ランニングコスト「0ゼロ」の雪対策はいかがですか?

|

世界的に地球温暖化が叫ばれ始めて久しくなります。とは言ってもここは北海道、冬になれば当然「雪」が降り、雪が降ればこれも当然「雪対策」を講じないと様々な障害やトラブルが発生してしまいます。今日紹介するのは、その中でも屋根についての雪対策です。

東区のT様宅、同じく東区のアパートNハイツでは、基本的に屋根の雪下ろしが必要ない「無落雪」の屋根なのですが、北西からの風で反対側の屋根先に「雪かぶり」や「雪庇」が発生し、放っておくとお隣さんの敷地や物置に「ドサッ!」っという事になり毎年悩まされていました。

 

                                       そこで取付をしたのが「スノーガード」

 

003.jpg IMG_2082.JPG この「スノーガード」は、先端部にある振動板が風で振えることにより、屋根面への凍りつきや雪かぶりを抑え、設置後の雪庇を防止し、すべての屋根形状に対応しています。また、屋根融雪ではないのでランニングコスト「0」というスグレモノなのです。材質はガルバリウム鋼板製なので長期間鋼板の錆を防ぎます。

「重大に扱うのは莫迦莫迦しい」けれど「重大に扱わないと危険」な雪に対し、こんな雪対策はいかがでしょうか?

 

004.jpg

005.jpg                                                                       

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28