キッズスペース

|

こんにちわ。

キッズスペース間取りをプランする上で「現状の家族構成や生活動線でプランを進める」か、もしくは「将来を考えた上での生活動線で考える」か。

キッズスペースをどこに作ってあげるかで間取りの考え方にも影響してくると思います。

キッズスペースを作る上で理想の場所は年齢別で考えると、

 

 

○乳児期・・・沢山の眼差しに見守られる。リビングやリビングに隣接した空間を

○幼児期・・・やんちゃざかりの幼児期は親の目がしっかり届く、リビングにキッズコーナーを。

○低学年・・・まだまだ家族とのコミュニケーションが大事な低学年です。出来ればリビングやダイニングに学習机を。

○高学年・・・思春期の入口にさしかかる高学年は、プライバシーを確保して独立心を育む時期なので独立した子供部屋を。

 

 

このように低学年まではリビングやダイニングに隣接した場所にキッズスペースを設けるのが理想だそうです。

例えば、幼児期まではリビングに隣接する和室や洋室を開放してキッズルームを設けたり、低学年になると机に向かう機会が増えるので、リビングやダイニングに親のワークスペースと一緒に子ども用のデスクスペースを作り、親子が並んで机に向かうのもいいですね。

 

 

ウチの子はまだ2才ですが、高学年までは親の目に届く範囲で見守ってあげたいです。。

 設計部 Cでした。

 

 

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28