2010年1月アーカイブ

 先日、閣議決定した「明日の安心と成長のための緊急経済対策」において、「エコ住宅の建設」・「エコ住宅へのリフォーム」に対して住宅版エコポイントを発行する制度の創設が決定されました。

 簡単に言うと、家電のエコポイント制度と同じく、期間内にエコに配慮したリフォームをしたり、エコ住宅を新築された場合、エコポイント事務局に工事をした旨申請をすると、商品券・プリペイトカード・地域商品券、そして行っているエコリフォームや新築工事に対しての追加工事の費用に充当することができる制度となります。

 どのくらいのポイントがつくのかと言うと、リフォームに関しては工事内容や工事箇所により、細かくポイントが分かれています(下記)が、目安としては、エコリフォームで標準的な戸建住宅に内窓(10窓)を設置する場合で15万前後のポイント(30万ポイントが限度)が、エコ住宅の新築をされた場合は1戸当たり30万ポイントが発行されます。

 

 以下に、かなり大まかですがポイントをまとめてみました・・・・・

 

①工事対象期間     

(エコリフォーム)

平成22年1月1日から同年12月31日までに着工した物件で、平成22年1月28日以降に工事が完了したもの(よくわかりませんが、1月28日に正式閣議で決定されたからだと思います。) 

(エコ住宅の新築)

平成21年12月8日から平成22年12月31日までに着工した物件で、 平成22年1月28日以降に工事が完了したもの。 

 

②対象工事内容

(エコリフォーム)

    ●窓の断熱改修(内窓の設置(2重サッシ化)、窓交換(複層)、ガラス交換(複層)等

    ●外壁、天井または床の断熱材施工

    ◎これらの工事に併せて、バリアフリー工事を行う場合は、さらにポイントがつきます!

(エコ住宅の新築)

    ●省エネ法のトップランナー基準相当の住宅

(わかりずらいですが・・・・・・・外壁や窓等の断熱性能に加えて、給湯設備や暖冷房設備等の建築設備の効率性において、最も省エネ性能が優れている機器(トップランナー基準)というところでしょうか)

    ●省エネ基準(平成11年基準)を満たす木造住宅

(これもわかりずらいですが・・・・・・いわゆる「次世代省エネルギー基準」といわれるもので、
熱損失係数という、住宅の断熱性能を数値的に表した「Q値」が基準値をみたしているということでしょうか)

 

 

 

 

と、いうことで難しい言葉ばかりですが少なくともエコリフォームに関しては、寒い北海道ではとても一般的なリフォーム工事が対象になっているのでは、と思います。

  ★ 窓交換(内窓設置含む)・・・・7,000~18,000ポイント(一箇所)

  ★外壁断熱・・・・・100,000ポイント

  ★屋根・天井断熱・・・・・30,000ポイント

  ★床断熱・・・・・・50,000ポイント

さらに以下のバリアフリー工事を行うと・・・(上限50,000ポイント)

  ☆手すり設置・・・・5,000ポイント

  ☆段差解消・・・・5,000ポイント

  廊下幅等の拡張・・・・・25,000ポイント      が加算されます。

 

 かなり大まかに説明させて頂きましたが、物件ごとに様々な基準が異なってきます(税制特例や融資の優遇との併用や、国からの補助を受ける場合は適用外など)し、まだまだ説明しきれない程、内容は多岐にわたっています。住宅に携わる者として、我々も勉強会などを行い、頑張って「左脳」を鍛えまくらなくては!と思ってます!!!(笑)。

  

 

 

                                               営業部   U

 

 

  

 

 

こんばんわ。

 

雪、ツルツル路面、そしてもう壱月も最終週ですね。 そして極寒期の弐月。今年は雪が多いのでしょうか?それとも、配管が凍結するほど寒い日々が続くのでしょうか?

 

さて、われらがリノベーション住宅もいよいよ木工事の大詰めです。 床のフロアも貼り終わり、壁の断熱材(▽①)もビッシリ入り、現在、天井下地組み(▽②)などなど、弊社の大工さんもフル稼働です。

▽① 断熱材入れ(サッシの大きさが変わったので、補充した箇所です)

uru.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽② 天井下地組み

sita.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてここで問題です。 次の写真は、何に使うと思いますか?

