2011年1月アーカイブ

スノーダクトのトラブル対策

|

 近年、多く見られるスノーダクト工法は、積雪地での屋根事情に適した工法と言えますが、そのスノーダクト部分に対するトラブルが多いのも、この工法の特徴とも言えます。

よく聞かれるトラブルとして・・・・

①近隣から飛来する落ち葉や、ビニール等によるドレン排水の詰まり。

②冬季間の凍結によるドレン排水の詰まり。(ヒーターの入れ忘れも有りますが・・・)

等が挙げられます。いずれのトラブルも屋根からの漏水や排水管の破損の原因となり、建物の寿命や価値を低下させる重大な問題となる可能性があります。

そんなトラブルに対し、効果的な対策としてダクトの樋にスノコを被せている家もあるかと思いますが、 特に木製スノコでは隙間が多く、飛来物を完全に防ぐことができず、その上、毎年のダクト清掃は欠かせ ません。また、写真のように風雨にさらされると木部が腐り、逆に排水口に腐食した木材が詰まりの原因 を作ることもあります。

IMG_3165.JPG IMG_3169.JPG

しかし、下の写真のような、塩ビ製の「ダクトカバー」を設置することにより、ダクト排水の詰まりに対するトラブルは大幅になくなります。

 このダクトカバーは写真に見られるように、樋全体にフタをすることにより、飛来物や屋根に堆積した雪の樋への進入を防ぐと同時に、樋内に空間をつくり「かまくら」にすることで、保温効果が増し、上部に空けられた通気孔で上部の雪氷を効率よく溶かす働きがあり、さらに排水口に直接雪氷が接しないため、凍結防止にもなります。  また、アーチ形状のため、雪による上部からの荷重に対し高い耐久力を持ち、塩ビ素材特有の「スプリングバック機能」で樋に確実に固定され、釘や金物を一切使用しないので、屋根を傷めることもありません。

001.jpg

落ち葉による、ダクトの詰まりが毎年心配な方にお勧めの「ダクトカバー」はいかがでしょうか?

お問い合わせは弊社 住宅事業課まで・・・・

モデルハウス in平岸 仕上げ

|

こんばんわ。

 

いよいよ仕上げ工事が始まりました。

早いもので、残りあと数日で完成になります。

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。

お蔭様をもちまして来週、工事完成となります。 最後までお付き合い下さい。

 

それでは今週の状況です。

abe0117.JPG

まずは外部です。

バルコニーにフェンスとタラップが取り付けられました。

フェンスは横ルーバータイプを使用し、これによって下からの目隠しになり

太陽光はさえぎらずにダイニングに届くようになっています。

 

次に内部です。

(→先週のブログを参照願います。)

 

abe0118.JPG

まずは1階の居室です。

クロスを貼ったので、印象がかなり変わりました。

 

abe0120.JPG

次に階段下の収納です。

こちらも明るくなり、より広く感じられます。

 

abe0119.JPG

次は階段です。こちらも全体的に広く明るくなりました。

 

abe0121.JPG

階段を上がりきると、特注のデスク回りも仕上り、全体の統一感が出てました。

 

abe0122.JPG

壁面のTVラック収納です。

TVを置くスペースだけクロスを木目調にし、インパクトを出しました。

 

abe0123.JPG

次にキッチンです。

キッチンはワイン色のため、キッチンがより際立つように、ポイントクロスを

白に近い色を使用しました。

 

abe0124.JPG

ダイニングの壁面になります。

飾り棚を設け、使いやすさだけでなく、意匠的にも自由度を出しました。

 

abe0125.JPG

ダイニングの照明です。

食卓テーブルの大きさに合わせ、高さ調整が出来るものを選んでいます。

 

abe0126.JPG

1階のトイレです。

便器を取付し完成です。

 

abe0127.JPG

2階の洗面脱衣室には洗面化粧台が取り付けられました。

トイレ・洗面化粧台・UBと住宅設備機器はピンクで統一しています。

 

現在の状況はここまでです。

 

いよいよ来週で完成になります。

来週も出来る限りご紹介いたします。ぜひご覧下さい。

 

それではまた来週・・・

                                           工事部    A 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モデルハウス in平岸 木完

|

こんばんは。

 

本当に雪の多い年ですね。

毎日の除雪で、皆様お疲れだと思いますが、

工事も終盤ですので、最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

ここでひと言お詫びを申し上げます。

先週の『モデルハウス in平岸』のブログが弊社の操作ミスにより

更新になっておりませんでした。 ご期待いただいておりました皆様には

大変申し訳なく思っております。 現在は更新状態になっておりますので

ご覧頂ければ幸いに存じます。

 

