2012年2月アーカイブ

土台がぁぁ!?

|
先日、当社のお客様からのご紹介でお伺いさせて頂いたお宅ですが、屋根からの落雪に問題があり、無落雪屋根に改修するご相談を受けました。

無落雪に改修するにあたり、今まで落ちていた雪が屋根に乗る事になりますので、建物の構造自体がそれに耐え得るかどうかも検証する必要が出てきます。

図面上で判断することもできますが、築年数が経っている住宅では、基礎の割れや沈下、柱や土台などの構造部分の腐食の具合などを確認しなければなりません。

確認する為に壁を剥がすのが一番ですが、お見積の段階であちこち解体する訳にもいきませんので、床下にもぐり状況を確認させていただきました。

yukashi.JPG
















すると、土台や柱の腐食が見受けられました。
▼これは浴室まわりの土台ですが、蟻が喰った跡があり腐食してスカスカになっていました。

dodai4.JPG
















▼これは外壁面の土台ですが、黄土色の粉みたいに見えるのは土台を蟻が喰った食べかすです。
床下にこんな粉が落ちていたら要注意です。

また和室に多いですが、窓の敷居部分に気が付くとこんな粉が落ちていることがあるというお宅があります。そんな時は窓周りの構造材が蟻に喰われていることが多いですね。

fuhso.JPG
















また、これは集合煙突の裏側ですが、結露が原因かつららが下がっていました。
この状態ですので土台もやはり腐食していました。

P1090274.JPG
















無落雪に改修するにあたりこういった部分の構造材の入替えが必要となり、外壁をはがしたり、浴室も入替えたりという工事が発生することになりました。
そこまでするのであればサッシも、間取りも、他の設備機器も‥となり最終的には基礎だけ残してほぼ建替えに近い状態に全面的に改修することになりました。

床下の点検で、ある程度お住まいの状況は判断できますので、床下の状態がなる方は無料診断をさせていただきますのでお気軽にご連絡下さい。

by.sugano

時間を忘れて・・・

|

 先日の休日に本棚の整理をしました。常に読む訳ではないのですが高校時代から現在に至るまでだいたい2ヶ月に1冊くらいのペースで読んでいる中で「また読もう」と思う本がそろそろ棚に入りきらなくなってきたのでこの際「もう読まない」と思う本を整理するのが目的でした・・・・。始めようと思い本の中身を確認する意味でページを開いたのが運の尽きでした。

 結論から言うと、本の整理は1冊もできず、昼食を採って午後1時頃から始めたにもかかわらず、夜の9時まで部屋から一歩も出ずに手にとった本を読み耽ってしまいました・・・・・。

 手にとった本は、私が大学の時に読んだ、F・フォーサイスの「騙し屋」でした。フォーサイス・・・・・やっぱりスゴイ!この作家の凄いのは自分が執筆した本の印税で実際に傭兵を雇い、ナイジェリアの独立戦争で敗れてしまったビアフラ人の為にクーデターを企てたのは有名で、私としてはとにかく徹底したストーリーテラーにつきると思います。フォーサイスの小説の中に出てくる欧米各国の情報組織の描写(旧ソ連のKGB、アメリカのCIA、イギリスのSISなど、情報機関の細かな特徴は当時から結構勉強になってましたねー。ジャンルを問わず色々と読みますが、やっぱりスパイ小説の後半から最終ページまでの展開は止められません。東西冷戦が終結してスパイ小説も廃れてきましたが、産業スパイや中東もの等、題材は変化しても頑張って欲しいですね。

 

1.jpgのサムネール画像のサムネール画像

  ちなみに、この作品は1992年に発表で4部作になっており、現在改めて3部まで再読中です(笑)

               

小さなことが。

|
こんばんわ。

先日、某お客様宅より緊急のお呼び出しがございました。


室内の天井より雨漏りがするというのですが。。。
築15年 リフォーム工事歴は、給湯器の交換が一度。それ以外はリフォーム履歴のないお宅です。

下記、写真の通り、外壁のコーキングがひび割れを通り越し、「穴」と化してしまってました。

peswe.jpg















下記写真 遠めで見えずらいですが、コーキングが切れてしまってます。

pee.jpg















お客様からのご連絡では、「たたきつける雨」の日に限って、雨漏りするとの相談でした。
原因は、上記二点の写真でご覧頂いたように、外壁のコーキングの劣化によるものです。

