2012年12月アーカイブ

今年もお世話になりました・・・

|

こんばんわ。

 

毎日降るこの雪の処理にお疲れの方も多いかと存じます。

風邪なども流行っております。 体調には十分にお気をつけの上、

お過ごしください。

 

さて、今年も一年お世話になりましてありがとうございました。

弊社の年末年始のお休みは下記の通りとなっております。

平成24年12月28日(金)~平成25年1月4日(金)

 

なお、緊急時のお客様の為に、従業員が応対できるようになっておりますので、

お困りの事がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

TEL 011-761-8410

 

来年も従業員一同、精一杯努めてまいりますので、

引き続きのご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

 

 

~~お知らせ~~

『イベント情報』にてご案内させて頂だいております『モデルハウス at will』ですが、先日に引き続き1/5(土)と1/6(日) am10時~pm5時まで、ご覧頂けるようになっております。

ご近所様お誘い合わせのうえ、ぜひ、ご来場くださいませ。 

 

                                            設計部 Yでした・・・。

 

 

 

新築工事in屯田Ⅳ

|
こんばんわ。

毎日毎日雪雪で除雪の毎日ですね。
本当に降り過ぎです・・・
除雪にお疲れでしょうが、もうすぐお正月です。
後もう少し頑張りましょう。

では今週のご報告です。
前回は天井下地を組み立てたところまででしたが、
今週はこちらからご紹介、
simi027.jpg
この写真は天井の断熱工事を行っているところです。
天井は壁や床と違い、グラスウールを細かくした物を吹き込んでいきます。
厚さは300mmと壁や床以上に厚くするのは、
暖かい空気は自然と上に登る性質があるので、そこでの熱の損失を出来る限り少なくする為です。

simi028.jpg
こちらは天井断熱が完了した状態です。
ポリシートの上にきれいに断熱材が入っています。
これによって壁・床・天井が断熱材とポリシートによってラッピングされた状態になり、
気密性・断熱性が非常に高い状態にする事ができます。

simi029.jpg
次の作業は床の仕上げ材、フローリングを貼る作業です。
仕上げ材ですので、傷をつけるわけにはいきません。
慎重に貼り進めます。貼り終わった後は即座に養生してしまうので、
実際はなかなか見ることの出来ない状態の写真です。

simi030.jpg
フローリングを貼り終えると、次は壁の石膏ボードを貼る作業に移ります。
この作業は非常に時間がかかります。
ここでの仕上がりが、クロスを貼った際の仕上がりに非常に影響を与える為、
隙間無く、きれいに貼っていかなければなりません。

simi031.jpg
窓廻りは一度加工を施さないで貼った後に、切り抜く方法を取っています。
これは石膏ボードの合わせ目が角に来ると、クロスを貼った後に亀裂が入る恐れがあるからです。
完成し、長い間きれいな状態を保つ為に、細かい工夫を取り入れています。

simi032.jpg
石膏ボードを貼り進める中で、建具の枠の取付も行っていきます。
建具も様々な種類があり、種類ごとに取り付け方法が異なります。
それぞれの特性を理解しながら、取付作業を行っていきます。

現在の内部の状況はここまでです。

最後に外部の足場解体されましたので、その状況をご紹介します。
simi033.jpg
いかがでしょう。
一見シンプルな外装ですが、玄関部分だけサイディングを貼り分けていて、
こだわりを感じるモダンな仕上がりになっています。

では今週はここまでです。
次回は来年になりますので、それまでしばしお待ち下さい。

良いお年を
                                     工事課       阿部

今、一番雪が多いのは何区?

|
今日もよく降りましたね。
まだ12月も半ばだというのにこのペースで降られると先が思いやられます‥。

ちなみにどのくらいハイペースなのか調べてみました。

中央区の札幌管区気象台を観測地点としたデータでは、12/18 今日の9時現在の積雪量162㎝なのですが、昨年が84㎝だったので昨年より倍のペースのようです。

過去30年間の平均値でいうと95㎝。平均値で162㎝というと既にに大晦日くらいの量になっているということになります。

積雪量は降った雪の累計になりますが、実際に積もっている量の積雪深では69㎝、昨年は16㎝だったので4倍以上にもなります。
ということは雪の量が多いのもありますが、降った雪が融けずに残る割合が多いということですから余計に多く感じられるのですね。雪になるのが早かったというこになるのでしょうか。

少しペースダウンして例年くらいに戻ってくれれば良いですが、この勢いは止まらなそうな感じがしてならないです。

雪の量といえば、仕事上札幌市内各区を走り廻るので、いつも同じ札幌でも区によって雪の量はずいぶん違うもんだなと感じていましたが、今年はどこも同じくらい多い様な気がしたので実際どうなのかと区別の積雪量も調べてみました。


今日現在の市内10区の積雪量の第1位は 


西区 191㎝!

