ホントにあったそんなに怖くない話し

|
 先日、入院中のお客様から電話を頂き、留守にしている自宅にご家族の方が着替えをとりに行ったところ、和室の天井から「カタカタカタッ!」という音が断続的に聞こえるらしく、気持ちが悪いので一度見に行ってほしいという依頼が。後日、きっと軒天から風でも入り込んでいるんだろう、パンパンに膨れ上がった先入観とともに、息子さん立会いのもとご自宅へ・・・。
 
 すると、たしかに和室の天井裏から例の「カタカタ音」が、しかも和室の仏壇の上からちょうど聞こえるような・・・・・」ネズミが入り込んで屋根裏を走り回るといった事も以前、他のところでありましたが、聞こえる場所は一カ所のみ、走り回るにはそこからしか聞こえずいよいよ謎は深まるばかり、風もほぼ無風状態で軒天からも風が入り込むところも見当たらない・・・・。天井裏を見渡せる点検口もないため、鍵をお預かりし、改めて仏壇横の物入れの天井を破る事になりました。

 後日、現地に行ってみると、「カタカタ音」がまったく聞こえず、天井を破って、顔を覗き込んだ瞬間!「カタカタカタカタッ」が始まりました。一緒に行った職人さんは事前情報で「ゴースト的」な先入観がパンパンになっていたようで、その驚きようは凄まじいものが脳裏に焼き付いています・・・・結局30分かけ、天井裏も確認したが原因が分からず、途方に暮れていたところ最終的にに床下を覗いてみて解決しました(笑)

  例の「カタカタ」音の原因は昔、お客様が某床下点検業者で取付をした、基礎内換気扇の羽が破損しそれがタイマーにより、運転が始まると、音がカタカタ鳴っていたのでした(笑)

 住宅に関しては、色々なトラブルを見てきましたし、また、それに対する原因や解消方法もある程度は知識として持ち得ているつもりでしたが、今回のケースは全く予想外の結末に驚いたと同時に、先入観というものは物事の解決の妨げになる事を実感させられた珍事件でした。

以上、ホントにあったそんなに怖くない話しでした。



株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28