2013年2月アーカイブ

ESTHOME 新築工事 tonden vol.3

|
こんばんわ。

さて今回は基礎工事の続きです。
前回は鉄筋の組立まで完成していましたので、
ベースコンクリートの状況からご覧下さい。
tana009.jpg
きれいなベースコンクリートが出来上がりました。
続いてこの上に立上り部分の型枠を組み立てていくのですが、
ベースがきれいでなければ、きれいな基礎は出来上がりません。
全ての作業を慎重に進めていきます。

tana010.jpg
立ち上がりの型枠を組み立てていきます。
家の土台が乗っかる場所ですので、少しのズレもゆるされません。
細かく寸法を測りながら作業を進めます。

tana011.jpg
いよいよ立上り部分のコンクリートの流し込み作業です。
ポンプ車とアジテーターで型枠内までコンクリートを運び込みます。

tana012.jpg

ポンプ車のブームの先端にあるホースからコンクリートを型枠の中に流し込み、
流し込んだコンクリートを振動機で空気を抜きながら型枠内部に充填していきます。
空気が入っているとコンクリートの強度の低下に繋がるので、しっかりと振動をかけていきます。
こうしてコンクリート流し込み作業を進めました。
これから数日間採暖を行いながら養生を行い、コンクリートが硬化し、
強度が発生するのを待ちます。

tana013.jpg
ある程度硬化し、強度が発生すると型枠解体作業を行います。
頑丈に組み立てた型枠なので、硬いするのも時間がかかります。

tana014.jpg
型枠の解体が完了し、立上り部分が完成しました。
非常にきれいで、精度の良い基礎が完成しました。
この後は配水管を配管した後に埋め戻しを行い、大詰めの土間コンクリートの
流し込み作業に移りますが、現在はここまでの状況です。

次回はいよいよ基礎工事が完了しますので、お見逃し無く。
ではまた次回お会いしましょう。
ではでは・・・・・
                                 工事課     A


先日の2/9からの3連休に、北区屯田で完成お披露目会を開催致しましたのでご報告致します。


前日の猛吹雪で一時はどうなることかと心配でしたが、天候も回復し、ご近所のみなさま含めたくさんの方々に足を運んでいただきました。
みなさま吹抜けの開放感や明るい日差しの差し込み、収納の多さに感心され、延べ床面積は34坪ほどでコンパクトな間取りでしたが、もっと大きく感じられているご様子でした
ご見学に来られなかった方の為に、室内の様子を一部ですがご紹介させていただきます。

まずこれが真南にあるリビングの吹抜けです。

fu.JPG

吹抜け部の面積は4畳ほどでFIXの採光窓を2ヵ所配置しましたが、とても明るく暖かい日差しが心地良く感じられました。

リビング横には4.5畳の和室が隣接されており、こちらも南に面しているのでリビング同様明るく、収納も充実しているので、小さいお子様の遊び場や、客間として大いに活用できることと思います。

ja.JPG



























キッチンには食器棚は設置せず、食器棚兼パントリーとなる収納を設けました。


pan.JPG






























戸を閉めてしまえば生活感が無くなりますのでとてもスッキリした印象となります。
また3枚引戸を採用したので、開閉に場所を取らず、開口も広いので使い勝手が良いと思います。

洗面脱衣室には、洗面台の向かい側にあるパイプスペース横の空間を利用し棚を設けました。

ut.JPG






























こういった棚があると洗剤やタオル、家族の下着や家着も収納できるので重宝すると思います。
棚は可動式なので、棚の位置を高めに設定すれば下部には脱衣かごなどを置く事も可能です。

収納といえばシューズクロークも好評でした。

SCL.JPG































このシューズクロークから家族はホールに上がることが出来ますので、玄関側には靴が散らかっている事が無く、急なお客様でも安心出来ます。
またベビーカーなどをサッと収納できるのも良いですね。



いかがでしたでしょうか?
まだまだご紹介したい箇所はありますが、恥ずかしながら私達の撮影技術と文章力ではお伝えしきれない部分が多々ありますのでやっぱり見に来ていただくのが一番ですね。

2月はこちらの現場で終了ですが、3月、4月、5月と毎月完成お披露目会を予定しておりますので、今回見に来られなかった方も次回は是非ご見学にいらしてください。

お待ちしております。

by.sugano





 消費税の増税が差し迫る中、それと同時に住宅ローン控除の拡充も抱き合わせで施行されます。

税金も上がるが、住宅ローン控除額も増えるという話しなんですが・・・気になるのは、果たして住宅ローンを利用して住宅を購入するとしたら、増税前と後のどちらが得なのか?という事が一番気になる点ではないでしょうか?