2位の清田区から20cm近く引き離し、堂々のダントツトップです!
の実家は西区西野の山奥ですが、これは納得ですね。

2位以下は以下の通りです。

2位 清田区 172㎝
3位 中央区 169㎝
4位 南区  168㎝
5位 厚別区 164㎝
    東区  164㎝
7位 北区  155㎝
8位 白石区 154㎝
9位 豊平区 142㎝
10位 手稲区 141㎝

なんと、私の住んでいる手稲区が一番少ないことがわかりました。
なんとなく勝った気がするのは私だけでしょうか(笑)

白石区や豊平区は例年でも少ないですが、今年は同じくらい少ないはずの中央区が上位に喰い込んでいるのが目立ちます。
中央区にお住まいの方は特に多く感じられているのではないでしょうか。

こういったデータを見るのもおもしろいですね。

by.sugano

年末年始営業のご案内

|

    

 

  お客様各位

 

平成24年12月16日

株式会社エストホーム

社員一 

 

 

 

年末年始営業のお知らせ 

 

  

 

 拝啓 年の瀬も押し詰まり、ご多用のことと存じ上げます。

さて、誠に勝手ながら、弊社の年末年始の営業は、下記の通りとさせて頂きます。 

皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご容赦願います。

 

 今年一年ご愛顧を賜りまして大変感謝申し上げますと伴に、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

 

敬具 

 

 

  

 

   

        年内営業    平成24年12月27日(木)    PM6:00まで

 

       年始営業    平成25年1月7日(月)      AM8:00より 

 

 

以上

 

 

                                   


こんばんわ。

先日に引き続き、新琴似で販売中のモデルハウス『at will (アットウィル)』ですが、今週と来週の2週にわたりオープンハウスを開催致します。

玄関前のおおきな門構えから始まり、大きなエントランス、広々20帖のLDKと見所満載。

家事動線を考慮し、『ママがハッピーになれる家』となっており、好評をいただいております。

土地代込みの2480万円で販売中です!必見です!この機会にぜひご来場お願い致します。

ご来場の際には『ホームページを見た、チラシを見たなどとスタッフにお知らせ下さい。

スタッフ一同、みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

土日がお仕事で都合が悪くなかなかモデルハウスや販売物件を見る機会がないという方の為に
特別にナイト営業も開催します。
                                                                                                      設計部Yでした。。。



◆開催場所:札幌市北区新琴似11条14丁目9-1

◆開催日程: 12/15(土)、12/16(日) AM10:00~PM5:00
        12/15(土)、12/16(日) AM10:00~PM5:00
        12/15(土)、12/16(日) AM10:00~PM5:00
◆お問合わせ:

TEL 011-764-8410 
FAX 011-764-8415 
E-mail info@est-h.co.jp

moderu1214.jpg

新築工事in屯田Ⅲ

|
こんばんわ。

すっかり冬景色になってしまいました。
北海道の冬は長いですが、風邪をひかないで元気にお過ごし下さい。

では今週のご報告です。
simi022.jpg
始めに壁の断熱です。
写真のピンク色のものが断熱材(グラスウール)です。
黄色い物はよく目にすると思いますが、それよりも密度を高めたものになります。
性能を向上させ、さらに従来の黄色いものだと下に下がってしまう事がありましたが、
ピンク色の物は密度が高い為に、ある程度の硬さがありますので、
下がったりして隙間が出来ることはありません。
simi023.jpg
こちらも壁の写真ですが、壁内の下地を取付け終わった後です。
さてこの写真を見て変に思うところはありませんか?
そうです。断熱材の表面は平らなのに、壁の下地と表面が揃っています。
もちろん天井まで1本の断熱材を使用しています。
これは断熱材にカッターで切り込みを入れ、表面を揃えているのです。
これが何の役に立つのかというと、この後に石膏ボードを貼り、クロスを貼りますが、
壁の内部は隙間が無いので気流が発生しません。
もし気流が発生すると、その部分だけクロスの乾燥が速まり、
クロスの隙間等が発生しやすくなってしまうのです。
細かいところも一手間加えることで、性能を向上させていきます。

