リフォーム事例: 2009年4月アーカイブ

公共枡って・・・? 続編

|

皆さん、こんばんわ。

 

ご好評につき、続編をご紹介いたします。

 

前回のこのコーナーでは、歩道申請のお話でしたが、実際の工事風景をご覧下さいませ。

 

  m.jpg                                                                    

① 工事着工前の写真です。

k.jpg② 掘削

簡単に申し上げますと、アスファルトを壊して掘る事です。

私共の業界では一般的にGL(グランドライン)といわれているアスファルトの仕上がり面から、今回はT:300(30cm)掘りました。 ロードヒーティングの場合は、一般的にはこの位掘るのが一般的です。

 

 

u.jpg

③ 砕石 転圧 U字溝設置

次に砕石をT:220(22cm)入れて、ガッチリと転圧作業を行い、路盤の床を作ります。 この転圧は、実は結構重要です。

ここで公共枡につながるU字溝の設置を行ないます。

 

 

 

 

h.jpg

④ ヒーター敷設

次にこちらの現場は電気式のヒーティングの為、電気のヒーターの敷設作業です。

 

 

 

 

 

c.jpg

⑤ コンクリート打設

ヒーターを保護する意味でコンクリートを敷設します。この工程は業者様の考えや、ヒーターの性能によって、各社様々な考えがあり、ヒーターをアスファルトにサンドイッチする方法などもあります。

 

 

 

 

と、本日はここまでにさせて頂きます。

 

約二ヵ月後に札幌市の方で入札があり、公共枡設置の業者さんが決まった後、道路の下をはしる本管からこちらのお宅までの間の雨水排水接続工事が行なわれます。 

私共の会社ではこの雨水枡の設置が行なわれた後に、U字溝内の排水接続工事を終えて、初めて完了になります。

少し先の話ですが、またご紹介させて頂きます。

 

ゴールデンウィーク休みも始まりますが、車の運転など気をつけてお過ごしくださいね。

 

                                              設計部 Yでした。。。

 今回、昔は、一般的に使用されていた階段の「パンチカーペット」の貼り替えを紹介します。

このお客様は、そのままの状態でもなんら不都合はなかったのですが、溺愛していた「わんちゃん」

が先日亡くなられて、それまで二階の部屋に出入りしていたわんちゃんの臭いが染みつき、

いつまでも忘れられないでいる自分を変えようと新規一転パンチカーペットを貼り替えようと決心して

私どもに、工事を依頼して頂いたわけです。

 

 

d2.JPGのサムネール画像

b3.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

  (パンチカーペットを剝した状態)                   (新しいカーペットを貼った状態)

 

 左の写真は、以前から気にしていたところで、階段の昇降の際に、ギィギィと音がしていた段をビス

でしっかりと止め、鳴らない事を確認してから新しいパンチカーペットを敷き込みました(写真右)。

それ以外にも気になっていた床鳴りの解消もついでに行いました。

お客様はわんちゃんの臭いから解放されて不愉快な音もなくなり新規一転、生活を送れる事でしょ

う。

ただ、気になった事は新しいわんちゃんが欲しいと、それとなく言っていた事です。

私の家にもかなり年老いたわんちゃんが居るので気持ちは凄く良くわかります。(カーペットを貼り替

たばかりではありますが・・・・・・)

 今回は、パンチカーペットを貼り替えただけですが、リフォーム階段のような木彫にする事も可能

です。新規一転でなくても、ほんとは木の感じが好きだとか そんな考えのある方もご依頼いただ

ければすぐお伺い致しますので、なんでもご相談くださいませ。

                                                工事部より

 

 

 今回のリフォーム事例は、「住まいの顔」でもある玄関リフォームを改めてご紹介します。

断熱性を高める為に、断熱材の入替や外壁の改修工事など様々な改修工事がありますが、家の中から外に放熱されるエネルギーの内、窓や玄関ドアなどの開口部から逃げるエネルギーは住まい全体の約30%にも達すると言われています。

断熱玄関ドアに交換する事で冬は「暖気の放出」のを抑え、夏は「暖気の進入」や「冷気の放出」を抑える断熱性と、ほこりや雨などの進入を防ぐ気密性が、断然高まるので、特に玄関フードの無い住宅での断熱性アップには欠かせないものと言えます。

