モデルハウス in平岸 擁壁

|

こんばんわ。

今週は擁壁工事の様子をお伝えします。

 

先週行った掘削工事で擁壁のベースの底まで堀りあげました。

 

abe0009.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

そこに△写真のように、擁壁の骨となる鉄筋を組み立てます。

 

abe0010.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

まず始めに、擁壁の基礎となるベースに、コンクリートを流し込む

の型枠を取り付けます。

 

abe0011.JPGのサムネール画像 

 

 

 

 

 

 

 

 

abe0013.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

△写真の中の四角い箱ですが、これは雨などの水を地中に

逃がす為の穴です。

 

型枠が完成したら次はベースにコンクリートを流しこみます。

abe0014.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

△写真のようにミキサー車がコンクリートをポンプ車に流し込み

ポンプ車の長いホースを伝って、型枠のところまで送り込みます。

abe0015.JPG

 

 

 

 

 

 

 

型枠の中にコンクリートを流し込み、振動を与え空気を

取り除きます。

abe0016.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

コンクリートを流し込んだら、表面を平らに仕上げ

コンクリートが固まるのを待ちます。

 

abe0017.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

ベースのコンクリートが固まったら、次は壁になる部分の

型枠を組み立てます。

△写真のように、木製のパネルを組み立て、パイプと

サポートで枠を固定します。

 

abe0019.JPG

 

 

 

 

 

 

 

型枠が完成したら、またベースの時と同じ要領で

コンクリートを流し込みます。

今回は壁になる部分なので、表面をきれいに仕上げる為

振動を与えるバイブレーターの他に、人の手で型枠を叩く

作業を行います。

そんなたいへんな作業を行い、コンクリートの壁は出来上がります。

 

abe0020.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

△写真は、コンクリートが固まった後の型枠を、ばらしているところです。

 

さて、仕上がりは・・・

 

・・・っと今週はここまでです。

仕上りはまた次週ということで、

来週は擁壁の仕上り~家本体の基礎工事をお伝えします。

 

                                      工事部   A

 

 

 

 

 

 

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28