スタッフブログの最近のブログ記事

水抜栓から。。。

|
おはようございます。 

 先日の出来事。 

 いつ伺ってもずっと不在だったお客さまより、突然の電話が。 

そうとう慌てた様子だったのですが、よくよく話を伺うと、急きょ転勤になりしばらく家を空けていたとのこと。  

今回の問合せ内容は、久しく家を空けていた為、帰宅時にトイレの水抜栓をあけると、シューシューと音がする。 

気持ち悪い現象の為、念の為、トイレの下にある地下車庫に確認に行くと。。。 

▽こんな現象に


mizunuki.jpg























車庫の土間の上に、水抜栓の根元から左右に水が吹き出てました。

原因は水抜栓の根元にあるパッキンの老朽化によるものです。 

水抜栓を閉めたままではこの現象はおこりにくいため、地方に転勤している最中には目につかなかないのは当たり前です。

来週引越でこちらに戻るようですので、戻られた後にパッキン交換を行います。

築20年前後から、水抜栓パッキン交換は多く発生する傾向にあります。 

順番としては① 庭への水まき用の散水栓の水抜栓

    ② トイレの水抜栓  ③ 脱衣室や台所の水抜栓  の順になっているように感じます。

ボイラー交換や配管入替などの際に、ついでに水抜栓のパッキン交換をすませておくことをおススメします。



                                   Yでした。。。

手稲区役所内食堂でビックリ

|
先日所用で手稲区役所に行って来ました。

用が済んだのが11:30くらいでまだお腹も空いていなかったのですが、移動が面倒だったので区役所内にある食堂でちょっと早めの昼食をとることにしました。

メニューを見てみると一番に目を惹いたのが「メガザンタレ定食」。

メニュー.JPG























「メガ」というだけあって単純に量が多いと予想されるが、「ザンタレ」と比べると50円しか差が無い。
それでもワンコインで済んでしまうのでここは迷わず「メガ」の食券を購入。

厨房前のカウンターにトレーと食券を出すと、おかわりが自由だというごはんとお味噌汁、そしてお待ちかねのザンタレが乗せれました。

「ん?なんか多くないか」

と思いつつ席に着き改めて見てみるとやはり多い!

ザンタレ.JPG























写真ではわかり難いですが、ザンギの数12個。しかも幼稚園児のこぶしくらいの大粒ばかり。

ホントに「メガ」でした。

なんとか完食できたものの夕食時にお腹が空かず、腹持ちが良すぎて困りました。
おかわり自由なごはんと味噌汁‥食べ盛りの中高生ならおかわりできるのだろうか‥

味付けは醤油ベースのタレで、から揚げではなくいかにもザンギという感じで、おいしかったですね。

みなさんもすっごくお腹が空いている時に一度食べに行ってみてください




こんにちは。


お客さまよりSOSがあり、現地に行ってきました。

▽到着すると、

ten out.jpg



ten.jpg


△という、状況でした。

二階建ての住居なのですが、普段の寝泊りは一階の寝室の為、二階の部屋には行くこともなく、久しぶりに二階の部屋をのぞくとこんな感じだったとの事です。

原因はスガ漏れです。


今年は、雪の量も12.1月は多かったものの、昼夜の気温差が大きく、屋根の上の氷の厚みは15cm位になってました。

火災保険等も一部適用になり、無事復旧作業は終えてますが、まだまだ三月上旬です。 スガ漏れはこの時期に起こる場合もありますので、皆様、普段使用していない部屋がありましたら、寝る前だけでもいいので、確認お願いします。

                                   Yでした。。。

期間限定!! この機会に是非!!

|

こんにちは。

各ご町内の排雪も徐々にすすみ、道路幅も広がり、雪の量も徐々に減り、だんだん春の気配がチラホラと見え隠れしてきましたね。

さて、エストホームでは下記のように『売却物件』を募集中です。

urikai.jpg

不要な土地がある方、自宅を売却したい方、ご家族が所有するお家が空家になっているなど
様々な理由で、売却をご検討中の方がいらっしゃいましたら、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

あと数日もすると、3月です。

建築業界も雪の期間は出来る工種が限られてましたが、徐々ににぎやかになってきます。

風邪などひかぬよう、留意してお過ごしください。            Yでした。。。


行ってきました。。。

|

本年もよろしくお願いします。

お正月休みも1/9まででしたので、昨年のからだの疲れをねぎらう意味で、温泉休息も

兼ねて登別に行ってきました。

マリンパークニクス、伊達時代村、温泉街、クマ牧場、登別といえばという有名スポットには

足を運んでいたつもりだったのですが、よくよく考えると、登別には行ったことがあっても、

実は『地獄谷』を見たのは人生初でした。


jigoku1.JPG


お正月休みの期間だったためか、アジア系の方が旅行で来ており、各国の様々な言語が飛び交う中、

さまざまな湯煙の立ち上る地獄谷を散策してきました。 道内でも雪の比較的少ないと言われる

登別といえど、小高い丘を登る為、足元は非常に不安定で、滑る滑る。 とはいえ、

硫黄のにおいかおる中、湯煙絶景を見てきました。


jigoku2.JPG


心身ともに労をねぎらい、年始からも 『 頑張るぞ 』 という気持ちになれる、

そんな年末年始のお休みでした。


今月は雪が少ないためか、『 配管凍結 』 や、 『 スガモリ 』 といったお電話をいただく

機会が多いように感じます。

今一度、おうちのヒーターの通電忘れが無いかなどを、ご確認いただきたくお願い申し上げます。

何か心配事がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。


                                   Yでした。。。

ランニングコスト0の雪庇止め

|

 明日から8月がスタートし、夏真っ盛りの北海道ですが、あっという間にお盆が終わり、すぐに秋風が吹き始めて、やがて厄介な雪の季節がまた到来する・・・・冬特有の悩みとして、軒先の雪庇で悩んでいる方は少なくないのでは?(少し気が早いようですが・・・)

