2013年5月アーカイブ

文化の違い!

|
こんばんわ。

今週は以前少しだけご紹介していましたが、トルコ旅行での事をいくつかご紹介したいと思います。
トルコに行って思ったことは、やはり文化が全然違うんだなと思いました。
日本の木造建築と違い、石造りの建物が非常に多かったのを記憶しています。

年代を追ってご紹介していきます。
1.jpg
こちらは遺跡見学の際に撮影したものですが、やはり石を積み上げて建物が作られています。
22.jpg
こちらは巨大な岩山に洞窟を掘って住居にしてました。
33.jpg
こちらはイスラム教のお祈りをする為の建物で、モスクと呼ばれています。
やはり全て石で作られています。
44.jpg
内部はこのようにとても高い天井になっていて、ほとんど間仕切りが無く、
とても広い空間になっています。
ものすごい技術です。

このようにヨーロッパの文化が色濃くあり、石で作られた歴史的建造物が非常に多く
残されていました。日本の木造建築の技術もすごいですが、西洋のこのような
技術には非常に驚かされました。

55.jpg
現在ではコンクリートを使ったビル等が建てられ始め、ほとんど日本と変わらないような
手法で立てられ始めていますが、昔ながらの良い工法は、
いつまでも残していきたいですね。

新しいものばかりではなく、古いものにも目を向け、優れた技術を
次の世代に残していくのが、私達建築にたずさわる者の使命だと思います。

さて今週はここまでです。
また次回お会いしましょう。
ではでは・・・・
                                             工事課       阿部

最近のお問い合わせ・・・

|

おはようございます。

ここ数日間、次のようなお電話をよく頂戴します。

①雪が溶けてみたら、こんなになってました。

②雪がなくなったから、電話したんだけど・・・。

 

①②共、現地を拝見しました。

①の電話の現場 ↓ 

建物の裏で、折れた煙突が、雪の積もったところに落ちており、使っていない煙突だった為に気がつかなかったようです。 間近で見ると、もっとリアルですよ。 

 

enntotu.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②の電話の現場 ↓ 

雪止めフェンスの根元です。 

雪の影響でフェンスが引っ張られ、基礎に締結している金物が折れてました。

 

yukitome.jpg    

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんのお住まいは大丈夫ですか? 

このブログをご覧の皆様にお願いです。 家の裏はなかなか目が行き届きにくい場所ですが、ぜひ一度見てみて下さい。 気がつかなかった事が発見できるかもしれませんよ。

 

                                               設計部 Yでした。。。

新築工事完成お披露目

|
屯田で施工中だった新築工事ですが、先日無事お引渡しさせていただきました。

工事課からも完成の様子をご紹介させていただきましたが、この度はお披露目会を開催しませんでしたので、担当の私からも改めて写真でのお披露目をさせていただきます。

外観は黒いガルバリウムサイディングを主体と落ち着いた感じで仕上がりました。

T外観1.JPG






























右側に見える大小のシャッターは車用とバイク用。バイク置き場と繋がった大容量のビルトインガレージは我々男子にとっては憧れの空間ですね!
中の様子は改めてご紹介します。


リビングには4.5畳の吹抜けがあり日中は、明るい日差しが降りそそぐさわやか空間。

T吹抜1.JPG






























夜は間接照明とスポットライトがムーディーな雰囲気を演出してくれます。
※ここには壁掛けのテレビが設置されます。

T吹抜3.JPG






























家族の共有スペースの2Fホールには本棚を設置し、本や趣味のマンガを収納できるスペースを設けました。

T本棚1.JPG






























2Fトイレのクロスはインパクトのある色使いで仕上げました。
家族しか使用しないトイレなのでちょっと派手にしてみましたが、仕上がってみるとそれほど派手には感じず居心地が良さそうでなかなか良かったですね。

TWC1.JPG






























私だったら、このトイレの前にあるホールの本棚からマンガを持って入り長居してしまいそうです‥

とまあ今回はここまで。

また次回をお楽しみに!

