金属サイディング工事を検討する際に‥

|
外壁のリフォームの定番として、金属サイディング張り工事があります。

既存の外壁を塗装するよりも高価にはなりますが、下地の状態によっては単純に塗装するだけではおさまらず補修に費用がかさむ場合がありますし、メンテナンス性や断熱性、意匠性などを考慮し金属サイディングを選択される方が多くいらっしゃいます。

モルタルやタイル、セメント系のサイディング等の外壁材に比べ軽いのも特徴で、よく見る光景だと思いますが既存の外壁の上に張ることも可能ですので、以前はこういった工法が大半だったと思います。

ただし、築30年以上くらいのモルタル壁の場合、湿気や雨水の浸入により内部の構造材が腐食している場合がございますので注意が必要です。

下の写真は築30年の住宅で正面のモルタルを剥がした状況ですが、角柱が腐食しているのがわかると思います。

1010010.JPG



























どうしても解体しないと見えない部分になりますので、こういった状況のまま金属サイディングを上張りしているお宅も多いと思います。
こちらのお宅は二階まで腐食が進んでいました。

1010007.JPG




























できればモルタルを全て解体し、腐食している部分の補強や耐震補強、断熱材の入替えも施した上でサイディングを張るのが理想ですが、施工費も大幅にアップするのでそう易々とはいかないのが現状です。

そこまでは予算的に難しい場合は、事前にある程度腐食を確認する為に怪しい箇所だけを部分的に解体してみることも出来ますので、その上で判断してみるのも良いと思います。

大抵はここまで腐食していると蟻が出ているはずですので、窓周りなど羽蟻が大量発生したことがある場合は特に注意が必要です。

これからサイディング工事を検討されている方はお気軽に当社スタッフにご相談下さい。

by.sugano



株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28