2012年5月アーカイブ

お宅の屋根は大丈夫ですか?

|

住宅部位のなかで、特に屋根は自然現象がもたらす多くの災難にさらされています。極寒の上に重みのかかる雪や氷、土砂降りの雨、ジリジリと照りつける太陽etc・・・、そんな自然現象から家を守るのが屋根と言えます。

そこでこの写真なのですが・・・

 

           ヤネフショク1.JPG 

          

           ヤネフショク2.JPG

現在、当社で施工中の現場ですが、板金をめくってビックリ、築30有余年からくる老朽化ではなく、雨・雪の自然現象がもたらす災害により完全に横架材が腐食した状態でした。

この度の全面改修工事で発覚し、想定外の事とは言え、事なきを得ましたが、このまま気づかずにあと数年経過していたら、バルコニーの乗っている屋根がポキッ!という惨事を招いていた可能性も・・・。

このように、屋根の痛みは家全体の痛みに大きく影響し、雨漏り、スガ漏りは天井・壁にシミを付けるばかりか上記のように横架材まで腐らせ、家全体の寿命を縮める危険さえあると言えます。一度の被害は少ないが慢性的な雨漏り・スガ漏りがある場合は、大事に至る前に是非ご相談を・・・。

 

 

ESTHOME 新琴似モデルⅥ

|
こんばんわ。

最近は暖かい日が続いていて、非常に快適ですね。
この調子で早く夏が来てほしいです。

では今週はここから
moderu025.jpg

外部の鉄筋コンクリート造の飾り壁です。
打ち放し仕上げの為、最新の注意をはらってコンクリートを打設しなければなりません。
上部まで一気にコンクリートを流し込まなければ、打ち継いだ場所がくっきり残ってしまいます。
打ち放し仕上げは非常に高い技術を要するのです。
約1週間後型枠の解体となりますのでお楽しみに。

それでは内部に移りましょう。
今週でクロス工事が完了しました。
その一部をご覧下さい。

moderu027.jpg

先週ご紹介した玄関部分の写真です。
白いクロスを貼ることで、空間が広く感じるようになります。
また明るさも増します。
玄関はまだタイル工事が残っています。
タイルを貼るとまた印象が変わってくるので、そちらもお楽しみに。


moderu028.jpg

こちらはリビングです。こちらも白いクロスを貼りましたので、
非常に明るく広く感じるようになりました。
残るはキッチンや照明などの機器の設置と美装工事です。
ここからどのように変わっていくのか見ものですよ。

moderu029.jpg

2階もクロス工事が完了しています。
今回はリビングや玄関2階のホールなど、広さと明るさを重視し、全体的に白いクロスを採用しています。
やはり、長い時間を過ごす場所は広くて明るいほうがいいですね。

moderu030.jpg

ユーティリティはポイントクロスを配置し、空間をぐっと引き締めています。
白の中に映える木目が目を引きますが、うるさすぎず、モダンな雰囲気にしています。

さて今週はここまでです。
クロス工事が完了し、仕上げ工事が次々に行われていくので、
来週はかなり完成に近いものをご紹介できるかと思います。
どうぞお楽しみに。

今週はこの辺で
ではでは・・・・・・
                                        工事課      阿部







北区新琴似で建築中の当社のモデルハウスですが、6/16(土)からの公開が決定し、6/16(土)、17(日)、23(土)、24(日)の4日間は、オープンニングイベントを開催致します。

また日程が近くなりましたらお知らせ致しますが、詳しい地図やパンフレットなどをお求めの方は、お問合せフォームからお気軽にご請求下さい。
rogo.jpg



















モデルハウス名、「at will(アットウィル)」には「自由自在」・「思いのまま」という意味があり、三つの基本コンセプトを軸にプランれています。

①フリーコンパートメントルーム
  子供の成長に合わせた間取り変更が簡単にできる。
   ~こどもがのびのび育つ家

②追求された家事動線
  主婦目線で考えた納得の家事動線。
   ~ママがハッピーになれる家

③安心の耐震性能
  品確法の定める安心の耐震等級
   ~家族が安心できる家


大きな特長となる「フリーコンパートメントルーム」は、居室スペースが子供の成長や、家族構成の変化に合わせ大掛かりな工事をしなくても自由なレイアウトで間仕切ることができるよう、間仕切りや柱の無い大きな空間となっています。逆に部屋数が必要なくなればオープンにすることも容易となっています。

また、主婦目線でプランされた間取り構成は、お洗濯についての1連の作業を何に楽に出来るかを追求した家事動線であったり、急な来客でも片付いた状態を保ちやす工夫をした間取りとするなど、「主婦ラク」な間取りとなっております。


