リフォーム事例: 2009年2月アーカイブ

昨シーズンは、どこのお宅でも灯油代の高騰により、使用を控えたり、ストーブの温度を例年より低くしたり、皆様さぞご苦労された事と思います。 市内在住のK様邸は、給湯、暖房セントラル、融雪用と3台のボイラーを使用していたため、昨シーズンは、かなりご苦労されたとのことで、ランニングコストをいかに低減させるかが、今回の工事の最大の課題でした。 一般的な戸建住宅より床面積も1.5倍程大きい為、通常の戸建住宅規模まで、ランニングコストを下げる試算が必要でした。 K様宅ではお料理は絶対に『ガス』という譲れない点があり、ガスコンロを含むオールガスセントラルのプランで、お見積りを提示させて頂きました。

【改修前】

<暖房系統>

LDK(30帖)にセントラルパネル3台 ダイニングキッチン(8帖)にパネルが1台 洗面/トイレ/玄関ホールに各1台寝室(12帖)に2台 ウォーキングクローゼット(4帖)に1台 二階は洋室A(10帖)に1台 洋室B(6帖)に1台 洋室C(16帖)に2台 トイレ/納戸各1台 だいだいのおうちの大きさは想像つきましたか?

<給湯系統>据置型の給湯ボイラー(12年使用)を撤去 

<都市ガス> 年間 30,000円          

<電気料金> 年間 180,000円

《これまでの灯油使用量》

H19年10月~H20年9月の灯油代 (融雪ボイラー除く) セントラル+給湯ボイラー:昨年相場で約40万円   

koujimae.JPG 

【改修後】

<暖房系統>

LDK(30帖)に灯油ストーブ1台 ダイニングその他の部屋のパネルヒーターは、各部屋の大きさにあった容量のパネルヒーターへ交換。 但し、台数は変わりません。 二階も、各部屋の大きさに見合った容量のパネルヒーターへ交換致しました。

<給湯系統>

エコジョーズは、暖房給湯一体型の為、暖房系統とあわせて一台の熱源の為、給湯機器の周りの配管工事だけで済みます。

 

haikan.JPG

kumitate.JPG

{今シーズンのランニングコスト}試算データ含む

H20年10月~  エコジョーズ 約250,000円電気料金 180,000円は、変動ナシとしても、年間約150,000円もお得です。

ちなみに灯油の使用量は、融雪ボイラーとストーブとあわせても、例年とかわりませんでした。(雪の降雪量にもよりますが)

天然ガスを使用した暖房給湯一体型の熱源を使用するエコジョーズ。尚且つ、ランニングコストが下がるからお得です。今年の灯油代は、比較的例年に比べて安価ですが、こんなにお得な工事の事例もございますので、お気軽にご相談頂ければと思います。   

世界的に地球温暖化が叫ばれ始めて久しくなります。とは言ってもここは北海道、冬になれば当然「雪」が降り、雪が降ればこれも当然「雪対策」を講じないと様々な障害やトラブルが発生してしまいます。今日紹介するのは、その中でも屋根についての雪対策です。

東区のT様宅、同じく東区のアパートNハイツでは、基本的に屋根の雪下ろしが必要ない「無落雪」の屋根なのですが、北西からの風で反対側の屋根先に「雪かぶり」や「雪庇」が発生し、放っておくとお隣さんの敷地や物置に「ドサッ!」っという事になり毎年悩まされていました。

 

                                       そこで取付をしたのが「スノーガード」

 

003.jpg IMG_2082.JPG この「スノーガード」は、先端部にある振動板が風で振えることにより、屋根面への凍りつきや雪かぶりを抑え、設置後の雪庇を防止し、すべての屋根形状に対応しています。また、屋根融雪ではないのでランニングコスト「0」というスグレモノなのです。材質はガルバリウム鋼板製なので長期間鋼板の錆を防ぎます。

「重大に扱うのは莫迦莫迦しい」けれど「重大に扱わないと危険」な雪に対し、こんな雪対策はいかがでしょうか?

