住宅診断させていただきました。 PART②

|

先週に引き続き、住宅診断させて頂きました。

白石区のS様邸は、以前当社にて、一部のサッシ交換工事をさせて頂いたお客様です。

写真が、未改修部分のサッシの結露の状況です。

IMG_6454.JPG

ご覧頂いている通り、アルミサッシの単板ガラスです。ついているのは、西面です。

築30年の中古住宅を購入されたお客様ですが、とにかく窓の結露がひどく、購入直後は朝、昼、晩の最低3回は、水滴の処理をしていたようですが、最近では内窓をあけて結露の水滴をふき取るのが面倒くさくなり、極力見ないようにしているとの事です。 気持ちは、わかる気がします。 

反対に、以前交換させていただいたサッシは、どうでしょう?

IMG_6455.JPG

 

こちらは、複層ガラスの樹脂サッシです。 同じ部屋の、しかも北に面しているサッシですが、ご覧頂いている通り全くといって良いほど、結露がありません。 結露は、外気温と室内温度の温度差によって生じるものですが、やはり複層ガラスの方が、結露はしにくいようですね

複層ガラスの樹脂サッシへの交換は、結露対策だけでなく、室内の気密を高めることにも、効果があります。 『外壁に金属系のサイディングを貼るよりも、窓を交換した方が効果を感じた』と以前、お客様から聞いたことがあります。 いくらデータを見ても、こんなに良い商品ですよと説明を聞いても、実感するのが一番はやいですよね?上記の2枚の写真を比較していただければ、効果は一目瞭然ですよね!

結露でお悩みの方、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

結露以外にも当社スタッフが、皆様の『困った!』に、お答えします。

 

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28