リフォーム事例: 2012年10月アーカイブ

外階段の雪対策について

|
暑い暑いと思っていたのもつかの間、すっかり肌寒くなりましたね。
これから雪の季節がやってきますので、雪対策について悩まれている方も多いのではないでしょうか?

中でも、基礎高で外部に階段が設けられている住宅で屋根が無い場合、当然階段に雪が積もりますので、その対策についてご相談をお受けすることがよくあります。
平面と違って一段一段除雪をするのは手間になりますし、凍りつくと滑って転倒する恐れもありますので、これをどうにか解消したいというところですが、その方法はご予算や状況により様々で悩みどころです。

例えば、階段にロードヒーティングを埋設し融雪する方法があります。

それにしても電気が良いのか、灯油やガスが良いのか、ランニングコストや維持費はどれくらいかかるのか。
節約の為、中途半端に融かすと凍結しかえって危ないって聞くが実際どうか。

イニシャルコストを抑える為、簡易的に電気のマットを敷設するのが良いか。
見栄えはどうか。毎年脱着する必要があるのか。

電気代などのランニングコストもかかるし、融雪は諦めて、ゴムチップマットを敷設し滑らなくしようか。
でも、除雪は何にしても必要になるのか。

などなど一長一短あり色々考えてしまいますが、

・根本的に雪が積もらないようしたい。
・後々のランニングコストをかけたくない。
・暗くはしたくない。

場合は、玄関フードと同じ要領で階段ごと囲ってしまう方法があります。

ロードヒーティングと違い多少圧迫感は出てしまいますが、先日施工した現場がありますので、どういったイメージになるのか参考にしていただければと思います。
こういった風除室は階段の設置状況により形状は様々なのでフルオーダーで製作することになります。

これはあくまでも一例ですが、ある程度パースで完成イメージを作ることもできますので、完成後のイメージが気になる方はお見積も含めお気軽にご相談下さい。

by.sugano

↓完成イメージ
パース.jpg

階段囲い1.JPG

































階段囲い2.JPG

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

最近のブログ記事

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28