家庭菜園って、むずかしい~っす。

|
こんばんわ。

我が家を建て、早二年。 昨年、何気なく植えた草花や野菜、果物の数々。

今日は、そんな中から、繁殖が著しいものの一つをご紹介します。

ishi.jpg















▲一見、何かわかりませんよね。 実はこれ、イチゴです。

左上が昨年植えたもので左側の列の下に向かって、今年繋がりました。 また、左上から右下に向かっても今年増えてました。

弊社のお客様で退職後、趣味で家庭菜園を作ってる方が多く、先日、イチゴとはなんぞや・・・と、指導を賜りました。

ほっておいてもイチゴは繁殖するようですが、どんどん甘みが落ちたり、ウイルスが広がる危険性も秘めているようです。

その防止策として、▲写真の赤線で、ツルを各々切断して独立した房を作ってあげるほうが良いそうです。私は全く知りませんでした。 ぜひ皆様、参考にして下さい。


hitotu.JPG
















▲房の中に今年初のイチゴです。 この写真の撮影後、食べましたが、思いのほかスッぱかったです。

ご指導頂いたお客様に聞いたところ、先ほどの▲赤線ようにツルを切ってあげないと、どんどん甘みがうすくなるとの事でした。 


futatu.JPG
















▲次回の私のターゲットです。 

もしかしたら、うちの息子も目をつけているかもしれません。
生存競争の激しいご時勢です。息子といえど、先に手をつけた方が勝ちです。(笑)

もしかするとスッぱいのかもしれませんが、先ほどお話したお客様から、大きくて、甘い種類の苗をいただく約束になっておりますので、いただいた折には、全て植え替えて、来春、甘くて、おいしいイチゴにありつけるよう、しっかり育てていきまっっっす。

お客様からもアドバイスいただきましたが、『これが正解』という育て方はないそうで、いずれにしても植物を育てるのはむずかしいとおっしゃってました。 がんばってみまっっっす。


6/16.17に引き続き、6/23.24 弊社モデルハウス 『at will (アットウィル)』の見学会を行います。 詳しくは、弊社HPのイベント情報を参照願います。


                                               設計部 Y でした。
株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28