スタッフブログ: 2014年3月アーカイブ

ちょっとしたことで・・・。

|
こんばんわ。


先日、久しぶりに工事の管理をしました。
その時の出来事です。

工事内容はインターホン交換でしたが、照明器具などの交換もあったため、
電気屋さんに施工を依頼しました。


inter.jpg

何の変哲もない、通常のインターホンの交換なのですが。。。

工事のきっかけは、夏になると勝手にインターホンが鳴り出す日がある・・・という理由。
一歩間違うと怪奇現象では・・・・と謎めいた現象が発端。

また、通話中に雑音が聞こえるなどのほかの理由もあったための交換工事でした。


上記のブルーとホワイトの配線が通常、外部のインターホンから接続される配線で、新しい機器に付け替えましたが、音が鳴りません。

電気屋さんたちも、悪戦苦闘のスタート。 付けた機器の接続の再確認、外部側、内部側、すべて確認した結果・・・ 写真の壁の中にもう一本の赤とオレンジの配線が隠れてました。

なんと、その赤とオレンジの配線を新しいインターホンに結束すると、見事に開通。

では、なぜ1回で開通しなかったのでしょうか?

このお宅、このインターホンに交換する前は、電池式の呼び鈴のみのインターホンを使用していたようで、その後、上記のインターホンに交換。 交換し数年使用したそうなのですが、早々から不具合が・・・

どうやらその時期からの配線結束間違いだった・・・という結論です。

お客様にしてみると壁の中に隠れる隠ぺい部といわれる箇所は、まずもって見る機会のない箇所で、我々施工する側でも、なかなか配慮の行き届かない箇所です。 電気であれば、テスターなどを使用することで多少は何とかすることができますが、設備工事の分野についてはなかなかそうはいきません。

見えるところはいくらでも手直しはききます。 見えないところこそ重要。 ちょっと気になる問題を抱えている方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。  

                                         設計部 Yでした。。。




火災保険利用のご案内

|
3月も下旬ともなると気温も上がり、だんだん春めいて来ました。
雪解けも進みアスファルトが顔を出して来てますが、ちょっと中道に入るとザクザクで車が埋まりそうになったり、テッカテカに凍った深いわだちがあったりと車の運転はまだまだ気が抜けない状況ですね。

この季節になると落雪による事故や、雪の重みで屋根が潰れてたりというニュースをよく目にします。
みなさまも、雪下ろし等には充分に気を付けていただきたいです。

そういった雪の事故はお住まいの破損にも繋がることが多いので、修理のご相談を受ける時期でもあります。
今年は札幌市内も地域によっては雪の量が例年よりもかなり多く、また雪庇などが大きく出来すい天候でもあった為か、落雪による外壁や屋根、サッシの破損の他、ストーブや換気フードなどの突起物の損傷が多くありました。

こういった「雪害」については、ご加入されている火災保険が適応となり保険で修理することが可能な場合があることをご存知でしょうか?
火災保険と言えばどうしても「火事」のイメージが強いので、こういった雪害や水害、風害なども対象となっていることをご存じない方がほとんどです。

商品やご契約内容にもよりますが、一度ご契約内容を確認されてみてはいかがでしょうか?

実際に破損個所がある、保険の内容がよくわからない方は当社スタッフまでお気軽にご相談ください。

sonnpo.jpg


測定結果 見てみてください。

|
こんばんわ

だんだん春めいてきましたが、まだまだ気温は上がってくれませんね。
今年の雪解けはいつになるのでしょうか?

さて、今日は弊社で2月から行っているサーモグラフィー検査の結果を一部ご紹介いたします。

uuubbb.jpg



画像が小さくてすみません。
上の画像が温度差を示す画像です。
下の画像が浴室内の画像であることの写真です。

上の画像の右に上から下に向けて、赤から青に変化しているグラフがありますが、これがこの室内の温度差を示すものです。 実は拡大しないと読めませんが、この浴室、最低温度は2℃ 最高温度が10.4℃でした。










wwwccc.jpg
また、上記のトイレについては最低温度1.8℃ 便座部はヒーターがある為少し高めで18℃でした。

この隣に玄関がありましたが、玄関はマイナス1.2℃でした。(原因は玄関ドアの気密でした)

上記の2室 床はかなり冷えておりお客様も寒がっております。 おうちの中では、靴下を二枚重ねで履いたり、寒ければ服を多めに着込んだり、寒さ対策は各ご家庭で様々ですが、おうちは寒いより、暖かいほうがいいですよね。

断熱工事を必要とするか否かは、上記の診断後でもいいのではないでしょうか?

寒さの気になる箇所がござましたら、まずはお電話でお問い合わせください。

診断費用は 無料です。                              設計部 Yでした。。。
                               










     






































株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28