住宅版エコポイント制度について

|

 先日、閣議決定した「明日の安心と成長のための緊急経済対策」において、「エコ住宅の建設」・「エコ住宅へのリフォーム」に対して住宅版エコポイントを発行する制度の創設が決定されました。

 簡単に言うと、家電のエコポイント制度と同じく、期間内にエコに配慮したリフォームをしたり、エコ住宅を新築された場合、エコポイント事務局に工事をした旨申請をすると、商品券・プリペイトカード・地域商品券、そして行っているエコリフォームや新築工事に対しての追加工事の費用に充当することができる制度となります。

 どのくらいのポイントがつくのかと言うと、リフォームに関しては工事内容や工事箇所により、細かくポイントが分かれています(下記)が、目安としては、エコリフォームで標準的な戸建住宅に内窓(10窓)を設置する場合で15万前後のポイント(30万ポイントが限度)が、エコ住宅の新築をされた場合は1戸当たり30万ポイントが発行されます。

 

 以下に、かなり大まかですがポイントをまとめてみました・・・・・

 

①工事対象期間     

(エコリフォーム)

平成22年1月1日から同年12月31日までに着工した物件で、平成22年1月28日以降に工事が完了したもの(よくわかりませんが、1月28日に正式閣議で決定されたからだと思います。) 

(エコ住宅の新築)

平成21年12月8日から平成22年12月31日までに着工した物件で、 平成22年1月28日以降に工事が完了したもの。 

 

②対象工事内容

(エコリフォーム)

    ●窓の断熱改修(内窓の設置(2重サッシ化)、窓交換(複層)、ガラス交換(複層)等

    ●外壁、天井または床の断熱材施工

    ◎これらの工事に併せて、バリアフリー工事を行う場合は、さらにポイントがつきます!

(エコ住宅の新築)

    ●省エネ法のトップランナー基準相当の住宅

(わかりずらいですが・・・・・・・外壁や窓等の断熱性能に加えて、給湯設備や暖冷房設備等の建築設備の効率性において、最も省エネ性能が優れている機器(トップランナー基準)というところでしょうか)

    ●省エネ基準(平成11年基準)を満たす木造住宅

(これもわかりずらいですが・・・・・・いわゆる「次世代省エネルギー基準」といわれるもので、
熱損失係数という、住宅の断熱性能を数値的に表した「Q値」が基準値をみたしているということでしょうか)

 

 

 

 

と、いうことで難しい言葉ばかりですが少なくともエコリフォームに関しては、寒い北海道ではとても一般的なリフォーム工事が対象になっているのでは、と思います。

  ★ 窓交換(内窓設置含む)・・・・7,000~18,000ポイント(一箇所)

  ★外壁断熱・・・・・100,000ポイント

  ★屋根・天井断熱・・・・・30,000ポイント

  ★床断熱・・・・・・50,000ポイント

さらに以下のバリアフリー工事を行うと・・・(上限50,000ポイント)

  ☆手すり設置・・・・5,000ポイント

  ☆段差解消・・・・5,000ポイント

  廊下幅等の拡張・・・・・25,000ポイント      が加算されます。

 

 かなり大まかに説明させて頂きましたが、物件ごとに様々な基準が異なってきます(税制特例や融資の優遇との併用や、国からの補助を受ける場合は適用外など)し、まだまだ説明しきれない程、内容は多岐にわたっています。住宅に携わる者として、我々も勉強会などを行い、頑張って「左脳」を鍛えまくらなくては!と思ってます!!!(笑)。

  

 

 

                                               営業部   U

 

 

  

 

 

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28