simi024.jpg
こちらは給気口になります。
当社は第3種換気方式を採用していますので、機械によって強制的に排気し、
外の新鮮な空気を給気口から自然に取り込む方法になります。
また次回ご紹介しますが、各部屋に吸気口が天井に取り付けられ、
それがジャバラのダクトで天井や壁の中を配管され、一箇所に集められます。
給気口、吸気口、ダクト、本体と換気工事だけでもたくさんのものを使用するのです。

simi025.jpg
壁の断熱が完了すると天井の下地を組み立てます。
当社は省令準耐火構造ですので、天井の下地のピッチは一般よりも短く、
非常に頑丈な天井になっています。
正確には455mmが一般的な間隔ですが、303mmまで間隔を狭めています。

各社様々な工法がありますが、当社として最良の方法を探し出し、
良い物は守り、取り入れ工夫を加えて技術を進歩させています。
一般の方では気がつかないような細部の工夫が、
後々重要な役割をはたしてくれるのです。

では今週はここまで、また来週お会いしましょう。
ではでは・・・・・

                                   工事課     阿部


☆オープンハウスのお知らせ☆

|


新琴似で公開中のモデルハウス『at will (アットウィル)』ですが、今週もオープンハウスを開催致します。

当物件はセパレート型の玄関や2F水周りなど、片付いた状態が保ちやすく、急な来客でも安心して迎え入れることが出来る間取り構成や、将来間取り変更が容易な『フリーコンパーメント工法』など、主婦ラクで将来の家族構成の変化にも対応できる、永く住める工夫がいっぱいの住宅です。

現在、車庫も組込みで冬場も楽チンなこの住宅を、土地代込みの2480万円で販売中!

建売をご希望の方も、注文住宅をお考えの方も必見です!この機会にぜひご見学にいらしてください。

また、当ホームページをご覧になって来られた方と、近隣の一部の地域のみにお知らせしている特典がございますので、ご来場の際には『ホームページを見た☆、チラシを見た☆』などとスタッフにお知らせ下さい。

スタッフ一同、みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

◆開催場所:札幌市北区新琴似11条14丁目9-1

◆開催日程:12/8(土)、12/9(日) AM10:00~PM5:00

◆お問合わせ:

TEL 011-764-8410 
FAX 011-764-8415 
E-mail info@est-h.co.jp

モデル2480万表-2.jpg


新規採用のご案内

|

 いつも弊社HPをご覧頂き有難うございます。今日はこの場をお借りし、新規採用の告知をさせて頂きます。募集させて頂く職種、業務内容は以下の通りとなります。

 何か満足できない・・・・残りの人生に花を咲かせたい・・・・その気持ちが原動力です!

      

                         (募集職種)

 ①設計・積算業務

 

(仕事内容)

   木造注文住宅と増改築工事の企画・設計・積算・デザイン業務を適正に合せ担当して頂きます。

   具体的には営業担当者との打合せから住宅プランの作成、確認とお客様に提出するプラン図面・

   見積書の作成が中心となります。

 

(必要な経験・資格)

  ・設計・積算業務の経験者で2級建築士以上

  ・普通自動車免許

 

 

 ②現場管理

 

(仕事内容)

  ■木造住宅現場の管理(図面との照合、段取り、手配等)及び安全管理を担当して頂きます。

  現場確認が主な内容となる為高所に登る場合があります。また、施主様への報告書類を作成

  する為PCを使用する業務もあります。

 

  ■新築・増改築工事に関する積算業務

 

(必要な経験・資格)

  ・現場管理経験者

  ・普通自動車免許

 

詳細についてのお問い合わせは、弊社採用担当 後(うしろ)までご連絡下さい。お待ちして居ります。

 

 

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28