エストホームからのお知らせ: 2012年2月アーカイブ

水道の凍結にご注意を!

|
毎度様です。

今日は暖かくて過ごしやすかったですね。
毎年雪祭りが終るころから少しずつ春に向かって行く様な気がしますが、油断は禁物です!

2月中はまだまだ氷点下の日が続きますので、水道が凍結する可能性があります。
こんな時は注意が必要です。

  • 外気温がマイナス4度以下になったとき
  • おやすみ前や、旅行などで家を留守にするなど、長時間水道を使用しないとき
  • 「真冬日」(1日中外気温が氷点下の日)が続いたとき
こういった場合、水道の水落としが必要となりますが、最近のカラン(蛇口)や設備機器は、水落としが複雑になってきているので、単に水抜き栓を閉め、カランを開放しただけではしっかりと水は抜けてくれません。
寒冷地仕様のカランには、水抜き用のツマミが付いていて、吐水口だけではなくそこからも水を抜く必要があります。
カランの中に水が残っていると、それが凍結し大変な事になります。
ご存知の通り、水は凍ると膨張し体積が増えます。
その力たるやすごいもので、下の写真の様に金属でできたカランが丸く膨らんでしまいます。

凍結1.jpg



















そして最終的には破裂し、それに気が付かず水抜き栓を開けるとそこから水が噴出し、水浸しになってしまいます。
こうなってしまってはカランも交換するしかありません。

凍結2.jpg



















在宅していて暖房を点けていれば、そうそう凍結することは無いかも知れませんが、旅行や入院などで長期に家を空ける際には、先ほどお話ししたように水落としのやり方も複雑化していますので、多少出張費を払ってでも業者に依頼し水落としをしてもらったが安心だと思います。

もしそれでパンクしたら業者の責任にもなりますしね。

みなさん、水道の凍結にはお気をつけ下さい。

by.sugano

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

最近のブログ記事

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28