上記のような「快適性」の他、「リフォーム断熱ドア」は、施工性にも優れているので、工事はたった1日(事前に開口寸法等を測ります)で完了してしまうので、工事期間中の戸締りを心配する事も有りません。                                                            

  000 003.jpgのサムネール画像                                                

①工事前のアルミ製の玄関ドアです、ポスト口からの風の

 進入と、冬の季節には、扉の裏側に結露が発生し水滴

 が、枠廻りで凍りつく事で、玄関の開閉が大変でした。        

 

 

 

 

 

 

 

 

000 002.jpgのサムネール画像

②「カバー工法」といわれる工法で、今までのドアの枠を残

  し、その枠の上から新しい枠とドアを取付るので、既存

  の壁や床を傷める心配が無く、工事も即日完了します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

000 001.jpgのサムネール画像のサムネール画像

③ガラス部分には高断熱複層ガラス、ポストも防風ポスト

 になり、悩みは全て解消されました。 両袖タイプの 玄関

 ドアにも対応してるので、ほとんどの玄関ドアからの変更

 も可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腐食した「土台」の入替え工事

|

今回、工事部からは、土台の入れ替え工事を紹介します。 

紹介する物件は、築30年の住宅です。

30年前の住宅の お風呂といいますと、タイル仕上げの お風呂が主流でしたが、現在のユニットバスタイプのお風呂とは異なり、年数の経過と共にどうしてもヒビ割れが生じてしまいます。

そのヒビから水が浸透することにより、家の支えとなっている「土台」が徐々に腐食していくのです。

当物件もそうでしたが、実際に床を解体してみると、目もあてられない 状態になっていることがほとんどです

4.JPGのサムネール画像            7.JPGのサムネール画像

▲水がまわり腐っている状態!!              ▲大工さんの技で、見事に補強完了!!

                                    少し緑がかっているのは、防腐剤が浸                               

                                    み込んでいるからです。     

     

土台は、家全体を支 える 重要なパーツです。

土台が腐り溶けてしまうと床が沈み、壁が傾き、家全体の崩壊の要因となってしまいます。

                      当社のリフォームでは、こんな問題もすべて解決しております。

 

                                                   工事部 K 

 

 

 今回は、「アルミサッシの戸車がスムーズに廻らなくなってしまったため、交換したら元の様に                                                                                                                          

滑らかに開閉が出来るようになるのか?」                                                                                                                                                                                                

 と、お客様に相談を頂きました。                                                                    

 

  早速、お客様のところに、お邪魔させていただき、確認をさせて頂いた所、予想以上に開閉が困難で、開閉の少ない冬場 は良いとしても、頻繁に開け閉めする夏場は大変だと思い、戸車の交換を勧めました。

                                                P30.JPGのサムネール画像                

                                                                   

                                                                             

 

             

            

                                

(戸車が磨り減ってうまく廻らない)           

  稀にですが、サッシの問題ではなく、窓上の構造材の補強が適切では無い為に、雪の重みで鴨居が 下がり、サッシの開閉が困難になる場合もあります。 その場合は窓の交換や構造上の補強工事 が必要になる事もあります。

 今回のケースは、幸いなことに冬場の降雪の時期に確認が出来た為、 戸車の交換だけで問題の解消ができ、原因もすぐに判断できたのです。とてもありがたい事でした。                                                                                                                                                               

 

                        

                        P22.JPGのサムネール画像        (内窓を高断熱複層がラスに取り替えました)

 

 

 

 

 

 

 

 今回は同時に、今までの単板の木サッシの内窓を高断熱の複層ペアガラスに取り替え、断熱性能も高めました。外窓の戸車も交換して滑らかに開閉する事が出来るようになり、内窓も樹脂のペアガラスに入れ替てクレセント(鍵)を付けたことで防犯能力も上がり、騒音も以前とは比べ物にならない程、静かになったと喜んで頂けました。 

 

 

   快適に過ごして頂く為に行うリフォーム工事は決して工事の金額に比例するものでは無く、お客様のニーズをいかに的確に提案という形でお伝え出来るかが、必要になってくるものです。

 どんな些細なことでも構いませんので、何かお困りのことが有りましたら、是非ご一報を頂きたいと思います。私共の持ち得る全ての経験とノウハウで、金額だけではない、お客様にとって理想のリフォームを提供させて頂きます。                                                     

                            お電話お待ちしております。     工事部より

 

 

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28