灯油セントラルからエコジョーズへ

|

このところ特に多く見られるようになった「エコジョーズ」について先日、給湯ボイラーと暖房ボイラー

をエコジョーズに入替させて頂いた事例をもとに簡単に説明させて頂きます。

まず「エコジョーズ」は天然ガスを使った「潜熱回収型ガス給湯暖房熱源機」と呼ばれるもので、

簡単に言うと、給湯と暖房をガスを使って1台でまかなう事ができる給湯暖房機で大きな特徴は

 

①環境性と経済性(地球と家計にやさしい)

②省スペース性(コンパクト設計で広いスペースを確保)

の2点が挙げられます。

 

①は断然95%の熱効率です。どういう事かというと、燃焼で発生する熱(200℃にもなります)のうち

今まではその80%しか利用できていなかったものが、エコジョーズではその排熱を利用することで

その95%を利用できるのでガス使用量も減り、CO2の排出を減らすことが出来ます。

 

②は1台2役の「エコジョーズ」なので例えば、灯油ボイラーと給湯ボイラーを並列で設置している

状態では、奥行き約25センチのエコジョーズでは約1/3まで奥行きを小さくできます。

  エコジョーズ1.JPGのサムネール画像のサムネール画像           (工事前)暖房・給湯ボイラーが並列していて脱衣場を占拠していました。

 

 

エコジョーズ2.JPG

      (工事後)これ一台で今までのスペースの1/3に。壁に露出していた配管類もなくなりました。

 

また、こちらの工事では、灯油セントラルをお使いだった為、今まで使っていたパネルヒーターや床暖パネルなどの暖房機器は配管も含めそのまま利用できるため、工事費用も抑えることができました。

そして1番気になる「ランニングコスト」ですが、こちらのお客様の場合(暖房パネル 10箇所)

(床暖パネル 3畳)で年間光熱費現状(電気+灯油+ガス)から(電気+ガス)※ゆ~ぬっく24ネオ使用

への変更で年間▲42,778円のコストダウン試算となりました。(灯油 84.22円/リットル)

 

暖房ボイラーの交換を考えていて、給湯ボイラーもそろそろな方はオススメです。無料でランニングコスト

の試算をお出し致します。是非お問い合わせ下さい。

 

 

 

 

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28