スタッフブログ: 2009年4月アーカイブ

公共枡って・・・? 続編

|

皆さん、こんばんわ。

 

ご好評につき、続編をご紹介いたします。

 

前回のこのコーナーでは、歩道申請のお話でしたが、実際の工事風景をご覧下さいませ。

 

  m.jpg                                                                    

① 工事着工前の写真です。

k.jpg② 掘削

簡単に申し上げますと、アスファルトを壊して掘る事です。

私共の業界では一般的にGL(グランドライン)といわれているアスファルトの仕上がり面から、今回はT:300(30cm)掘りました。 ロードヒーティングの場合は、一般的にはこの位掘るのが一般的です。

 

 

u.jpg

③ 砕石 転圧 U字溝設置

次に砕石をT:220(22cm)入れて、ガッチリと転圧作業を行い、路盤の床を作ります。 この転圧は、実は結構重要です。

ここで公共枡につながるU字溝の設置を行ないます。

 

 

 

 

h.jpg

④ ヒーター敷設

次にこちらの現場は電気式のヒーティングの為、電気のヒーターの敷設作業です。

 

 

 

 

 

c.jpg

⑤ コンクリート打設

ヒーターを保護する意味でコンクリートを敷設します。この工程は業者様の考えや、ヒーターの性能によって、各社様々な考えがあり、ヒーターをアスファルトにサンドイッチする方法などもあります。

 

 

 

 

と、本日はここまでにさせて頂きます。

 

約二ヵ月後に札幌市の方で入札があり、公共枡設置の業者さんが決まった後、道路の下をはしる本管からこちらのお宅までの間の雨水排水接続工事が行なわれます。 

私共の会社ではこの雨水枡の設置が行なわれた後に、U字溝内の排水接続工事を終えて、初めて完了になります。

少し先の話ですが、またご紹介させて頂きます。

 

ゴールデンウィーク休みも始まりますが、車の運転など気をつけてお過ごしくださいね。

 

                                              設計部 Yでした。。。

「南向き」のマジック!?

|

もう4月も終わりだというのに、なんだか寒いですね。

寒い寒いと思っていたら、昨日はこの時期だというのに雪が降り、みなさんもびっくりしたことでしょう。手稲山も真っ白に逆戻り‥。GWにはもう少し暖かくなっていてほしいものです。

「寒い」といえば‥

私のデスクは南側の窓際にあるのですが、おそらく社内で 1番 寒い場所だと思われます。

当社の南側には3階建てのマンションがあり、建物までの距離は1mくらいしかありません。その為、1階にある私の席に直射日光が入ることは無く、照明無しでは目を悪くしそうなくらい、いつも薄暗く肌寒い状況にあります。

一方、当社スタッフが多くいる北側には駐車場があり、窓の外は近くに建物が無く開放的ですが、さすがに北向きなので直射日光はこちらと同じようにほとんど入ることはありません。

それなのに、北側の方が断然明るく、断然暖かいのです‥。

普通に考えると、「南側は明るくて暖かく、それに比べ北側は暗くて寒い」と思いがちですが、それは立地条件に依りけりで、そうとは限らないんですよね。私もこの業界におりますので頭では解っていましたが、それをひしひしと肌で感じている毎日です(笑)

北向きの部屋は周りの建物からの反射がある為、日が直接は入らないとはいえそれなりに明るいものです。日本では南東や南西などの南向きが好まれがちですが、ヨーロッパでは北向きの部屋の方が好まれると聞いたことがあります。直射日光が入るよりも、程好い反射光の方が目にも優しく良いということでしょうか。

住宅を検討中で土地もお探しの方には、こういったことも充分に考慮した上で、建築地や間取りのレイアウトをご提案し、これからも「明るく暖かい家づくり」を提供していきたいと思います。

 

 <by.sugano>

先週に引き続き「蟻」についてのお話です。

 

「シロアリ」はその名前や体形、生態などが「蟻」によく似ています。

ところが、蟻とは全く違う種類の昆虫で、蟻は「ハチ」と同じ仲間に属しますが、シロアリはというと‥

な、な、な、なんと!

  「ゴキブリ」

‥に近い種類なんだそうです。

 

ちょっと意外ですよね?

