オリンピック始まりましたね~

|

 ここ数日は東京の16年ぶりの大雪のニュースとやっぱり「オリンピック」でテレビの話題は持ちきりではないでしょうか?ご多分に漏れず我が家でもこの二つの話題で持ちきりの数日でした。

2/6から開幕しこの週末はオリンピックモードですっかり寝不足なんて人も少なくないのでは?

そんな中、私が一番テンションの上がる「スキージャンプ」で、最近の放送を見ていてふと感じた事がありました。映像を見ていると殆どの選手が「K点超え」をしてる?、そんなに飛んじゃっていいの?と。

気になって調べてみると、かつての「K点」とはドイツ語の極限点の略で、「これ以上飛べば危険」を意味したらしいが、今では同じ「K」を頭文字とする建築基準点という点に変更となり、飛距離点の計算の基点となるラインらしいですねー。なのでほとんどが「K点」を超えたところで勝敗が分かれるようになっているそうな・・・・。

 K点が同じでも、ジャンプ台によって選手が安全に飛べる距離が異なるため、2004~05年シーズンから、ジャンプ台の大きさを示すヒルサイズ(HS)を表記するようにもなったとの事。

 ちなみにHSを越える選手が出た場合は、競技責任者が協議し、スタート位置を下げて飛距離を抑え、安全を確保することがあるそうです。

何はともあれ、2/23の閉会まで皆で日本を応援しましょう!



株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28