耐震基準適合証明って。。。part②

|

こんにちわ。

前回に引続き、耐震診断の状況をご報告させて頂きます。

 

▽弊社のクロス屋さんに、壁クロスを『キレイ』に剥がして頂き、大工さんが『筋交い』の位置をピンポイントで探りあてて、写真添付の為に『開口』し、写真撮影。

73.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

これで、完了ではありません。

▽各階、各壁の状況をピンポイントで開口し、写真撮影。

34.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

上記の写真達 は一部ですが、この写真達の数々と、机上の図面にて、『壁量計算』等を行い、この住宅が『新耐震基準』にそっているか、否かの判定をします。

 

国交省認定のソフトに、壁量を入力すると判断してくれます。 基本的には、昭和56年以降の建築物は、新耐震基準に沿った構造になっているといわれてますが、必ずしも良い結果が出るとは限りません。

 

『住宅』には、大工さんを初めとした、建物を建てる側の気持ちが形となって出てしまいます。

 

弊社の『無料住宅診断』、まだまだ実施中です。

お気軽にお問合せ下さいませ。

                                              設計部 Yでした。。。

 

 

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28