公共枡って・・・? 続編

|

皆さん、こんばんわ。

 

ご好評につき、続編をご紹介いたします。

 

前回のこのコーナーでは、歩道申請のお話でしたが、実際の工事風景をご覧下さいませ。

 

  m.jpg                                                                    

① 工事着工前の写真です。

k.jpg② 掘削

簡単に申し上げますと、アスファルトを壊して掘る事です。

私共の業界では一般的にGL(グランドライン)といわれているアスファルトの仕上がり面から、今回はT:300(30cm)掘りました。 ロードヒーティングの場合は、一般的にはこの位掘るのが一般的です。

 

 

u.jpg

③ 砕石 転圧 U字溝設置

次に砕石をT:220(22cm)入れて、ガッチリと転圧作業を行い、路盤の床を作ります。 この転圧は、実は結構重要です。

ここで公共枡につながるU字溝の設置を行ないます。

 

 

 

 

h.jpg

④ ヒーター敷設

次にこちらの現場は電気式のヒーティングの為、電気のヒーターの敷設作業です。

 

 

 

 

 

c.jpg

⑤ コンクリート打設

ヒーターを保護する意味でコンクリートを敷設します。この工程は業者様の考えや、ヒーターの性能によって、各社様々な考えがあり、ヒーターをアスファルトにサンドイッチする方法などもあります。

 

 

 

 

と、本日はここまでにさせて頂きます。

 

約二ヵ月後に札幌市の方で入札があり、公共枡設置の業者さんが決まった後、道路の下をはしる本管からこちらのお宅までの間の雨水排水接続工事が行なわれます。 

私共の会社ではこの雨水枡の設置が行なわれた後に、U字溝内の排水接続工事を終えて、初めて完了になります。

少し先の話ですが、またご紹介させて頂きます。

 

ゴールデンウィーク休みも始まりますが、車の運転など気をつけてお過ごしくださいね。

 

                                              設計部 Yでした。。。

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28