 毎年屋根に上って危険を承知で雪庇を落としている方は必見です。今回施工させて頂いた「スノーガード」は本体が風で僅かに揺れることで、雪庇の発生を防ぐという仕組み。電気を利用し融雪する仕組みではないので、電気代などのランニングコストはゼロ。メーカーとしてはすでに15年以上の実績があります。

 「スノーガード」が雪庇を防ぐ仕組みは、高さ80センチの振動板がポイントであり、雪庇そのものの発生を板の高さで抑えるところにあります。また、雪庇止め自体に雪が張り付くのを如何にして防止するかという問題を「スノーガード」は、風によって振動板を微妙に揺らすことで、雪の付着を防止し、問題を解消することで、効果を発揮できるところにあります。

少し早いようですが、冬の雪対策にいかがでしょうか?

スノーガード②.JPG


 

スノーガード①.JPG

|
先日、家のベランダから久し振りに虹を見たので思わず一枚。
虹といえば小学校の時に理科の先生に虹の配色は7色と教わり、皆さんも虹の絵を描くときも「赤、橙、黄、緑、青、藍、紫」の順に描いていたのではないでしょうか。
 実はこの虹の色の配色は科学的に連続した色の変化でキッチリと区別することは出来ないって知っていましたか?私は高校の時にこの事実を知って少なからず衝撃を受けたのを覚えています。

虹
世界の中には虹色は5色だったり、6色だったり、3色だったりと国や地域、はては時代によって様々な虹色の数の考え方が存在しているそうです。日本の場合は学校教育に7色として取り入れられ広まったそうですが、日本人は色彩認識力が高く細かな色の違いも判断できる為、色数の多い虹色を受け入れているとの事です。

 弊社にも色彩感覚に優れたコーディネーターが内装コーディネートをさせて頂いております!
新築、リフォームのご相談は是非当社まで!

マイナス金利で得する事は?

|

 最近よく耳にする「マイナス金利」とい言葉。

日銀が導入したそのマイナス金利政策の影響で、各金融機関の住宅ローン金利が過去最低水準にまで大きく下がっています。

これを受けて、住宅ローン借り換えの申込件数が急増しているとか。借り入れ金額にもよりますが、数年前に借りた人でも総支払額が数百万円単位で下がることもあって、今がチャンスと動いている人が多いようです。

 そんな中、金融機関側からも低金利をうたった借り換えプランの提案が最近は特に目立つのも事実です。

 実際、私も「全期間固定金利は借り換えのチャンス」だと思います。この局面で借り換えメリットが大きいのは、全期間固定金利型で借りている人で、例えば10年前に住宅支援機構の「フラット35」で全期間固定金利を利用した人の金利は2.87(20065)ですが、ある銀行の住宅ローン金利は現在、全期間固定でも1.6%→2.25%と残年数によっては金利メリットが出る話しとなります。
 

 残年数10年以上、残高1,000万円以上、金利差1%以上で借換えメリットあり。この機会に家計の見直しを考えてみては如何でしょうか?

お家の外廻りの点検を

|
 4月も中旬にさしかかり、すっかり雪も解け、だんだん春めいてきました。
毎年この時期になると、外部廻りのお問合せが多くなるものです。
 特に多いのは積雪による雪害。長い雪の時期を乗り越え、その雪により建物廻りが破損している
ケースです。落雪による、外壁の破損や、屋根の積雪によるカーポートや物置の破損等、色々と悪影響を受ける事も少なくありません。
 全てでは有りませんが、こういった「雪害」については、ご加入されている火災保険が適応となり保険で修理することが可能な場合があることをご存知でしょうか?
火災保険と言えばどうしても「火事」のイメージが強いので、こういった雪害や水害、風害なども対象となっていることをご存じない方がほとんどです。


IMG_1219.JPGのサムネール画像
       
IMG_1217.JPG
          ▲物置に積もった雪の重みで物置が潰れかかったケース

      

写真はあくまでも一例です。状況やご契約内容にもより保険対象とならないケースもありますが、一度ご契約内容を確認されてみてはいかがでしょうか?

実際に破損個所がある、保険の内容がよくわからない方は当社スタッフまでお気軽にご相談ください。

 3/19(土)から3/21(月)にかけての3連休に弊社では先週に引き続き新築完成見学会を開催させて頂きました。

3連休という事もあり、多くのご来場とともに、忌憚のないご意見も多く頂戴する事ができました。

 今回は「ペットにやさしい家づくり」をコンセプトに ①リビングからつながる20帖のドッグラン ②玄関内にペット専用のシャワー室 が見どころポイントとなる住宅でご来場頂いたお客様の中で現在ペットを飼われているという方も多く、近年のペット人気を垣間見る事ができたイベントでもありました。

 
IMG_0319.JPG
                ▲20帖サイズのドッグラン




  
IMG_0320.JPG
               ▲ペット専用のシャワー室



お客様から頂いた貴重なご意見は、弊社の今後の家づくりに役立てて行きたいと思っております。
ご来場有難うございました。



株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

月別 アーカイブ

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31