 

004.jpg

005.jpg                                                                       

 オール電化への改修をご検討されていたお客様(札幌市のT様)からのご依頼で、壁掛用の給湯ボイラーを撤去し、「エコキュート」(ナショナル 370L 寒冷地仕様 HE-F37AZMS 定価660,000円)を設置しました。

 以前から、IHヒーターは使用しておりましたが、今回エコキュートを設置する事で、暖房や給湯についても電化にし、オール電化に改修したいとのことでした。また、「札幌市ecoエネルギープロジェクト」(詳しくは札幌市役所のホームページ参照してください)の無利息の融資を利用したいとのことで、市に融資の申込みをし工事を進めました。

 工期が約3日要するため、その間、工事の時間帯以外はお湯を使用できるように、工程を調整しました。  

 工事初日、設置場所には常に約370kgの荷重がかかることになるため、床の補強を施した後、給水給湯配管を床下から引込。 電気の配線(200V)も、この時に敷設しておきます。

▼Before                   ▼床下の補強状況   ※クリックすると拡大します。                                                                                   

osiiretyakkoumae.JPG    yukasitahokyou.JPG      

 二日目は、エコキュート本体の搬入設置ですが、T様宅では階段下の一間幅の押入に設置することにしました。そのため、本体は冷蔵庫ほどの大きさがあるのですが、スッキリと収めることが出来ました。 

 工事初日に、配線した電気の線や給湯配管も、本体の手前側に立ち上がっているので接続は容易にできるようになってます。 また、エコキュートにはエアコンと同じ様な室外機がありますので、床下から室外機への配管施工を行い、設置状態のチェックと試運転を行います。

 ▼施工中 (配管接続状況)       ▼After   ※クリックすると拡大します。                           

ekokyutosetuzoku.JPG   kannryo.JPG 

 最終日の三日目は、床下の配管の保温等の仕上げだけでしたので、午前中だけ で完了しました。

 気になる電気代については、試算データはございますが、実際の使 用頻度によって増減があるかと思います で、春になりましたら 冬期間のランニングコストをT様に教えていただき、 のブログに てお伝えしたいと思います。

 お楽しみに!

札幌市T邸 間取り変更工事

 リビングやキッチンが2階にある間取りでしたが、近い将来の親御さんと同居することになることから、それに備え、1階部分にリビングとキッチンを設けたいとのご依頼をいただきました。
 既存の和室を解体し、隣の洋室と一体化させることにより、約20畳のLDKに大変身。テレビを見ながらの家事がご希望でしたのでキッチンは対面式に。
スライド収納タイプのサンウェーブ製システムキッチンは、収納力抜群。同柄の食器棚カウンターを設置したので収納力は更にアップ。
 また、調理器具は火を使わず安全なIHクッキングヒーターを選択。最新のオールメタル仕様なのでお鍋を選びません。
 仏間は生かしたいとのことでしたので、お部屋の雰囲気に合わせ洋室タイプに変更。出入口の建具やサッシの位置は変えず、内部の改修だけで済む様プランニングしましたが、違和感無く仕上がりお施主様も大満足です。

▼Before                         ▼After   ※クリックすると拡大します。

IMG_3191B.jpg         IMG_3866b.jpg

      ▼Before                         ▼After   ※クリックすると拡大します。     

        IMG_3152B.jpgのサムネール画像          IMG_3864.JPG

▼After   ※クリックすると拡大します。                ▼After   ※クリックすると拡大します。

IMG_3877.JPG                   IMG_3848.JPG

テナントリニューアル

|

店舗のリニューアルや新規出店のお手伝いもさせていただいております。

▼Before

h_001_b.jpg  h_002_b.jpg

▼After

h_001_a.jpg h_002_a.jpg

札幌市 スープカレーのお店

水周りリフォーム ユニットバス

|

バリアフリータイプが主流になったユニットバス。
半身浴タイプやサウナ付などもあり機能性抜群。
サッシを設けることにより明るく開放感が生まれ、換気にも良いです。おすすめです。

▼Before

m_ub_b.jpg

▼After

m_ub_a.jpg

半身浴も可能な浴槽は1坪タイプなので広々としています。
また、洗い場の床はサーモフロアーとなっているため、冷たさを感じさせません。

こだわりのL型キッチンをスライド収納付のシステムキッチンに変更。
収納力がアップしお鍋や食器、レンジ等もスッキリ。

▼Before

s_kitchen_b.jpg

▼After

s_kitchen_a.jpg

札幌市 S邸

既存の外壁の上に上張りする、外装リフォームの定番。
施工後のメンテナンスが少ないのが魅力。
外観のイメージチェンジにもなります。

▼Before

s_gaiso_b.jpg

▼After

s_gaiso_a.jpg

札幌市 F邸

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28