オールガス工事 エコジョーズ(リフォーム)

|

昨シーズンは、どこのお宅でも灯油代の高騰により、使用を控えたり、ストーブの温度を例年より低くしたり、皆様さぞご苦労された事と思います。 市内在住のK様邸は、給湯、暖房セントラル、融雪用と3台のボイラーを使用していたため、昨シーズンは、かなりご苦労されたとのことで、ランニングコストをいかに低減させるかが、今回の工事の最大の課題でした。 一般的な戸建住宅より床面積も1.5倍程大きい為、通常の戸建住宅規模まで、ランニングコストを下げる試算が必要でした。 K様宅ではお料理は絶対に『ガス』という譲れない点があり、ガスコンロを含むオールガスセントラルのプランで、お見積りを提示させて頂きました。

【改修前】

<暖房系統>

LDK(30帖)にセントラルパネル3台 ダイニングキッチン(8帖)にパネルが1台 洗面/トイレ/玄関ホールに各1台寝室(12帖)に2台 ウォーキングクローゼット(4帖)に1台 二階は洋室A(10帖)に1台 洋室B(6帖)に1台 洋室C(16帖)に2台 トイレ/納戸各1台 だいだいのおうちの大きさは想像つきましたか?

<給湯系統>据置型の給湯ボイラー(12年使用)を撤去 

<都市ガス> 年間 30,000円          

<電気料金> 年間 180,000円

《これまでの灯油使用量》

H19年10月~H20年9月の灯油代 (融雪ボイラー除く) セントラル+給湯ボイラー:昨年相場で約40万円   

koujimae.JPG 

【改修後】

<暖房系統>

LDK(30帖)に灯油ストーブ1台 ダイニングその他の部屋のパネルヒーターは、各部屋の大きさにあった容量のパネルヒーターへ交換。 但し、台数は変わりません。 二階も、各部屋の大きさに見合った容量のパネルヒーターへ交換致しました。

<給湯系統>

エコジョーズは、暖房給湯一体型の為、暖房系統とあわせて一台の熱源の為、給湯機器の周りの配管工事だけで済みます。

 

haikan.JPG

kumitate.JPG

{今シーズンのランニングコスト}試算データ含む

H20年10月~  エコジョーズ 約250,000円電気料金 180,000円は、変動ナシとしても、年間約150,000円もお得です。

ちなみに灯油の使用量は、融雪ボイラーとストーブとあわせても、例年とかわりませんでした。(雪の降雪量にもよりますが)

天然ガスを使用した暖房給湯一体型の熱源を使用するエコジョーズ。尚且つ、ランニングコストが下がるからお得です。今年の灯油代は、比較的例年に比べて安価ですが、こんなにお得な工事の事例もございますので、お気軽にご相談頂ければと思います。   

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28