by.sugano


ESTHOME 新築工事 tonden 完成

|
こんばんわ。

今回はいよいよ完成のお披露目です。
約4ヶ月間にわたる工事が完了しました。

早速ご紹介していきます。
まずは玄関から、
tana040.jpg
大容量の玄関収納です。
扉が一枚、鏡になっていますので、お出かけの際の身だしなみチェックが容易に出来ちゃいます。

tana041.jpg
次はキッチンです。
背面に大容量の収納があり、使い勝手が良さそうです。
料理をするのが楽しくなりそうです。

tana042.jpg
リビングには壁掛けTVを取り付ける、インパクト大のポイント壁。
こだわりぬいたデザインで、TVを取り付けるのが楽しみです。

tana043.jpg
UBは白黒のモダンなデザインです。
疲れた体を癒してくれる、快適な空間になっています。

tana044.jpg
和モダンな和室です。
客間にもなり、普段はお子様を遊ばせるのに、最適です。

tana045.jpg
リビングから続く階段の横にはTEL台カウンター。
全ての空間がリビングを解しているので、家族の絆は一層に深まりそうです。

tana046.jpg
階段を登ると、吹抜けが現れます。
デザインされた腰壁が、いい雰囲気をかもし出します。

tana047.jpg
吹抜けから見下ろすと、リビングに繋がり、1階と2階の繋がりもバッチリ。
いつでも声を掛け合える空間の繋がりになっています。

さて、もっともっとご紹介したいですが、今回はここまでです。
次回はもっとわかり易いご報告が出来るように勉強して行きます。

それではまたお会いしましょう。
ではでは・・・・・
                                 工事課    阿部


エスト通信って。。。

|

こんばんわ。

 

いつも弊社のホームページをご覧いただきありがとうございます。徐々に気温も上がり、やっと桜の季節となりましたね。

お陰様をもちまして、弊社スタッフも充実した日々を過ごさせて頂いております。ありがとうございます。

 

さて、エストホームでは新築をご検討の方に2か月に一度、下記のような資料を無料で配布致しております。

 

今月は5/15版の「エスト通信 5月号」を特別に、掲載いたします。

ご興味のある方、ぜひ、お問い合わせくださいませ。      

      es.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                          

 

                                                 設計部 Yでした。

住宅ローンの借換えを考える。

|

 住宅ローンの金利は、ここ数年変わらず低水準のまま経過し、市中金利もあまり変わっていない中で、特に住宅ローンの見直しは特に意識せずにいた方が殆どではないでしょうか?

 また、既に借換えをし、固定金利の特約期間の終了に気付かずに、変動金利に切り替わっている方もいるではないでしょうか?そんな中で、都市銀行を中心に今月5月から「固定型」の住宅ローン金利が上昇しています。日銀の金融緩和の影響で云々言われていますが、兎に角長期金利に連動する固定型の住宅ローン金利が上がっているのです。

 将来的な金利推移などは、私などには皆目見当などつくわけはないのですが、最近では将来の金利上昇を警戒して、早めに固定金利を選択する人が増えているそうです。

 そこで住宅ローンの借換えなのですが、以前は

①金利差1%以上  ②残期間 10年以上 ③残高1,000万円以上あれば、借換え効果がある、と言われていましたが、それ昔の住宅金融公庫等の固定金利で借り入れしている人が殆どだった時代のことで、現在のように様々な金利タイプの登場でメリットの有無については一概に言えない時代になってきているようですねー。また、金利タイプが多種多様になっていることから、借換えの目的も以前とは変わってきました。

                 〇総返済額を減らしたい。

                 〇金利の上昇リスクを少なくしたい。

                 〇単純に現在の返済額を減らしたい。

勿論、全部の目的が叶うことが一番ですが、中には現在の返済額を下げたために、結果として総返済額が増えてしまうこともありますのでよく吟味したいとこですね。

いずれにしても、上記①②③に当てはまる場合は試算する価値があるので、是非この機会にもう一度、返済予定表なりを見直す良い機会ではないでしょうか。

 

img-512200622-0001.jpg

残期間10年前後の方には、こんな商品も登場してます!

