「新築工事」施工中物件最新情報: 2009年11月アーカイブ

引き続き、札幌市手稲区の新築現場の様子をお伝えします。

 

2階部分の柱が立ち、2階の「梁掛け」の工程に入りました。

harigake.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週もご紹介しましたが、当社では、耐震性の高い「金物工法」を採用しております。

 

下の写真は「梁受け金物」です。

まずこの金物を、ボルトでしっかりと縫い付けます。

kanamono.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、接合部の梁の断面です。

この細いスリット部分に、「梁受け金物」を差し込む様に掛けていくことになります。

setudannmenn.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「スリット」や、金物を取り付ける為のボルトの穴など、従来の接合部び比べ、「断面欠損」が大幅に少なくて済み、大きな耐力を確保することができることが、この工法の最大のメリットです。

下の写真は、梁を金物に掛けるところです。

hari1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

              

hari2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                   

hari3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工時の落下防止の為、先にピンを一本だけ打っておき、残りの穴に抜け防止の為のピンを打ち込みます。

pinn.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうですか?見るからに頑丈そうですよね?

こういった最新の工法を採用する、しないで、住宅の性能に大きな差が出てきますので、住宅を検討するうえで大切な要素となりますが、これらは完成してしまうと、隠れて見えなくなってしまいます。これは断熱や耐震補強なども同様で、みなさまはあまり目にする機会が無いと思います。

そこで、エストホームでは

きて、みて、さわって! 『構造見学会』」

を開催したいと思います。

実際の建築現場で、「きて、みて、さわって」 エストホームの高断熱、高耐久の最新の木造建築をご確認下さい。

 

開催日時は、このブログにて追ってお知らせ致します。

 

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ札幌市手稲区の新築現場では、先日から『建て方』の工程に入りました。

 

tatezenntai.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『建て方』とは構造部材を組み上げる作業のことで、柱や梁を組み合わせ小屋を組み、『棟上げ』するところまでの作業を言います。

 

当社では「金物工法」を採用しておりますので、それぞれの構造体の主要部には金物が多く使用されています。

特に下のの写真の様な柱の接合部部分が重要で、従来の軸組工法では「継ぎ手」「仕口」といった、接合するために木材を削る部分が多くありましたが、金物工法ではそういった欠損部が少なく、高い耐久性と、耐震性を得ることが可能となりました。

kanamono.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この金物に梁を掛け、側面の穴にピンを打ち込み接合します。

接続後は下の写真の様になります。(梁の側面にある小さな穴がピンを打ち込んだ所です)

setuzokugo.JPG setuzokugoue.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

構造材は「プレカット(工場で機械加工された木材)」を使用し、更に金物工法と併用することにより、現場での作業効率が従来に比べアップしています。

写真の梁や、柱に黒くて細い筋が見えると思いますが、これらは「集成材」です。「集成材」は機械乾燥もされており、ムク材に比べ割れや反り等の狂いが少なく、強度も1.5倍ほどあります。

こういった最新技術を取り入れる事により、当社の木造住宅は、地震に強く、耐久性の高い造りになっております。

 

先週に引き続き、ここ札幌市手稲区で施工中の、新築工事の様子をご紹介させて頂きます。

 

先日基礎工事が無事完了し、「土台敷き」の工程に入りました。

dodaishiki.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「土台」とは,木造建築における躯体の中で最下部に設置される木材です。柱などはすべてこの上に立つことになり、建物の荷重をすべて受け止めますので非常に重要な位置付けとなります。

また、鉄筋コンクリートでできた基礎と、木材でできた構造体を結びつける橋渡しの役割もあります。

「土台」は、基礎の上部に寝せるようにして敷いていくのですが、あらかじめ基礎には「アンカーボルト」という金物を碇着(ていちゃく)させておき、土台と基礎をボルトでしっかりと緊結させます。

annkadome.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社の場合、耐震性の高い「金物工法」を採用しておりますので、土台が交差する箇所は、下の写真の様に専用の金物を使用し、土台と土台もボルト締めで緊結させます。

中央に見えるのがその金物、右下見えるのが先ほどご紹介した「アンカーボルト」、左上に飛び出しているのが「ホゾパイプ」といって、柱と土台を接続するための金物です。

dodaisetuzoku.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「土台敷き」を終えた後、「柱」と床を支えるための「大引(梁の様なものです)を設置するための金物を取り付け、「大引」を設置します。

oobikikanamono.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見るからに太くて頑丈そうに見えると思いますが、当社では「集成材」を採用しております。ムク材に比べ強度が高く、乾燥状態が良いので、反りや割れ少ないのが特長です。同様に柱や梁も、この集成材を使用します。

これから先は柱を立てていく工程となり、建物の輪郭が徐々に見えてきます。

 

また来週をお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28