春恋し

|
長い冬もあと少しの辛抱。

雪解けも一気に進み春が待ち遠しいそんな中、雨漏り等の問い合わせが多々入るように

なりました。

春に向けて屋根の状況を確認してみてはいかがでしょうか?

そこで今回は屋根板金のリフォーム一例をご紹介いたします。


画像 1065.jpg
    雪解けが進み屋根の状況があらわになってきました。塗膜が薄くなりサビ
   が浮いてきている状況です。そのまま放置すればサビが広がり穴が開く原因となります。

画像 440.jpg
    弊社では、既設の板金材を剥がさないで行う工法をよく行います。
この工法でのメリットは、解体手間・ゴミ処理費の削減で工事費用を抑えることが出来ます。
        上記の写真は断熱材を既設の屋根に敷き詰めている写真です。
        断熱材を一層つくることで断熱効果を高め
        小屋裏の結露を押さえるることができます。
        もちろん既設の屋根の上からの施工のため工事期間中は雨が降ってきても
        雨漏りの心配はありません。

画像 442.jpg
         仕上がりは新築時と変わらない仕上がりとなります。

       ※注意)屋根の下地状況により上記の施工法では出来ない場合があります。


       屋根の診断は、無料で行っております。お気軽にご相談ください。
       
       それではまた。



                                工事課K




 
株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31