ESTHOME 新琴似モデルⅣ

|
こんばんわ。

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?
全国的にあいにくの雨でしたが、私は函館に行ってきました。
奇跡的に松前と五稜郭に行った時だけ雨がやんでくれて、桜を楽しむことが出来ました。
ゴールデンウィークでリフレッシュ出来たので、頑張ってお仕事します。

では今週の新琴似モデルの状況をご紹介したいと思います。


moderu015.JPG

内部は壁・天井の下地まで完成していましたが、壁同様に天井の断熱を行いました。
天井は屋根が上に乗っかる部分にブローイングと呼ばれる断熱材を細かくした物を
天井内に吹き付けていきます。当社では300mmの厚さになるように吹き付けを行う
ので、壁や床の2重断熱同等の断熱性能を有します。
これで、家全体がすっぽりと断熱材に囲まれる為に、高い断熱性能を発揮します。

moderu016.JPG

断熱工事が完了すると、次は壁・天井に石膏ボードを貼り付けていきます。
石膏ボードは現在ほとんどの住宅で使用されていますが、それは施工性の高さと
耐火性能の高さが広く普及している理由です。
傷は付きやすい素材ですが、クロスを貼ることで様々な表情を楽しむことが出来ます。

moderu017.JPG
UBも組立てられました。
TOTOのUBで、大きな特徴は『ほっからり床』と呼ばれる床で、
表面がやわらかく、足ざわりが非常に良いです。
また、表面がやわらかい事で、冷たさが足まで伝わりずらく、冬でも冷たく感じない床になっています。

moderu018.JPG

本日階段がほぼ完成になりました。
一般的な箱型階段とデザイン階段の複合階段です。
機能性とデザイン性を両方兼ね備えた、インパクトある階段に仕上がりました。

現在の内部の状況はここまでです。

外部はといいますと、

moderu019.JPG

サイディング工事が完了し、来週には足場が解体される予定になっています。
石目調のサイディングを使用していますが、全体的に白い配色になっていますので、
統一感があり、落ち着いた雰囲気を感じます。

足場が解体されると、正面のデザイン壁の製作に入りますので、
足場が解体された後も、目が離せない状況です。

では今週はここまでです。
また来週お会いしましょう。
ではでは・・・・・・・・・・・
                                   工事課       阿部

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28