今週のタメになる?話: 2010年1月アーカイブ

「地デジ」のはなし

|

 「地上波デジタル放送」に完全移行する2011年7月24日まで、あと547日ということですが、我らがエストホームのお客様の中でも、これから地デジ放送を視聴するにあたり、いろいろと質問をされる事が多くなってきた今日このごろです。その中でも特に、「地デジ対応のテレビを購入したいが、今のアンテナで大丈夫なの?」という質問が多く見受けられます。

 札幌の一般住宅では1、3、5、12チャンネルはVHFアンテナを、17、27、35チャンネルではUHFアンテナを利用してテレビ電波を受信していますが、地デジを観る場合はこの「UHFアンテナ」を利用します。アンテナを見ると、上に付いている(小さい)アンテナがUHF、下に付いている(大きい)アンテナがVHFになります。地デジ放送はこのUHF帯域のチャンネルを使って放送されるので、現在使っているアンテナがこのチャンネルに対応していれば、そのまま使えることになります。

 「アンテナの向き」については、居住地域のデジタル放送の送信局(札幌は手稲山を中心に6つの中継局があります。)が、地上アナログ放送と同じ方向の場合は、そのままの向きで受信でき、違う場合は、UFHアンテナの向きを変更するか、もう一本地上デジタル放送用のUHFアンテナが必要になります。

 また、現在ビル陰などで受信障害があり、共聴アンテナ施設を利用している地域では、基本的には個別にUHFアンテナを立てる必要があるようです。

 

 かなり、掻い摘んでしまいましたが、ほとんどの場合、今お使いのアンテナで地デジは観れるという事でした。

 

                            ㈱エストホーム       U 

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

最近のブログ記事

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28