小さな穴からの進入といっても、被害箇所は6帖間の天井一部。
金額にしてはさほどではないのかもしれませんが、腐ったりとか、嫌ですよね。

やはり、築15年は、ちょっと頑張りすぎちゃいましたね。
遅くても10年目を目処にご検討下さい。 

もうまもなく3月です。 あっという間に春がやってきます。

塗装工事そろそろ、なんて方、ぜひ弊社へご連絡を。

お宅の状況に合わせたご提案に弊社スタッフがお伺いいたします。  設計部 Yでした。。。





こんばんわ。

今年の冬は長いですね。
なかなか雪解けの兆しが見えてきません。
寒い日も多いですし、なかなかダウンジャケットを脱げません。

さて今週は前回の続きのリノベーション工事の状況をご報告します。
前回は解体工事の途中でしたが、解体工事が完了しました。
nakamu004.JPG

お家の骨組みを残してほとんどが解体されました。
こんな姿になっても、お家はびくともしません。
ただ年月が経つと、すこしづつですがおうちが動き、傾いたり、歪んだりしていきます。
これは多かれ少なかれ必ず起こることで、木造住宅の宿命ともいうべきものです。

まずはこのゆがみを直す作業から行います。
柱がまっすぐに建ち、角が90°になるように調整していきます。
写真の中の新しい木材は、直した状態を維持する為のものです。

nakamu005.JPG

歪みを直し終わると外壁を作っていきます。
まず柱と柱の間に間柱という木材を建て、外壁の下地を固定できるようにしていきます。

nakamu006.JPG

間柱を建て終わると、構造用合板(OSB)と呼ばれる材料を外部に貼り付けていきます。
この材料は耐震性に優れていて、耐震補強工事によく用いられます。

リノベーション工事はただ見た目や間仕切りを直すだけでなく、
お家がもっともっと長持ちするように補強等を行っていきます。
新しく建てるわけではないので、補強しながら必要に応じて入替えなどを行わなければならない為、
非常に高い技術が必要です。

大工さんの工事はまだはじまった始まったばかりですので、
ここまでしかご報告できませんが、次回は外部がかなり出来上がっていると
思いますので、そのご報告をしたいと思います。
では今週はここまで。
ではでは・・・・・ 
                                          工事課      A

kamakura.

|

                             ほんとに雪には、もううんざりと思いつつ

                  冬ならではの遊び方もあるのでは

             

 

画像 203.jpg

            △雪にはもううんざりと思いつつかまくらを作ってしまいました。

             

           自分が子供だった時のことを思いだしかまくらを作ってみました。

           ほんの一瞬ですが、童心に戻ることができたような気がしました。

           また明日から現実に引き戻されることになりそうです。

           今年はほんとに寒くて雪が多いですね。

 

 

                                         工事課 K

 

 

 

 

 

 

水道の凍結にご注意を!

|
毎度様です。

今日は暖かくて過ごしやすかったですね。
毎年雪祭りが終るころから少しずつ春に向かって行く様な気がしますが、油断は禁物です!

2月中はまだまだ氷点下の日が続きますので、水道が凍結する可能性があります。
こんな時は注意が必要です。

  • 外気温がマイナス4度以下になったとき
  • おやすみ前や、旅行などで家を留守にするなど、長時間水道を使用しないとき
  • 「真冬日」(1日中外気温が氷点下の日)が続いたとき
こういった場合、水道の水落としが必要となりますが、最近のカラン(蛇口)や設備機器は、水落としが複雑になってきているので、単に水抜き栓を閉め、カランを開放しただけではしっかりと水は抜けてくれません。
寒冷地仕様のカランには、水抜き用のツマミが付いていて、吐水口だけではなくそこからも水を抜く必要があります。
カランの中に水が残っていると、それが凍結し大変な事になります。
ご存知の通り、水は凍ると膨張し体積が増えます。
その力たるやすごいもので、下の写真の様に金属でできたカランが丸く膨らんでしまいます。

