スタッフブログ: 2012年3月アーカイブ

卒業・・・そして旅立ち

|

            誰もが経験することですが、卒業から旅立を迎える季節と

            なりました。

 

 

卒業.JPGのサムネール画像のサムネール画像                

                私も30数年前を想い出し、懐かしさに浸りました。

                「出会いと別れを繰返しながら人は成長するんだ。」と

                我が子に語ってしまいました。(笑い)

                

 

 

                                              工事課 K             

スガ漏れ大丈夫ですか?

|
3月も中旬となるとだんだんと春めいてきて、ご自宅の前の氷割りをする姿がよく見受けられますね。

この時期ポツラポツラとご連絡いただく「SOS」のひとつに屋根からの「スガ漏れ」があります。
「スガ漏れ」は屋根に付く氷のイタズラで、軒先側に付いた氷が、日中の暖かさや、室内から上がって来た暖気によって融かされた雪融け水をせき止め、それにより行き場の無くなった水がプール状態になり、屋根の板金の接続部分から進入してしまうというパターンが多いですね。

スノーダクトのお宅だと、排水管のヒーターを入れ忘れて凍結してしまい漏って来てしまうケースもよくあります。

こういった場合、融けた水が溜まらずに流れるように氷を取り除いたり、融かしたりすることでとりあえずそれ以上漏ることは止められますが、毎年まめに屋根の上の雪や氷を取り除くことは大変ですので、しっかりと原因を調査した上で修繕されることをおススメします。

原因は多岐にわたり、屋根材の老朽化だけでなく、断熱や換気の問題であったり、そもそもの屋根の形状や勾配であったり様々です。その為、単純に屋根材を新しくすれば解消するという訳ではありませんので、スガ漏れでお困りの方は一度ご相談いただければと思います。

原因を一番判断し易いのは漏っている状態で見せていただく事です。原因の究明も兼ね雪下ろし等の応急処置は取らせていただきますので、天井ら水が落ちてきたり、しみが付いたらすぐにご連絡下さい。

P1090620.JPG
















また、原因によってはみなさまが住宅に掛けられている火災保険で被害部分の復旧に伴う工事費が保証される場合もありますので、合わせてご相談いただければと思います。

by.sugano

行ってきました。。。

|
こんばんは。

先週、取引先の業者様の主催で名古屋まで行ってきました。

一日目・・・ 天気 曇り  札幌の気温 4度  名古屋の気温 14度

午後に愛知県の中部国際空港に到着 その足で、LIXIL(旧INAX)の工場見学へ行きました。


ina.JPG














上記、工場の入り口部にある看板です。 

※当然、愛知県ですので、雪はございません。









近くで見ると・・・

inaaxx.JPG














さすが、INAXですね。 

ひとつひとつが便器の形をしたミニチュアで出来てました。









工場見学後、宿へ。

roten.JPG
















北海道では雪の関係で少ないですが、屋上に露天風呂がありました。

天気はあいにく曇りでしたが、見渡す限り海って感じです。


okujyou.JPG
















客室のトイレは・・・

toire.JPG



























ほかではなかなか、見れないですよ。 石畳、玉砂利と
「和」にこだわったトイレです。 そして地元だからか便器は
当然INAX製。 さすが、地元に根ざした企業ですね。



今日はここまで。 次回は、伊勢神宮編をお伝えします。


この場を借りて、このたびお招き頂きましたT社様、H社様の皆様、
LIXILの〇△支店の支店長様、本当にお世話になりありがとうございました。
今後とも、よろしくお願い致します。 


では・・・                         Yでした。。。









株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28