デザイン的にもシンプルでありながら、洗練された特徴のある外観、内観となっており、他にも見どころは満載ですので、みなさま是非ご見学にいらしてください。

by sugano

ESTHOME 新琴似モデルⅤ

|
こんばんわ。

いよいよ外部足場が解体になりました。
何度体験しても、建物の全貌が現れる瞬間は感動を覚えます。

では早速外観の全貌をご覧下さい。
moderu020.JPG

いかがでしょう。
全体の色に統一感を持たせ、白・ライトグレー・アイボリーなど優しい色で仕上がっています。
サイディングの貼り分けや、サッシの色を変えたりとアクセントをつけるのが現在の主流ですが、
あえて全体に統一感を持たせ、素材で質感を変え表情をだし、その事で高級感を出しています。

moderu021.JPG

こちらは玄関上のルーバーです。
サイディングの石目調の質感に、同系色のアルミの質感を加えてみました。
存在感と高級感がぐっと増し、目を引く仕上がりになっています。

さてここで外部の工事が完了したと思いきや、まだ塀の工事があります。
鉄筋コンクリート造の塀がこの建物にどのようにマッチするのかお楽しみに。

では内部に移ります。

内部は大工さんの工事がほぼ完了となりました。
moderu022.JPG

こちらは玄関の状況です。
玄関ドアを開けると、奥まで玄関が続いています。
もちろん使い勝手を追求した配置になっており、車庫から直接玄関に入ることができ、
一番奥には納戸も確保しました。
下足入れ等の収納は奥に配置し、簡単に玄関をキレイに保つことが出来る配置になっています。

moderu023.JPG

こちらはLDKになります。
まだキッチンが配置されていませんが、キッチンを設置しても非常に広い空間になっています。
リビング部の天井は1段上げていますので、開放感も感じます。

moderu024.JPG

こちらは2階のホールです。
この空間は将来お子様が生まれ、大きくなるにつれて子供部屋を作ったり、
奥の寝室と繋げて、一つの大きな空間にするなど、
ご家族の状況に合せて間仕切りを容易に変更できるつくりになっており、
この工法が当社のオリジナル工法『at will工法』の主軸になっています。

ここからクロスが貼られ、扉付けられ、機器類が設置されると、
また大きく表情を変えてくれます。
工事も終盤にさしかかってきました。
6月のグランドオープンまで、今しばらくお付き合い下さい。

では今週はここまで、また来週お会いしましょう。

ではでは・・・・
                                         工事課        阿部

金環日食って

|

ゴールデンウィークも終わり、大型連休明けの何やら一番テンションの上がらないこの時期に巷で話題になっている「金環日食」の話しで少し盛り上がってみようかと・・・・

そもそもご存知かと思いますが「日食」とは月が太陽の前を横切る為、月によって太陽が隠れる現象のことです。この現象のうち、太陽が月によって全部隠されてしまうものが「皆既日食」、太陽が月より大きく見えるため月のまわりから太陽がはみ出して見える現象のことを「金環日食」と言い、今回は5/21に関東付近や九州南部で見られるようです。この金環日食ですが、前回日本で見れたのが、25年前の沖縄だそうでそれだけでも、少しテンションが上がって来るんじゃないでしょうか?

ニッショク.jpg

 

そんな25年振りの金環日食ですが、撮影時に気を付けなくてはならないのは、減光フィルターを付けなかったり、直接太陽を覗かないようにしないと危険です。気を付けましょう。

 

ちなみに次回の日食は我が北海道で2030年6月1日に「金環日食」が見れます。今回見れない方々はあと18年ですが、楽しみに待ちましょう!

ちなみに次回の大型連休まで3ヶ月です。こちらも楽しみに待ちましょう(笑)!

どこに行きましたか? 

|

こんばんわ

 

ゴールデンウィークはみなさん、ゆっくり休めましたか?

暦通り仕事だった方、家族サービスで終わってしまった方、様々だとは思いますが、5/4に甥っ子と息子を連れてこんなところに行ってきました。

この日はあいにくの雨。とはいえ、たまの休みですし、子供の日という事もあり、後志管内では知る人ぞ知る「NAC」へ。 NAC(ニセコアドベンチャーセンター) http://www.nac-web.com/をご覧ください。

 

nac.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来、晴れていれば、ラフティングや、ダッキーのようなアウトドアを楽しめるのですが、この日はあの「中山峠」が通行止めになるほどの天気でした。

やむを得ず、インドア ロッククライミングにチャレンジ。 息子も5歳になりますが以外と登頂できるもんだな~と感心してしまいました。

 

翌日の5/5 子供の日。 こちらも後志管内では知る人ぞ知る、寿司の名店。 寿司処「K」(正式名は伏せさせて頂きます)に、いとこ達と お寿司を食しに行ってきました。 

例年、弊社はゴールデンウィーク明けに社内健康診断があるため、いつもはセーブしてましたが、この日ばかりは我慢できず。

 

結局、食べちゃいました。 susi.jpg

 

とは言え、やはり結構、いい値段しちゃうんですよね。

SMAPの中居さんも来店歴のあるお店ゆえに、やはり芸能人の方が来る店の味は、なかなか味わうことのできない格別な絶品でした。

 

