2011年4月アーカイブ

新築工事in新発寒  起工式

|

こんばんわ。

 

今週、新発寒で2棟目になる新築工事が始まりました。

今週からはこちらの物件をメインに、新築工事の進捗状況をお伝えしていきます。

 

まず新築工事を始めるうえで始めに行う事は、地盤調査です。

この調査によって、杭工事の杭の長さを選定します。

naka002.JPG

専用の機械を使い、各支持層の耐力を測りだします。

ここで、強い支持層の深さを探ります。

 

地盤調査の後は遣り方と呼ばれる建物の位置だし作業を行います。

naka003.JPG

敷地境界石から距離を測りだし、正確な建物の位置を出していきます。

建物の位置がでたら今度は杭の位置を出していきます。

距離・数等を確かめながら、正確に進めていきます。

 

杭工事は明日から始まりますので、現在はここまでの状況です。

 

本日はお客様と一緒に、位置を確認する作業を行った後、

起工式(地鎮祭)を行いました。

起工式とはキリスト教の地鎮祭のようなもので、私も初めての体験でした。

naka001.JPG

一般の地鎮祭とは違い、神主さんではなく牧師さんが行います。

また地の神を鎮めるのではなく、主に祝福していただくというものでした。

賛美歌を歌い、聖書を読み上げ、祈りをささげる。

鍬入れを行いましたが、これは行わない場合もあるようです。

起工式には写真のように多くの人が参列していただき、

全員で喜びを分かち合い、みなさん笑顔でとても温かい式でした。

 

こういった繋がりを、もっと強くしていけるような家を建てなければならないと、

改めて強く思いました。

 

明日から本格的な工事が始まります。

お客様がいつまでも満足していただけるよう、常に努力していきます。

 

今週はここまで、また来週ご報告いたします。

それではまた・・・・・

                                           工事部    A

 

 

 

 

 

こんばんわ。

 

春のきざしは見えてきてはいますが、まだまだ寒い日が続きますね。

風邪には気をつけたいところですが、すでにひいてしまいました・・・

皆さんは気をつけてください。

 

では今週の新築工事in新発寒をお送りします。

今週は大工さんの工事が終盤を迎えていますので、内部の状況をおおくりします。

 

a030.jpg

壁・天井のボードを貼る工事が完了し、各部屋の全容が見えてきました。

↑写真は2階の一室の写真です。窓を2箇所設けていますので、とても明るいです。

窓廻りの納め方ですが、窓下部のみに窓台と呼ばれる化粧板を取り付け、

側面・上部はクロスを巻き込む仕様を取っています。

さまざまな方法がありますが、この方法が最も主流で、

3方向の見切りを設けないことで、スッキリとシンプルに、さらに部屋が広く見える利点があるので、

この方法を採用しています。

 

a031.jpg

収納も扉以外は完成しています。

収納内ですが、この部屋は枕棚とステンレスのパイプが取付けられています。

洋服等の収納に適していて、棚上や下部にもある程度のものは収納できます。

 

収納というものは、とても重要で、時代と共に変化しています。

最近はタンス等の需要が少ない分、建物自体の収納力が重要です。

最新の収納を2点ほどご紹介します。

 

まず1点目ですが、ウォークインクローゼットです。

a036.jpg

クローゼット内を広くし、収納専用の一つの部屋とするもので、最近かなり多くみられます。

こちらは、ウォークインクローゼットの中に、可動棚や引き出し等を備えた家具を組み込んでいます。

洋服だけでなく、日用品等をここに収納する事で、広々とした空間を確保できます。

また、生活観を隠すことも出来、よりくつろげる空間を作り上げることが容易です。

 

次に最近増えてきている傾向にある収納です。

a034.jpg

まだ組み立て途中ですが、和室の床を一段上げ、床全体を収納にするものです。

こちらでは真ん中のスペースを掘こたつにし、収納と共にくつろぎの空間もかねています。

収納力もあり、季節ごとの出し入れを考えると、とても使い勝手の良いものです。

完成時は、この上に畳が敷かれ、収納とは一目では解からなくなります。

 

隠す収納のニーズが高まっている近代で、最先端の技術と情報を取り入れ、

お客様が常に満足して住んでいただけるお家を提案していきたいと思います。

 

今週は収納について触れてみました。

来週は大工さんの工事が完了し、内装工事が始まる予定ですので、

クロスなどにスポットをあててみたいと思います。

 

それではまた来週・・・・・・

                                      工事課      A

 

こんばんわ。

 

雪解けが進み、春が近づいてきた感じがありますね。

季節の変わり目は、体調を崩しがちなのでお気をつけください。

 

それでは今週の新築工事の状況をご報告します。

 

まずは外部からです。

地震の影響でなかなか商品が届かなかったのですが、

やっと納品となり、サイディング工事が始まりました。

a024.jpg

この建物はサイディングを縦に張るもので、

縦目地が目を引くデザインとなっています。

ここ最近多く見受けられるスパンサイディングと呼ばれる

金属系のサイディングとは違い

窯業系の材料を使用していますので、落ち着いた高級感がでています。

 

a028.jpg

サイディング工事は工期が短く

どんどん進んでいきます。

 

a029.jpg

↑写真がこの建物のポイントサイディングの状況です。

落ち着いた黒に白系のサイディングは映え、モダンな雰囲気を感じます。

 

a025.jpg

1週間ほどでサイディング工事は完了し

タラップ等が取付けられました。

これで外壁工事は完了となりますが、一度点検を行ってから足場を解体するため

まだ全景をお見せできないのだ残念です。

 

中の状況はといいますと

a021.jpg

フローリング張りが完了しています。

 

a022.jpg

ボード張りが進められ、部屋の区画がされている状況です。

 

a023.jpg

ニッチ等もこの段階で取付けられていきます。

 

まだボード張りの作業中のの為、部屋の全景はお見せできませんが、

来週にはご報告できると思います。

 

収納や和室等まだまだ特別な設備を備えた場所がありますので、

来週・再来週とお見逃し無く。

 

それではまた今週・・・・・・

                                            工事課   A

 

敷地調査・・・ in 新発寒 

|
東日本大震災で被災された方、謹んでお見舞い申し上げます。




こんばんわ。

すっかり雪がとけてきましたね。

このまま、晴れが続きますように・・・!!


今日は、弊社工事部のエースA君と共に「敷地調査」に行ってきました。
こちらは、今月末より着工する新築現場です。

ご近所の雪捨て場となっており、なかなか地盤面が見えず、
高低差をはかることができませんでした。

とりあえず着工予定日はまだ先なので、施工図面に高低差を記載できるように
雪を少々かきながら、「レベル出し」を行いました。


na.JPG


















これから設計部の方で、このレベル出しを元に、「施工図」を作成し、着工となります。

その図面作成と共に、お客様との商品決め、仕様決めも行なっております。

『in 新発寒』 は着工しましたら、お伝えします。



株式会社エストホームは新築、リフォーム問わず、木造住宅を手がける会社です。

現在、豊平区平岸、北区屯田にて新築住宅の「お披露目会」開催中です。

また、手稲区新発寒にて本日紹介いたしました以外に現在進行中の新築住宅が
ございます。

私共でお手伝いできることは、精一杯お手伝いさせて頂きますので、お住まいのこと、
お気軽にお問い合わせくださいませ。

                                            
                                          Yでした。。。

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28