札幌市住宅資金融資制度って。。。

|

こんばんわ。

 

札幌市住宅資金融資制度ってご存知ですか? 高齢(満55歳以上)の方、障害のある方の住宅リフォーム、木造住宅の耐震改修を行なうための資金融資の制度です。

札幌市の方へ、弊社の担当者が工事内容を提出し、審査を受け、承認後着工という流れです。

無落雪屋根への改修を含む場合、最大400万円。その他の改修の場合は最大で300万円の限度額です。

細かい基準がございますが、無利息無担保で最長5年以内無利息有担保で最長15年以内無落雪屋根への改修をされる方は、最長20年以内の償還期間のため、実際のところ、まだまだ知られていないのが実態ですが、この制度を利用しない手はないと思います。

皆さんは、銀行ローンなどで金利を負担する事に抵抗を感じられると思いますが、金利は札幌市が負担する制度です。 市民税や道民税を払っているのですから、札幌市民には利用する権利がありますよね~。

手続きは色々必要ですが、満55歳以上の方へはお勧めです。

対象となる工事は、

バリアフリー化工事

 外部階段をスロープへ改修、階段や廊下に手摺を取付する、介助スペースの拡張の為に、おトイレや浴室を広く改造する。 和式便器を様式便器に交換する。 敷居などを撤去し、段差を解消する。 車椅子の使用にあわせて、畳をフロアに改修する。 深い浴槽から浅い浴槽への交換。 

②専用室などの増改築工事

 専用寝室などの新設や、ベットを利用するため寝室の拡張。

③対応設備工事

 階段昇降機の新設や、ホームエレベーターの新設。台所を車椅子でも使用可能なものへ入れ替える。操作の容易な電磁調理器などを取りつける。

無落雪屋根への改修

断熱化工事

 玄関に寒気の侵入を防ぐ風除室の新設、玄関ドアを断熱性の高いドアへ交換。寒い浴室を断熱性の高い浴室への改造。床、壁、天井への断熱材の充填。断熱性の高い樹脂サッシなどへの交換。

などなど

詳しくは札幌市のHP(都市局市街地整備部住宅課)を参照してください。

尚、他の市の融資制度との併用は困難ですので、ご注意願います。

 

弊社でも今シーズンは既に2~3件のお客様が利用しております。 手続きなどは担当者で把握しておりますので、安心してお問い合わせ下さい。

 

 

                                              設計部 Yでした。。。

 

 

 

 

 

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28