凍結1.jpg



















そして最終的には破裂し、それに気が付かず水抜き栓を開けるとそこから水が噴出し、水浸しになってしまいます。
こうなってしまってはカランも交換するしかありません。

凍結2.jpg



















在宅していて暖房を点けていれば、そうそう凍結することは無いかも知れませんが、旅行や入院などで長期に家を空ける際には、先ほどお話ししたように水落としのやり方も複雑化していますので、多少出張費を払ってでも業者に依頼し水落としをしてもらったが安心だと思います。

もしそれでパンクしたら業者の責任にもなりますしね。

みなさん、水道の凍結にはお気をつけ下さい。

by.sugano

タイルって・・・。

|
こんばんわ

あるお客様宅にて下記のようなものを見せていただきました。

何かわかりますか? 一見、額に入った絵の様な、
でもパッと見てもよくわからないですよね。

weeew.JPG















実はこれ、小さなタイルに筆で線を引いて更に、
コーティングをしているものです。

拡大写真が下記↓

qsewa.JPG














こちらのお宅の娘さんが造った作品のようですが、
お宅のどこかに飾ってみたくないですか?

他にもこんなものも見せていただきました。


eeett.JPG














これは1ピースごとに違う焼き方をしたタイルを張ったものらしいです。


タイルって奥が深いですね~。 
きっとヨーロッパなどには
もっと深い芸術の世界が広がっているのでしょうね。

お客様打合せでショールームへ行く機会がありますが、
キッチン廻りは最近小粒のタイルが主流みたいです。 
みなさんのお宅はいかがですか?

こんな様々な用途のあるタイルってすごいと思いませんか?

タイルを張ってみたい箇所があれば、お気軽にご相談下さい。

                                  Yでした。



こんばんわ

 

今週からは青葉町で行われるリノベーション工事の状況をご報告していきたいと思います。

リノベーションという言葉を最近よく聞くようになりましたが、

リノベーションとは現在のお家の骨組みを利用して、内装・外装を新しくする大規模のリフォームです。

基礎や木構造を利用するので、新築工事よりも安価に工事が出来き、

住み慣れた土地を離れる必要もない為、需要が増えてきています。

 

では先日始まった解体工事の一部をご紹介いたします。

nakamu001.JPG

まずは内部の解体工事が進められます。

壁の石膏ボードが剥され、おうちの骨組みがあらわになりました。

長年住んできた自宅が解体される様は、少し寂しく感じてしまいます。

 

nakamu002.JPG

天井も解体されました。

梁や2階の床が現れました。しっかりとした骨組みが組まれていて、

当時の職人さんの丁寧な仕事・計算された構造に、

見習うべき点が多く、その技術を守り発展させていかなければならないと感じます。

 

まだまだ工事は始まったばかり。

今までのお家との別れに寂しさを感じながら、新たなお家への期待を感じているお客様に、

お客様の理想を超えるものを常に考え、形にしていくことが我々の義務であると考えています。

 

では今週はここまでです。

次回は解体工事が完了し、大工さんの工事が始まりますので、

その状況をご報告したいと思います。

 

ではでは・・・

                                     工事課      A

心気一転!!

|

           心気一転!気持ちを新らたに部屋の模様替えをしてみました。

           いろいろな店を見てまわっていましたが、中々気に入った時計が見つからず

           部屋の壁には時計を取り付けていない状況が続いていましたが、ついに先日

           気に入った時計が見つかってしまいました。

 

 

 

画像 1068.jpg                   △フレームの無い壁掛け時計です。

 

            フレームが無い為、壁と同化して見えるのが良くないでしょうか?

            時計を一つ取り付けただけで、なぜだが新鮮な気持ちになって

            しまいました。

            まさに心気一転!!

            これで仕事の進みもきっと良くなるはず・・・・・

 

 

 

                                       工事課 K

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28