 

ただ、この「ゴキブリ」も、「シロアリ」と同じく寒い北海道ではあまり見かけないところをみると、仲間だというのもなんだか納得できてしまいます。

先週のブログでお話しましたが、私たちがこの時期ご相談を受けるのは、やはり「シロアリ」ではなく、ごく普通の「クロアリ」、もしくは「ハネアリ」の発生の件です。

最近の住宅は高気密化が進み,室内に雨風が入り込むのを防いでいる為、蟻などの虫が入る隙間も少なくなってきています。

とは言え、隙間が全く無いなんてことは有り得ない訳で、古いお宅ほど所々に隙間があり、蟻やワラジ虫なんかは簡単に侵入できてしまいます。

それに、従来の住宅には下の写真の様な基礎換気口が数箇所ついてますから、入らないほうがおかしいというものです。

kuroari2.JPGのサムネール画像ですから、蟻がちょっと室内に出たからと言って、やみくもに心配する必要は無いと思いますが、もし、大量に発生した場合は、もしかすると何らかの信号かも知れませんので、1度建築業者に点検してもらったほうが安心だと思います。

というのは、「クロアリ」が乾燥した木材をカリカリ食い漁るとは思えませんが、雨水の浸入や湿気により腐食した木部に蟻が巣を作ることにより、土台や柱がスカスカになっているのは見たことがあるからです。

仮に蟻の大量発生が、そういった巣の中の卵が羽化し、それが一気に出てきたからだと考えるとどうでしょうか‥。

下の写真の様に腐食している木部が、どこか見えないところにあるのかも知れません‥。

fushokudodai.JPGのサムネール画像

ですから、ごくごく当たり前のことですが、木造住宅では骨組みとなる土台や柱、梁などの木部を腐らせないことが、とても重要となってきます。

その為には、雨水の進入や給水管、排水管からの漏水、結露をさせない為のメンテナンスを定期的に行うことが、こういったケースでの蟻の発生を防止し、更には住宅を新築時に近い状態で維持させることへと繋がっていきます。

 

当社では、「無料住宅診断サービス」も行っておりますので、もし防水や結露、蟻の件などでご心配であればお気軽にご相談いただければと思います。

ただし、札幌市内、及び近郊に限らせて頂きます。(すみません‥)

 

<k.sugano>

24時間換気システムの・・・

|

今日は、こんなケースにご注意!!情報です。

下記の写真は、ある現場で発生した症状です。 ご覧頂いている写真は、とあるお客様の2階の洋室の天井です。屋根からの雨漏りのようにみえるかもしれませんが、実は・・・

ooo.JPG

これは、24時間換気システムの排気管から結露水がたれたものにより発生した天井からの漏水です。写真では見えずらいのですが、天井下地にしみがついています。これは、屋根裏を通っている24時間換気システムの排気管(以下、ダクト)の勾配が悪く、外部に向かって行くべきものが、施工不良によりだおってしまったことにより、ダクト部分が一部谷になり、谷部分に結露水がたまってしまい、なおかつ、ダクト配管自体に亀裂が生じていたために、天井部に雨漏りのように水が落ちてきたという状況でした。

今回この状況になってしまったお客様は遡る事4年前、あるハウスメーカーさんの中古住宅をご購入されました。販売元はまた別のハウスメーカーさんだったようです。そのハウスメーカーさんの契約書及び保証書には、雨漏りについての保証は3年と記載してあり、一昨年の同じ時期にほんの少し天井のクロスが変色していたのには気がついていたものの、保障期間が切れることにも、雨漏りとも気がつかず、ほっておいたとの事でした。

このお客様と同様の考えをお持ちの方は、多数いらっしゃるのではないでしょうか?日々忙しく働き、子供の世話をしたり、暇な方なんて少ないですよね? また、天井のクロスの変色にも、気がつく方の方が少ないのではないでしょうか?

今回取り上げさせて頂いたお客様の洋室の天井を解体時に、中古住宅で購入される前にも同様の症状が起こっていたのでは・・・?と、疑いたくなるような状況を確認いたしました。まずは、天井下地の釘とめとビスとめ違いです。天井の下地を一部作り直したと思われる箇所はビスによる施工。築年数から考えてもこちらの住宅は釘で施工している時代の建物です。少し中古住宅の怖い部分を見てしまった気がしました。

ところで、このダクトには何故結露が発生したのでしょうか?通常、24時間換気システムとは、その名の通り24時間、機械にて住宅内部の換気を行なうシステムの為、通常電源スイッチを切ったりはあまりしないはずですが、こちらの住宅は、購入までの期間に冬をまたいだ可能性がありました。冬季間に24時間換気システムを未作動にした場合、ダクト配管内に結露が発生し、ダクトの勾配が悪いと、このように室内に流れ出てくる可能性は十分に考えられると、某換気メーカーさんがおっしゃてました。なるほど~ってかんじですよね。ダクトに亀裂がある、ないはわかりませんが、可能性としてはなきにしもあらずです。24時間換気をとめて節電、エコなど考え方もありますが、動かさないことで結露が発生したり、創造もしていないような現象が発生したり、なかなかご理解いただくのは難しい事ですよね。

今回私もなかなか出会うことのない状況に直面し、大変勉強になりました。

ただ、上記でも述べたように、ダクト配管の亀裂、換気システム内の結露、中古住宅の売買前に手直しに入った業者さんや、職人さんは確認しなかったのか? 確認の上、施主様へ販売すべきだったのでは?きちんと対応すべきだったのでは?そこだけが引っ掛かりますよね~。

まだまだ消費者の苦労するご時勢なんでしょうか?少なからずエストのスタッフは、常に「お役立ちの精神」ですよ!!

