2010年12月アーカイブ

モデルハウス in平岸 間取り

|

こんばんわ。

 

早いもので、着工から約70日経過しました。

着々と完成に近づいてきています。

今年の工事は、今週で一度終了になり、来年また再開となります。

 

それでは、今年最後のご報告です。

 

まずは内部の状況からです。

abe0089.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

今週から壁に石膏ボードを貼りはじめました。

壁が出来上がっていきますので、内部の状況が徐々にあきらかになっていきます。

 

abe0090.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁面から先に貼り進めていきます。

abe0093.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑写真はキッチンの裏側にあたる場所の飾り棚です。

細かいところがどんどん姿を現していきます。

 

abe0092.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

ユニットバスも完成しました。

浴槽と壁1面が淡いピンク色で、とても清潔感のある仕上がりになっています。

 

abe0094.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

階段も出来上がりました。

階段を組み立てる作業がとても難しく、大工さんの熟練の技術が光ります。

傷防止の為、養生していますので、まだ仕上がりをお見せできないのが残念です。

 

内部の状況はここまでです。

 

次に外部の状況です。

abe0096.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 ↑の状況が現在の姿です。

ほぼ全ての壁が仕上っていますが、足場がある為まだ全貌はお伝えできません。

 

abe0095.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

近い距離での撮影ですが、一部をご報告します。

↑の写真は建物正面の状況です。

サイディングを貼る工事はほぼ完成ですが、この後継ぎ目をコーキングする工事が残っています。

 

abe0097.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

正面のサイディングは、ベージュ系とブラウン系の2色で分けられています。

どちらもやさしい色使いで、とても落ち着いた印象を受けます。

 

今週でコーキング工事も完了し、いよいよ来年は足場の解体を行います。

来年の最初のご報告で、外観の全貌をお伝えできると思いますので、ご期待下さい。

 

今年のご報告は、ここまでとなります。

1月はいよいよ完成予定の月ですので、最後までお付き合い下さい。

 

それでは、良いお年を・・・

                                          工事部 A

 

 

おはようございます。

新築注文住宅と言えば

 

img.jpg

ですよね。

新築をお考えの方はもう見て頂けましたでしょうか?

エストホームの平岸モデルも掲載されていますので

ぜひ参考にしてください。 

すーも.jpg

 カタログ請求は

 info@est-h.co.jp

011-764-8410

までEメールか電話で

「カタログ請求」 

とお伝え頂ければ 各種資料を郵送致します。

http://www.housingnavi.jp/kigyo/138175/01_138175.html

モデルハウス in平岸 断熱

|

こんばんは。

 

皆さんは風邪をひいていませんか?

風邪がはやり始めたので、お体には気をつけてください。

 

それでは今週は、内部の工事が始まりましたので、ご報告します。

 

abe0071.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは床を作っていきます。

床下の断熱のために断熱材を敷いていきます。

断熱性能を高める為に、さらに別の種類の断熱材をいれてから

床材を敷き詰めていきます。

 

abe0073.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 2階床下を1階から見上げた写真です。

断熱材をネットで受け1階と2階の間を断熱します。

このピンク色の材料は、グラスウールで、断熱とともに遮音性もあります。

 

abe0076.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

床下地が完成しました。

壁際に見えるオレンジ色のビニールは風や冷気の進入を防ぐ役目があり

床下・壁・天井と全ての箇所に入れます。

 

abe0075.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の作業工程の途中で、細かい金物類が正確に取り付けられているかという検査を行います。

この検査は、自社で行なうのは当然ですが、瑕疵保証が伴うため第三者検査機関にお願いします。 

当然のことながら、問題なく検査は終了しました。

 

この後は壁の断熱を行います。

abe0080.JPGのサムネール画像 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床と同様にグラスウールを入れていきます。

外壁の断熱材と2重に断熱することで省エネにもつながります。

現在の内部の状況はここまでです。

続いて外部の工事も平行して行っていましたので報告します。

abe0070.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは窓が取り付けられました。

このサッシは断熱性の高いもので

Low-eガラスと呼ばれるガラスを使用していてます。

このガラスは複層ガラスで、さらに表面に金属の膜がある為

従来のガラスよりも高い断熱性能を持っています。

 

abe0077.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは玄関ドアです。

こちらも高断熱使用です。今は傷を防ぐ為にダンボールを貼ったままにしていますが

かなりこったデザインの物を使用しました。早くお見せしたい・・・。

 

abe0079.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上が本日現在の状況です。

ご覧頂きましたとおり、徹底的に断熱を行っていきます。

家の暖かさが、家族の暖かさに繋がればと・・・。

 

今週はここまでですが、来週から外壁のサイディング工事が始まりますので、お楽しみに。

 

                                                工事部  A

こんばんわ。

 

今週は、屋根と外壁を作る状況をお伝えします。 

abe0060.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週で、家のだいたいの形が出来上がりましたので、

雨や雪の影響を極力減らす為、屋根を作る工事を先行して行います。 

abe0059.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

△まずは、出来上がった屋根に断熱材を貼り付けていきます。

 

abe0062.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

△その上に↑写真のような、防水シートを貼り付けていきます。

 

 

abe0067.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

△その上に板金材を貼り付け、ジョイント部を専用の工具で締めていきます。 

abe0065.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

△その後、コーキングを行い、完成となります。

 

次は外壁の工事です。作業自体は平行して行っていきます。

abe0061.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

△先週組上げた骨組みに、壁の下地や・窓の下地を取り付けていきます。

abe0063.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

△その後は、構造用合板と呼ばれる板を外壁側に張ります。

この板は、通常の板よりも丈夫にできている為、耐震性に優れています。

abe0068.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

△この上に断熱材を貼り付けます。

壁の中の断熱と合わせて、2重に断熱し熱を逃がさない構造になります。

 

abe0069.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

△その上に、透湿防水シートと呼ばれる材料を張ります。

この材料は、水は通さないのですが湿気は通すので、

防水と換気の役割を、同時に果たしてくれます。

 

近代の家は、技術が向上している為、材料一つ一つが特殊な性能を持っています。

その場その場に合わせた材料を、適切に選んで使用していくことで、丈夫で長持ち

する家が出来上がっていきます。

今週はここまでですが、来週から内部の工事にも取り掛かっていきますので、 ご期待下さい。

それでは、また来週・・・ 

                                             工事部 A

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28