轟音(ごうおん)対策って。。。

|

こんばんわ。

今日、防衛施設局の防音工事の件で千歳に行ってきました。 『レラ』って知ってますよね? アウトレットのショッピングモールの・・・。 私の訪問先は、『レラ』のすぐ近くにあって、片道約一時間かかりました。 ちょっとしたドライブみないな距離でしたね~。

千歳周辺にお住まいの皆様はご存知とは思いますが、一般的には防音工事という名で、通っておりますが、防衛施設局で負担して、各ご家庭の住宅用のサッシや、古くなった空調機器を交換して頂ける工事です。 

千歳空港周辺に行くと、よく自衛隊の戦闘機の轟音(ゴウオン)を聞いたことありませんか? 外を歩きながらだと、会話も聞こえなくなる位の地域もあると思います。 そんな地域の為に、防衛庁が地域住民に対しての措置として、『住宅防音建具復旧工事』 『空調機器復旧工事』をおこなっております。

下記に工事の一例を掲載します。

▽工事着工前の空調機器

washitumae.JPG

 

 

 

 

 

 

▽工事完了後の空調機器

wasitugo.JPG

 

 

 

 

 

 

今回は、工事が完成したので、完成書類の提出に行ったのですが、普段から役所関係の工事を手がけているわけではないので、不慣れな書類の作成に予想以上に時間がかかっちゃいました。

ちょっとした書類の不備でも非常に厳しいことを言われることを覚悟で訪問しましたが、担当して下さった方は、非常に優しく丁寧な方でありがたかったです。

また、約一時間かけて戻ってまいりました。

今回の工事の完了書類は、設計屋さんから頂いた施工図面通りに、改修箇所を各工程ごとに撮影した写真などを提出し、きちんと工事を行っているかどうかの審査をするものでした。 提出資料作成中に思いましたが、一般の住宅の改修や新築でも同様の資料は必要ですよね。 全国の建築業者さん、施工図面通りに、各工程の写真を撮っていらっしゃいますか? 普段外出していてリフォームの現場を見れない、壁に隠れてしまって見えなくなっている電気配線、断熱材が入っているかどうか不安な間仕切壁など、新築リフォーム問わず、写真はあったほうが安心ですよね~。

提出前に工事写真整理を通じて、弊社の職人さんの技量や、反対にまだまだ改善し、向上していかなくてはならない点が再発見できました。 

若輩者ばかりの会社ですが、今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。

                                             設計部 Yでした。。。

 

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28