 

それでは今週の報告です。

 

今週で大工さんの作業が、内部のドアの取り付けを除き完了となりました。

順を追ってご報告していきます。

 

abe0111.JPG 

まずは玄関からです。傷がつかないように養生していますが、玄関収納になります。

収納の開口部に窓を設けていますので、明るい玄関です。

 

abe0106.JPG

次に1階の廊下です。2階にリビングルームを配置した設計ですので、

1階は個室が並んでいます。階段下と寝室の脇に2箇所の収納を設けています。

 

abe0110.JPG

こちらが階段下の収納です。

L字に空間を利用していますので、多くのものを収納できます。

 

abe0107.JPGabe0108.JPG

abe0109.JPG

1階の各部屋の状況です。全ての部屋にクローゼットを設けています。

 

次に2階に上がっていきましょう。

abe0112.JPG

階段でも一工夫、2つ並んだ窓の高さを変える事で、とても明るい階段になりました。

 

abe0113.JPG

階段を上りきると、電話台カウンターが横にあります。

下部を収納にしました。

 

abe0115.JPG

こちらがリビングと洋室が連続した空間です。

リビングと洋室の間の引戸を、天井ぎりぎりまで高くした為

ほとんど、同一の部屋として使用できます。

2階ですので、とても日差しが入り明るい空間です。

 

abe0114.JPG

最後にキッチンです。

対面式を採用しています。

キッチンの背面に大容量の収納を配置しましたので、

料理道具・食器類はかなりの量を収納できます。

 

ここまでが、現在の状況です。

ここから壁・天井のクロスを貼る作業が始まります。

クロスを貼ると、また雰囲気がガラッと変わるので、来週を楽しみにしていて下さい。

 

残り10日程です。

完成まで、気合を入れてがんばらせていただきます。

どうか最後までお付き合い下さい。

 

それではまた来週・・・

                               工事部   A

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モデルハウス in平岸 家具

|

遅くなりましたが

あけましておめでとうございます。

 

連日の大雪で、除雪作業に追われる毎日です。

 

今月はいよいよ、完成となる月ですので、最後までお付き合い下さい。

 

今年はまず、外部の足場解体からはじまりました。

ついに外部の前景があらわれました。

 abe0098.JPGのサムネール画像のサムネール画像

落ち着いた雰囲気ですが、しっかりと主張する良い仕上りになりました。

abe0099.JPGのサムネール画像  

1階の一部の色を変えていますが、同系色で落ち着いた印象を受けます。

これで外部のほうはほぼ完成となります。

次に内部の工事ですが、こちらも着々と進んでいます。

abe0103.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入り口の枠がすべて取り付け終わり、壁が完了しましたので内部の状況が見えてきました。

 

abe0100.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

天井のボード貼りも完了しました。

この段階になると、どんどん進んでいきます。

 

abe0102.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑写真は、『ほし姫さま』という収納式の物干し竿です。

 

abe0104.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

↑写真は特注の造作家具になります。

フルオーダーの家具ですので、その場所に合わせた形状で作成できます。

 

abe0105.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらも特注の家具になります。

壁全面を収納にし、中央にTVを置けるようにデザインされています。

 

現在の状況はここまでです。

どんどんと仕上げのものが取り付けられていきますので、

ご期待下さい。

 

それではまた来週・・・

                                              工事部  A

 

いや~降りますね ( ´△`)

今年は雪が少なくて楽だと思ってたら、きちんと帳尻を合わすかの様なこのドカ雪。

一気に来ないでもう少しこまめに降ってほしいものです‥。

 

先日まで年末年始休暇で、久しぶりに長期でお休みさせていただいておりましたが、

 

昨年に引き続き今年もやってしまいました‥。

 

なんちゃって「雪まつり」‥

 

昨年は「ワニの滑り台」でしたが、今年は娘からのリクエストに応えて「リラックマ」に挑戦してみました!

rirakkuma1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業時間は一時間ほど。

耳の中には補強のためにバドミントンのラケットが入っています。

目や口は雪の凹凸だけでは目立たなかったので、黒いスプレーで描いてしまいました。

 

どうですか?

そこそこうまくいったと自分では満足しておりますが、なぜだかこのくらいのことは、どこのお父さんでもやってくれるもんだと思い込んでいる娘の感動がうすいのがなんだか気に入りません(笑) 

もっと「すご~い!」って褒めてもらいたいもんです‥。

 

来年もめげずにわが家の恒例行事として、雪像づくりは続けようと思っています。

 

ではまた。

 

住宅事業部 S

 

 

rirakkuma2.JPG 

 

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28