ESTHOME 新築工事 tonden vol.6

|
こんばんわ。

長らく間があいてしまい申し訳ありません。
今回は完成間直の状況まで一気にご紹介したいと思います。

まずはこちら、
tana032.jpg
外壁工事が完了しました。
黒とベージュの貼り分けがポイントの落ち着いた雰囲気のある出来上がりです。

tana033.jpg
内部も大工さんの作業が随時進められていきました。
壁・天井が出来上がり、
tana034.jpg
階段や建具など大工さんの作業が全て完了しました。

tana035.jpg
大工さんの作業が完了すると、次はクロス屋さんが下地作りを開始します。
石膏ボードの継目等をパテにて平らに処理していきます。
何度も何度もパテ処理を行い平らな下地を作っていきます。

tana036.jpg
天井/壁全面のパテ処理が完了です。
いよいよクロス工事です。
tana037.jpg
クロスを貼ると一気に部屋の雰囲気が変化します。
もっとたくさんお見せしたですが、完成状況は来週まとめてご報告いたします。

tana038.jpg
クロス工事の後は暖房機器や洗面台等の住設機器の取り付けを行います。
これでほぼ全ての作業が完了です。

いよいよ来週は完成状況をご報告いたします。
最終的な美装が行われ、きれいにされた状況で、
どのような出来上がりになったのかをお楽しみにしていてください。

ではまた来週お会いしましょう。


                                   工事課    阿部

ゴールデンウィークも終わり今日からお仕事という方が大半だと思いますが、みなさまどうお過ごしでしたでしょうか?

しかしまあ、こんなに寒くて天気の悪い日が続いたのも珍しいですね。

そんな中私はと言いますと、家族で函館に行って来ました。

日中の渋滞を避ける為に夜のうちに出発する予定ではおりましたが、前日の仕事がたて込んでしまい家族を叩き起こして出発したのが5/3のAM2:30。

さすがに途中眠気に襲われ1時間ほど仮眠を取り、途中みぞれ混じりの雨模様の中車を走らせ無事函館に到着。

数時間前に到着していた友人の2家族と合流し、まずは函館朝一で朝食を取りました。


hako1.jpg
















その後、五稜郭公園へ行き3年ほど前に復元されたという「箱舘奉行所」を見学。


hako2.jpg
















建築様式も詳しく説明があり、仕事柄参考になる部分も多々ありました。
久し振りの社会科見学と言った感じで面白かったですね。

昼食に、ご当地B級グルメで有名な「ラッキーピエロ」でハンバーガーを食べよう!ということになりましたが、どこも混んでいて4店舗ほど廻ってやっと入る事が出来ました。

hako3.jpg
















一番人気だというチャイニーズチキンバーガーはボリュームがありちょっと食べ難いけど確かにおいしかったです。

昼食後は湯の川で足湯に浸りひと休み。

hako4.jpg
















ちょっと体が温まったところで一転、飛ばされそうなくらいひどい風が吹き荒れる「立待岬」へ


hako5.JPG














そこからほど近い「函館公園」へも行きました。


hako6.JPG




















ここにはちょっとした動物園があったり、遊園地があったり、資料館や噴水があったりと、年期の入ったミニテーマパークと言った感じでした。

写真の小さな観覧車には「日本最古の観覧車」と大きく書かれておりましたが、他にも懐かしさの残るレトロな乗り物がたくさんあって、ローカルな感じの雰囲気がとても良かったです。

一部花見客らしき集団もいて「U型テレビ」の取材を受けていましたが、桜は全く咲いておらず他には誰もいませんでした。例年だとここも花見客で賑わっているのでしょうか。

桜は楽しむことは出来ませんでしたが、お祭りなのか花見に合わせてだったのか出店が多く出ていましたので、定番のリンゴ飴やチョコバナナなど子供たちは頬張り満足気でした。

その後は金森倉庫でお買い物。

hako7.JPG














最後の〆に函館山の夜景を見て札幌に帰りました。

hako8.JPG















今回は宿を取らずに車中で仮眠を取りながらの旅行でしたので、さすがに辛いものがありましたが、ノープランで気の向くまま行動した割にはとても楽しく充実した旅行となりました。
けど、GW中でどこも混み合う中、これだけ観光できたのは狭いエリアの中に観光スポットが多く混在するThe観光地函館だからこそですね。
まだ廻りきれていないスポットもありますので、今度行くときはしっかり宿を取ってゆっくり観光したいと思います。

by.sugano


株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28