内部手摺は、適材適所に取り付けよう!

|

 今回は「内部手摺取付工事」を紹介させていただきます。                                         

手摺は、住んでる人が使い易い所に付いていて初めて役に立つ物だと思います。

写真の浴室手摺は、①入り口から浴室へ入る際に握る縦方向の手摺と、②浴槽側には、浴槽内での転倒防止や安全な移動のための 横方向の手摺と、③浴槽から洗い場への移動の際の転倒防止のための縦方向の手摺です。

いずれも、お施主様の使い勝手にあわせた高さに取付しています。

窓側の手摺は、浴槽に浸かって体を起こすときに便利です。いずれもTOTOの浴室専用の後付け用の 商品なのである程度好きなところに取付が可能です。

                     

11.JPGのサムネール画像のサムネール画像

  (TOTO:浴室用後付け手摺)

 

12.JPGのサムネール画像           13.JPG  

     (手摺取付施工前)                       (取付施工後)  

 

内部の手摺の他に、外部手摺等の商品も多く、設置に関しては、施主様の条件によって介護保険の対象となる為、工事費の補助が受けられます。(詳しくは当社スタッフまで)

 

 転倒による怪我をされてからでは、遅すぎる「転ばぬ先の杖」ならぬ「転ばぬ先の手摺」はいかがでしょうか?

 

                                                工事部より                                                                                            

                                   

                                                    

 

                           

                                                                   

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28