スタッフブログ: 2013年10月アーカイブ

雪虫

|
数日前に雪虫を見ました。早いもので北海道に来て早16年が経ち、今でこそ「そろそろ雪かー」等とフツーに言ってはいるものの、こちらに来て初めての冬を迎える頃に、会社の同僚がこの雪虫を見て雪の到来を告げた時は正直、びっくりした事を覚えています。
季節の到来を告げる昆虫なら分かるが、雪が降る事を告げる虫がいるとは!
そんな「冬の妖精」雪虫ですが、実はアブラムシの仲間だって知ってました?白いフワフワを付けて雪の到来を告げると思いきや、この時期にトドマツの木から他の木に移動する時だけ雪虫と呼び、それ以外の時期は根っこの樹液で生活しているとか。

何れにしてもこの雪虫、とてもロマンチックな呼び方ですね〜。

Ocean-viewって、最高‼︎

|
 こんばんは。

突然ですが、若干の曇り空ですが、「Ocean-view」です。

image.jpg















実はかねてから建築中の小樽市朝里の新築現場からの眺めです。

もう間もなく完成します。

今回の現場は新たな内装仕上材を使用したり、スキップフロアーのリビングなど、見どころ満載ですが、引渡日時の関係でまだお披露目できるかわかりません。が、お披露目できなければこちらのブログでご案内しますので、ご期待下さい。

この時期になるとエストホームの前にある街路樹からの落ち葉掃除が忙しくなります。気温も低くなりますし、体調管理をしっかりと、元気に過ごして参りましょう!

                                                                                                                       設計部Yでした。。。


冷蔵庫買換えのススメ

|
電気料金の値上げに伴い、オール電化の我が家も何か節電対策をしなければならないと、14年間使用してきた冷蔵庫にとうとうメスを入れることにしました。


「今の冷蔵庫は電気食わないから、古いのを無理して使うよりも、ローン組んででも新しいの買ったほうが得なんですよ!」

と、お客様にはよく言っていましたが、自宅はと言いますと、故障している訳でも無いし安い買い物でも無いのでずっと目を瞑っていました‥。

でも電気が食う食うとはいえ、実際自宅の冷蔵庫がどれだけ食っているのかと思い、電気量の測定器を設置してみました。

エコワット.JPG




















これは簡易型の電力量測定器で、測定したい家電とコンセントの間に差し込むだけで、測定した時間と消費電力、電気の使用料金の目安が表示されるという優れものです。

3日間測定し、1日あたりの使用料金を割出したところ約88円となり、かけることの365日で1年間の使用料金を計算すると‥

ななな!なんと! 32,120円!

という結果とりました。


こんなに食ってるなんて正直びっくり‥。

すると翌日、タイミングが良いのか悪いのか、これも14年使用し、調子が悪かったもののだましだまし使い続けていたオーブンレンジが全く動かなくなり、これはもう一緒に入れ替えろということだなと重い腰を上げ先日家電量販店へ行って来ました。

レンジと合わせて冷蔵庫も見たところ、ほぼ全機種に年間の使用料金の目安が表示されており、10,000円以下がほとんど。4,000円を切るものもありました。

結局今回購入を決めたのですが、決めた機種の使用料金の目安は4,180円。年間28,000円も安くなる計算ですので、購入価格から逆算すると5年に満たないで元が取れる事になります!

キレイで大きな、しかも機能的な冷蔵庫になってこんなに節約ができるんだったらもっと早く買い換えるべきだったと思いました。


これは家電ばかりでなく、私たちがご提案する住宅の部分でもたくさんあり、例えばトイレを最新のトイレに交換することで水道代や便座に使用する電気代が安くなったり、給湯や暖房機器を高効率のものしたり、熱源自体を変更したりすることで、ガス代や電気代、灯油代が安くなることもあります。

故障してからでないと今回の私の様に腰が上がらない気持ちも重々理解できますが、長い目で見るとランニングコストも考慮した上で検討する必要がありますので、そういった部分も含めてご提案させていただきます。

そして何より新しいものは気持ちがいいですしね。


ちなみに、今回使用した測定器ですが、当社の顧客様であればお貸ししますので、冷蔵庫に限らず気になる家電がありましたら測定してみてください。



by.sugano



リフォームトラブルにご用心!

|

 消費増税が決定し、我々が生業とする建築業、特にリフォーム市場においては、数字上は良いにつけ、悪いにつけ俄かに影響が及んでいる今日この頃、先日発表された業界紙によると、2013年第2四半期(4~6月)の「住宅リフォーム市場調査」によると、四半期での市場規模は1兆8,310億円で前年同期比で5.6%増との事。第一四半期と合わせると3兆905億円で前年同期で10.5%も伸びているそうです。後半も前述の消費税増税前のいわゆる「駆け込み需要」で更に拡大すると予想されているようです。・・・・・・・・そうは言っても、イマイチ実感が沸かず、「何となく忙しい感じがする」状態といった感じではないでしょうか。

 一方、市場が有望視されている中で、リフォームにまつわるトラブルも後を絶たないようです。市場規模の拡大と比例し、国民生活センターに寄せられる相談件数も約10%程度増加しているとの事。

先日、当社のお客様のところに来た訪問者は「下水の点検に来ました」「宅内のマンホールを見せてください」とあたかも下○道局を装い事業者の名前や勧誘目的も明らかにしないまま、排水管の洗浄を強制してきたそうです。

 我々も自負しているところではありますが一生懸命、「お客様の為に」と頑張っている業者も本当に沢山いる中で、このようなトラブルが後を絶たない事で「リフォーム業者」の社会的地位がなかなか上がらないんですねー。皆さんもトラブルに巻き込まれないためにも、今一度、業者をよーく見極めて下さい。

 

お祭りって・・・。

|

こんばんは。

 

約2カ月ほど前の話になってすみません。 

自宅近くの公園で町内会のお祭りがありました。

どうやら毎年開催されていたらしいのですが、今まではあまり興味もなかったせいか、気にもしてませんでした。

ところが今年、長男が小学校に入学した為か、ご近所のお友達が増え、近所のイベントごとの情報がよく耳に入るようになりました。どうやら毎年8/7の七夕に行っているようです。

 

そしてまた今年は定休日とかさなった関係で、一家で参加してきました。

長男の友人の親御さん、普段あまり会話の無いご近所さん、見たことあるような、ないような伯父さん、様々な方と交流する良い機会だな~と思いました。

 

皆さんも普段は、仕事関係の方や、取引先の方とのつながりを重要視する事が多いと思いますし、私も最近まではご近所さんとの繋がりは、さほど気にもしていませんでした。 といいますか、仕事で出ている事が多いので、ご近所の方と顔を合わせる機会すら少ないのが現状です。

 

ところが、視野を広くする良い機会と言いますか、実はご近所にある『精肉店』の方が、焼き鳥を手配して下さったり、その方の関係で、ビールサーバーが手配されていたり、公園にある物置の中に、行事用のテントなどが格納されていたり、この機会に色々な情報を仕入れる事ができました。

 

このような行事も、普段の仕事も、陰で支える人がいるから成り立つ、誰かがいるからできる事ですよね。主催して下さった町内の方、ありがとうございました。 

 

小さなお祭りでしたが、人と人とのつながりを感じられるイベントでした。私も、皆様との出会いを大切にしていきたいな~ と思いました。

 

追伸

先々月から告知しております、『リノベーション モニター募集』ですが、おかげ様でご成約頂く事ができました。 あと2組分の枠が残っておりますので、引続きお問い合わせください。

                                                   設計部Yでした。

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28