 先日の1月29日に開いた臨時閣議で、平成25年度税制大綱が正式に閣議決定されました。今回の税制改正のうち、住宅ローン控除に関するものは・・・・・・

①住宅ローン減税を2014.1.1~2017.12.31まで4年間延長する。

②そのうち2014.4.1~2017.12.31までに住宅ローンを利用して住宅を取得した場合には現行の控除額200万円から400万円まで拡充する。(控除期間10年・一般の住宅)

となるようです。

 そこで、増税前に建てるべきか、控除額の拡充を待つべきか、以下に一般事例をもとに試算してみました。

 あくまでも、数値は目安ですが結論としては、平均所得層の方が、一般的な住宅を購入する場合は所得税の控除額よりも、消費税の増税額の方が大きく「税率アップ前に購入した方が良い」という結論でした。迷っている方は早めのご決断を!

2013年度与野党税制改正大綱より-4.jpg                                                                                                             

モデルハウス 見学会

|

こんばんは。

以前からご案内いたしております、モデルハウスですが、今週末もオープンハウスとして公開いたします。

 

ご興味のある方、将来の参考にしたい方、お気軽にお越しください。

ibento02161.jpg

 

また、同時開催で、『マンションリフォーム相談会』も開催します。

機器の交換、プチリフォームを検討中、そんな皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

ibento02162.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        設計部Yでした。。。

ESTHOME 新築工事 tonden vol.2

|
こんばんわ。

今年は雪が多くて本当に大変ですね。
2月は雪が多い時期ですが、1月にあれだけ降ったので、正直もう勘弁してほしいです・・・
雪祭りの季節です。
真冬ももう少し、元気を出して頑張りましょう。

では前回に続き、基礎工事の進捗状況をご報告いたします。
前回は杭打ち作業が完了したところまででした。
その後に行うのは掘削作業です。
tana005.jpg
重機を使って掘り進めていきます。
冬ですので、土が凍ってしまっているので、他の時期よりも大変です。
少しずつ正確に掘り進めていきます。

tana006.jpg
掘削が完了すると鉄筋を組み立てていくのですが、
冬ですので雪対策の為に雪囲いを建て、その中で作業が進められます。
雪囲いは雪の侵入を防ぐだけでなく、コンクリートを流し込んだ後に、
ジェットヒーターなどで暖めた空気を逃がさない為に必要不可欠なものです。
コンクリートが硬化し必要な強度を出すには、ある程度の気温が必要です。
冬に基礎工事を行う際に、雪囲いを建てるのはその為です。

tana007.jpg
さて鉄筋を組み立てていくのですが、
鉄筋は基礎の骨になる重要な部分ですので、
鉄筋同士の間隔を正確に測りながら組み立てていきます。

tana008.jpg
この写真は基礎を貫通する配管を通す穴を先行して取り付けている状況です。
基礎を貫通するということは、基礎に穴が開くということですので、
そのままだと強度が低下してしまいます。それを防ぐ為に、
穴の周りを補強してあげなければなりません。
それがこの写真に写っているものです。
穴のサイズによってそれぞれですが、こんな小さな物でも、
十二分に補強の役割を果たしてくれます。

と、現在の状況はここまでです。
鉄筋が組立られ、いよいよ1回目のコンクリートの流し込み作業が行われます。
その状況はまた次回ご報告いたします。

ではまた次回お会いしましょう。
ではでは・・・・

                                          工事課   A


「塗装工事早期申込み割引」のお知らせ

ただいま当社では、当社の顧客様、またこのホームページをご覧いただいた方限定で、塗装工事の早期申込みを受付しております。

え~1?
まだ冬真っ盛りなのになんで今?

