく暖めた空気を室外に逃がしてしまい、暖房効率が悪くなります。また逆に、室外からは寒気が入って来てしまいます。

 

そこで今日は、札幌市手稲区の新築現場での断熱工事の様子をご紹介します。

 

当社では外壁の断熱については、「付加断熱」を標準工事とし推奨しております。

「付加断熱」とは従来の、柱と柱の間に断熱材を充填する「充填断熱(内断熱)」に、構造体の外側にさらに断熱層を設ける(外断熱)ダブル断熱工法です。

下の写真は、充填断熱を施工する前の室内の状況です。

goubannaibu.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柱の外側に見える板は、「構造用合板」といい、耐震性、耐風性を高めるために最近の木造軸組工法では標準的に使用されております。

下の写真のピンク色の部分が「高性能グラスウール」です。

構造体の間に隙間なく充填し、気密を高める為にビニールを張ります。

換気口の周りや、サッシの取り合い部分などの細部についても、隙間風が入らない様に念入りに施工します。

もちろん、奥に見える縦長のサッシは「断熱樹脂サッシ」です。

このサッシも、「断熱」と「気密」を高める上では重要な要素のひとつとなります。

 

gw.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

充填断熱が施されると、「プラスターボード」が張られ、あとはビニールクロス等の仕上材が施工されるだけの状態になります。

boudo.JPG

 

 

12/5(土)、12/6(日)の2日間、札幌市手稲区の新築現場で「構造見学会」を開催しました。

学習発表会帰りのご家族連れの方など、寒い中でしたがたくさんのお客様にご来場いただき、有難うございました。

構造見学会では「きて!みて!さわって!構造見学会」と題した通り、構造などの見えなくなる部分のポイントを、その部位ごとにスタンプラリー形式で見て、触って、ひとつずつご確認いただきました。

ご自宅の工事でもない限り、なかなか見ることの出来ない部分だけに、みなさま参考になったと大変好評でした。

こちらの現場では、2月に完成見学会も予定しております。

スタッフ一同、またのご来場をお待ちしております

kenngakukai2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kenngakukai3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kennngaukai1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

kenngakukai4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28