こんな感じで、満喫できたゴールデンウィークでした。 やはり、仕事モードとプライベートモードのON、OFFは必要ですね。 満喫したからこそ、仕事にも集中力がわきますね。

 

                                             設計部 Yでした。。。

 

ESTHOME 新琴似モデルⅣ

|
こんばんわ。

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?
全国的にあいにくの雨でしたが、私は函館に行ってきました。
奇跡的に松前と五稜郭に行った時だけ雨がやんでくれて、桜を楽しむことが出来ました。
ゴールデンウィークでリフレッシュ出来たので、頑張ってお仕事します。

では今週の新琴似モデルの状況をご紹介したいと思います。


moderu015.JPG

内部は壁・天井の下地まで完成していましたが、壁同様に天井の断熱を行いました。
天井は屋根が上に乗っかる部分にブローイングと呼ばれる断熱材を細かくした物を
天井内に吹き付けていきます。当社では300mmの厚さになるように吹き付けを行う
ので、壁や床の2重断熱同等の断熱性能を有します。
これで、家全体がすっぽりと断熱材に囲まれる為に、高い断熱性能を発揮します。

moderu016.JPG

断熱工事が完了すると、次は壁・天井に石膏ボードを貼り付けていきます。
石膏ボードは現在ほとんどの住宅で使用されていますが、それは施工性の高さと
耐火性能の高さが広く普及している理由です。
傷は付きやすい素材ですが、クロスを貼ることで様々な表情を楽しむことが出来ます。

moderu017.JPG
UBも組立てられました。
TOTOのUBで、大きな特徴は『ほっからり床』と呼ばれる床で、
表面がやわらかく、足ざわりが非常に良いです。
また、表面がやわらかい事で、冷たさが足まで伝わりずらく、冬でも冷たく感じない床になっています。

moderu018.JPG

本日階段がほぼ完成になりました。
一般的な箱型階段とデザイン階段の複合階段です。
機能性とデザイン性を両方兼ね備えた、インパクトある階段に仕上がりました。

現在の内部の状況はここまでです。

外部はといいますと、

moderu019.JPG

サイディング工事が完了し、来週には足場が解体される予定になっています。
石目調のサイディングを使用していますが、全体的に白い配色になっていますので、
統一感があり、落ち着いた雰囲気を感じます。

足場が解体されると、正面のデザイン壁の製作に入りますので、
足場が解体された後も、目が離せない状況です。

では今週はここまでです。
また来週お会いしましょう。
ではでは・・・・・・・・・・・
                                   工事課       阿部

どっか行きた~い!

|
みなさまゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は普段の土日はもちろんのこと、祝祭日や連休はイベントや商談等で仕事に出ている事が多いのですが、今年のGWは5/3~5/6の4日間お休みをいただくことができました。
久し振りの家族揃っての休日でしたので、子供たちからは当然のように「どっか行きた~い!」と声が上がりました。
父としても「どこか連れて行かねば‥」と思いキャンプに行こうかとも思いましたが、あいにく天気が悪そうでしたのでそれは中止し、旭川方面にドライブに行くことにしました。

まず訪れたのが旭川市の北東に位置する当麻町の「当麻鍾乳洞」。
P1100398.JPG



























200年で3センチしか成長しないという鍾乳石がとても幻想的でとてもキレイでしたね。
中は寒いくらいひんやりしていて、真夏に来ると気持ちが良さそうです。
娘には暗いだの水が落ちてくるだのあまリ受けが良くなかったですが、息子は「すげー!すげー!」とはしゃぎながら、写真をバチバチ撮りもう1周したいと2周しておりました(笑)


P1100371.JPG





















10数年振りに来た当麻は以前はもっと賑やかだった気がしますが、お土産さんも1店舗しか開いておらず、そのほかはみんなシャッターが閉まっておりました。
いいところなのに観光客もまばらでちょっと寂しい感じでしたね。
北海道に2ヶ所しかない鍾乳洞のひとつですので、みなさんも一度は見に行きましょう!

次に目指したのが美瑛にある「トリックアート美術館」。

P1100400.JPG



























こちらは非常に混みあっており、観光客でいっぱいでした。

P1100404.JPG



























トリックアートも数十年振りでしたが、新たな作品も展示されおり改めて楽しむことができました。

P1100402.JPG



























ここでは美術館としては珍しく自由に写真を取ることができます。
まるで実際にそこにあるかの様なリアルな絵を掴んでいるように見せたり、絵の中に入り込んで見せたりして記念写真が撮れるので、大人から子供まで楽しめ家族連れにはおススメのスポットです。
当麻ではテンションの低かった娘もアゲアゲでしたね(笑)

P1100406.JPG




















せっかくの「美しい丘のまち美瑛」でしたが、まだ花畑は見ごろではありませんでした。
今度は花満開の季節にまた行きたいですね。

by.sugano
株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28