と、思われる方も多いと思いますが、なぜ、まだ雪深いこの時期かと申しますと、

① 春までに他の申込まれたお宅とまとめて発注できるので、ご注文いただく都度バラバラと発注するよりも安くなるので、お客様にもその分お安くご提供できる。

② 4月,5月は気候も良く、足場を架ける関係上お庭に手を掛ける前に工事したいという方が多く混み合いがちですが、事前に予約ができる。

などのメリットがあるからです。


どうせ今年は考えなければと思っていた方は必見!当社通常価格よりも10%割引となります。

もちろん、現地調査の上お見積は無料でさせていただきます。

期間は2/28受付分までです。皆様お気軽にお申し付け下さい。

お問合わせ

011-764-7410


★参考

工事代金のお支払は、もちろん工事完了後となりますが分割払いのリフォームローンも利用可能です。

例)外壁、屋根塗装 通常お見積価格が700,000円だった場合
700,000円-70,000円(10%)=早期申込み価格 630,000円


当社提携リフォームローン 無担保 残債型 3.2% (25年2月現在金利)
63万円借入 10年均等(120回)(ボーナス払い無し)の場合

月々 6,141円(×119回) ※最終回のみ6,168円

※分割手数料込みのお支払総額は736.947円となります。


イベントのお知らせです。

|

 2月に入った途端、またまた雪が増えて来たと感じるようになりました。雪の時期もあと、1カ月少々、頑張って行きましょう!

 まずは、今年の第一弾!下記の内容で新築住宅の完成お披露目会を開催させて頂きます。

今回の見どころは・・・・・「収納」「動線」「広々空間」がキーワードの"家事楽で子育てに優しい"がコンセプトの住宅となります。今回のお披露目会場は弊社モデルハウスの近隣での開催となりますので、同時見学も可能となります。

 

                      記

 

開催・・・・・・2月9日(土)、10日(日)、11日(月)   AM10:00~PM5:00

場所・・・・・・札幌市北区屯田5条11丁目6

 

弊社モデルハウスも、同日オープンしていますので、是非こちらにもお立ち寄りください。

 

 

お披露目会-1.jpg                                                                   

お披露目会-2.jpg

new face君

|

おはようございます。

 

今日はエストホームのnew faceをご紹介します。

 

newface.jpg

 

 

 

 

 

 

 

一眼レフカメラ Nikon D3200 です。

 

なぜnew faceかと申しますと、今までの弊社ブログで公開していた写真は全てそれなりの画素数のデジタルカメラでしたが、デジカメではやはり広角範囲に限界がありまして・・・

 

・・・社長にお願いして買ってもらっちゃいました。 

・・・ありがとうございます。

 

完成現場の様々なSHOTを、

よりリアルにお届けするために、

D3200の活躍を、こうご期待下さいませ。

 

D3200で写した画像は、近日公開予定です。 お楽しみに!   

 

                                              設計部 Yでした。。。

 

今期も有難うございました。

|

 拝啓、晩冬の候 皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

また、平素は格別のお引き立てを賜り、誠に有り難く厚くお礼申し上げます。

 さて、この度弊社では、昨日1月31日をもちまして「第六期決算」を無事終えさせて頂いたことを報告申し上げます。

 創業以来、社員一同、一致団結し節目の「第七期」を迎えることが出来ました。これも変わらずご指導

ご鞭撻を下さいました弊社に関わる皆様のお力添えの賜物と重ねてお礼申し上げます。

 前期の総評としましては、受注させて頂いた新築工事のうち、約4割が教職員様やJR職員様といった

公務員・みなし公務員の方々という例年にない傾向が見られたということでしょうか・・・。そんな傾向

から住宅ローンの窓口も自ずと「ろうきん」さんを利用させて頂く機会も多く「ろうきん」さんにも大変お世話なった1年でしたね。(笑)

 また、リフォームに関しては、500万円~1,200万円といった大型リフォームと100万円未満のいわゆる修繕型リフォームとにはっきりと色分けされ、200万円~400万円といった中型リフォームが

殆ど無い価格帯の空洞化状態といった特色があったように思います。

 今期は節目の7年、更なる技術力、サービスの向上とともにお客様に本当に必要とされる会社となる

べく努力邁進して参りますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

                                                         敬具

 

                                 株式会社エストホーム 

                                             代表取締役 尾岸 賢二

                                                       社員一同

 

 

 

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28