                                            設計部   Yでした。。。

 

 

 

 

 

 

メタボリック回避計画!!

|

春ですね~。 

今日は、エストホームの「メタボ回避計画!!」の一環で、一部のスタッフであるスポーツをしに行ってまいりました。私は今シーズンからの参加で、一応かたち上、数日前からそのスポーツの練習を重ね、お腹のお肉を燃焼すべく頑張ってみました。

当社のスタッフに共通して言える「仕事馬鹿現象」。一度、のめり込むと、時間を忘れ、その仕事に没頭する。良いような、悪いような、とにかく日々「仕事」「仕事」「仕事」。仕事以外で体を動かすことの少ないエストスタッフ。 聞こえは格好良く思えるかもしれませんが、やはり適度な運動は必要ですよね?このブログをご覧になっている方の中にも、ウォーキング ランニング ヨガ 水泳 などなど、生活習慣病回避の為に、健康に注意をしている方が多いのではないでしょうか? 私も今日初めてこのスポーツをしましたが、楽しかったです。何か、ちょっと大人の仲間入りって感じっすかね~!!

札幌市内から約30分の平原。 寒かったけど、空気はきれいで、私みたいに運動不足な人間には全てが新鮮で、良い時間を過ごせました。 このスポーツに際し、私に指導して下さった諸先輩、引き続きのご指導宜しくお願いいたします。

さて、ここで問題です。 このスポーツとは一体なんでしょうか?

答えは、次週の私のブログにて・・・。                       設計部 Yでした。。。

長かった冬も終わり、ここ札幌もすっかり春らしくなりました。

この時期になると、我々のような札幌の建築業者は、冬眠から目覚めたかのように現場の動きが活発となります。特に冬期間施工できなかった外部の工事が多く、あちらこちらで足場が架かりはじめるので、その光景を見ると「いよいよ来たな!」と、私なんかは春の訪れを感じるものです。

春になって目覚めるのは、当然私たちだけではありません。

動物や植物、虫たちも動きが活発化してきます。

その中で、私たちが時折ご相談を受けるのが、「蟻の発生」についてです。

毎年4月から6月くらいにかけてが多いような気がしますが、「室内に大量の蟻が発生したので、ちょっと点検してほしい」と、ご連絡をいただくことがあります。

皆様そうですが、蟻が大量発生すると「柱が蟻に喰われているんじゃないか!?」、「このままでは家が傾くのではないか!?」‥などと、心配になってしまうそうです。

 

また、こういったケースで、

「シロアリではなかったから、大丈夫でしょ?」 

と、質問されることがよくあります。

 

ところで、皆様は「シロアリ」を見たことがあるでしょうか?

私はこの業界に入り十数年になりますが、一度も見たことがありません。

「北海道では、寒すぎて越冬できないからいないよ」と、以前聞いたことがありますが、実際はどうなのでしょうか?

 

日本では18種類のシロアリが知られており、そのうち5種類が建物に被害を与えるそうです。

その中でも、「ヤマトシロアリ」という種類のシロアリが日本で最も広く分布しており、北海道北部を除く全土に生息しているとのことなので、ここ札幌でも実際には出てもおかしくはないようです。

ただし、「シロアリ」は光に弱いため、柱や土台などの木材を食い荒らす際には、木材の内部だけを表面ぎりぎりまで食べ、外には出て行きません。

また、移動する際にも、蟻道(ぎどう)という土やフンなどで作ったトンネルの中を通るという徹底ぶりですので、人目に出ることはほとんど無いようです。

ということからもしかすると

「どこにでも存在はするけれど、見たことが無いだけ」

なのかも知れません。

 

とは言いましても、私も仕事上、腐った土台や柱を数多く見てきましたが、その中に「シロアリ」がいた事や、いた形跡を見たことは一度もありませんし、仲間から聞いたこともありません。

いろいろとうんちくを申し上げてしまいましたが、ここ札幌においては、

「シロアリの心配は、ほとんど無いでしょう!」

と、いうのが私の見解です。

 

話は変わりますが、「シロアリ」は単に「白い蟻」のイメージをお持ちの方が多いと思いますが、実は蟻の仲間ではありません。私も始めて聞いたときはちょっと驚きました。

「蟻」は「ハチ」の仲間だそうですが‥

 

ちょっと長くなりそうなので、また来週「蟻」についてお話ししたいと思います(笑)

 

<k.sugano>

 

がんばれ! 建築士受験生!!

|

こんばんわ。 今日は、当社事務所の移転に伴い、建設業の許可証の住所変更と、2級建築士事務所の住所変更の手続きに行ってまいりました。

建設業の変更届けは、石狩支庁(道庁別館)。 また、建築士事務所の変更手続きは、大通りの建築士事務所協会です。 建築士事務所協会の隣に建築士会があり、そこで2級建築士の受験申込の願書が配布されていました。

私も数年前に願書を取りに行き、受験の申込をし、幾度かTRYしたのを懐く思いました。今年度は、全国でいったい何名の方が受験し、その厳しい倍率の中で、努力の報われた人が新たに建築士として新しい道を切り開くのでしょうか? もしかしたら、当社スタッフも受験し、この業界の将来を担う存在になるのかもしれませんし、こればかりはわかりませんよね~?

一次試験の科目も、二次試験での筆記の作図も、年々難易度を増している資格試験。資格を重要視する方、しない方、人それぞれ考え方は違いますが、運転免許証以外の国家資格は数多くありますよね~。 建築では構造1級建築士、設備1級建築士、1級建築士、2級建築士、木造建築士、施工管理技術者、技術者など、不動産に通ずる宅地建物取引主任者、銀行ローンなどに通ずるファイナンシャルプランナー、土地建物の登記などの司法書士、私共の業界でも国家資格はたくさんあります。

私も数年前、『この業界で、これから先、一生やっていくからには、この資格は持っていて損はない』と、覚悟をきめ受験に臨みました。 資格取得のために通学する方もおりますが、独学の方もおりますよね? とにかく、どんな国家試験も甘い考えで合格できる試験ではないことは事実です。実践に役にたつとか、たたないとかは別として、挑戦する気持ち合格しようと努力すること、まずはそういう気持ちが大切だと思います。

仕事も資格取得も何事も『頑張る!』という気持ちから始まると思います。当社で、今年受験するやら、しないやらというスタッフ~~~ 受けるからには、合格する気で受けて下さい。

いつも真剣に取組んでいる仕事のように、受験勉強も真剣勝負で。  『君に幸あれ!』

                                         設計部 Yでした。。。

 

皆さんは、今年の7月から札幌市でもゴミが一部有料化になる事は、ご存知の事と思いますが、先日、当社の近所にてこんな光景を目にしました。

収集されたはずのゴミステーションに残されたゴミ達です。私共の会社近隣は、火曜日と金曜日に燃えるゴミ、木曜日にプラスチックやビン・缶・ペットボトルの収集になっておりますが、燃えるゴミの日だったにも関わらず、ペットボトルなどのゴミがおいてありました。同じ町内の方なのか、それとも、通りすがりに捨てられたものなのかはわかりませんが、あまり気分の良いものではありませんよね。 

私も以前住んでいた地区では、ゴミステーションの片付けを一世帯で一週間ごとに交代で行うルールがあり、当然私にも当番の週がまわってきていました。 ある日、仕事帰りにステーションの片付けに行くと朝捨てたはずの我が家のゴミ袋だけが残されていました。 気をつけているつもりでも、ペットボトルの表面の紙をはがし忘れ、プラスチックゴミの方へ分け忘れてしまったのです。 たまたま、その時は我が家のゴミでしたので、恥ずかしながら即持ち帰りました。 何ヶ月か後、また私の当番の日になった時の事、ステーションに残されていたのは、コンビニの袋が3つほど。中身は、シャンプーボトルや生ごみ、弁当の食べカスでした。近所の中で決められたルールですので、きちんと持ち帰りましたが、その日の晩は分別のしなおしに一時間近くの時間を要し、入り混じったゴミのニオイで気分が悪くなったことを思い出します。 

今思えばもっと以前は、もしかしたら私も分別せずにゴミを捨てていた人間だったかもしれません。 ペットボトルの紙をはがし忘れたために、ご近所のどなたかが、私のゴミを分別して下さっていたかと考えると、申し訳なく思います。 人のゴミを分ける気分の悪さを知ったことで、少なくとも我が家のゴミは分別成績100%を継続中です。 これからも、我が家では小さな小さなエコと思って継続して行きます。みなさんも、『分別でエコ』を、心がけてみてください。小さな力でも、10人でも100人でも、輪が広がれば、大きなエコにつながります。目の前にある小さなエコから実践してみてくださいね。

                                                設計部 Yでした。

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28