答えは、次週のコーナーで発表いたします。 ご期待下さい。

▽Q

kama.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、皆様にお知らせがございます。

2月6日(土)、7日(日)で予定しておりました、『完成見学会in西岡』ですが、天候不順による現場の工程遅れの為、誠に申し訳ございませんが、急遽ですが中止せざるを得なくなりました。 ご期待頂いておりました皆様には、本当に申し訳なく思っております。

弊社と致しましては、天候不順とはいえ、お客様への引渡が大前提です。 その上で、引渡日までの期間で、多少のゆとりを加味して『内覧会』を計画しておりました。 完成後、ここまで変わったという姿をぜひ、ご覧頂きたかったのですが、大変申し訳ございません。 

とはいえ、引き続きこちらのコーナーで、リノベーション工事の様子は、次回もご案内させて頂きますので、ご期待下さいませ。

                                                設計部 Yでした。

 

 

 

 

 

いつも「エストホームBLOG」を楽しみにしていただいているみなさま、ありがとうございます。

このブログをを始めてから1年ほど経ちますが、最近お客様から「いつも見てるよ☆」と言っていただくことが多く、スタッフ一同大変喜ばしく思っております。

見られていると思うと、「マメに更新しなければ‥」とプレッシャーもかかるもので、週2~3回は必ず更新しており、それもあってかちょくちょく見ていただいている様です。

ただほとんどが仕事の話(建築の話)なので、うちの会社は仕事人間ばかりだというのがバレバレだとのこと。

「ちゃんと休んでるの?」とも聞かれてしまうので、たまには休日のお話を‥。

 

先日家の前の除雪をしていたところ、子供たちが滑り台にしようと言い出したので、雪山を斜めに切り崩し滑って遊んでおりました。

その雪山の形が、遠くから見るとある動物に見えたので、雪像作りに挑戦してみました☆

子供たちと一緒に作りましたが、よく出来たと思うので見てやってください(笑)

 

 

wani.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだかわかりますか?

一応「ワニ」のつもりです‥。

ご近所のみなさまには好評だったのですが、社内では反応がイマイチでした(泣)

 

本物の「さっぽろ雪まつり」は2/5(金)からの開催だそうです。

 

来年は市民雪像に挑戦してみようかな。

                                                

                                                   営業部 S

 

「地デジ」のはなし

|

 「地上波デジタル放送」に完全移行する2011年7月24日まで、あと547日ということですが、我らがエストホームのお客様の中でも、これから地デジ放送を視聴するにあたり、いろいろと質問をされる事が多くなってきた今日このごろです。その中でも特に、「地デジ対応のテレビを購入したいが、今のアンテナで大丈夫なの?」という質問が多く見受けられます。

 札幌の一般住宅では1、3、5、12チャンネルはVHFアンテナを、17、27、35チャンネルではUHFアンテナを利用してテレビ電波を受信していますが、地デジを観る場合はこの「UHFアンテナ」を利用します。アンテナを見ると、上に付いている(小さい)アンテナがUHF、下に付いている(大きい)アンテナがVHFになります。地デジ放送はこのUHF帯域のチャンネルを使って放送されるので、現在使っているアンテナがこのチャンネルに対応していれば、そのまま使えることになります。

 「アンテナの向き」については、居住地域のデジタル放送の送信局(札幌は手稲山を中心に6つの中継局があります。)が、地上アナログ放送と同じ方向の場合は、そのままの向きで受信でき、違う場合は、UFHアンテナの向きを変更するか、もう一本地上デジタル放送用のUHFアンテナが必要になります。

 また、現在ビル陰などで受信障害があり、共聴アンテナ施設を利用している地域では、基本的には個別にUHFアンテナを立てる必要があるようです。

 

 かなり、掻い摘んでしまいましたが、ほとんどの場合、今お使いのアンテナで地デジは観れるという事でした。

 

                            ㈱エストホーム       U 

こんばんわ。

 

雪、雪、雪ですね~。 少しとけたかと思えば、ツルツル路面。 ザクザク路面。 皆さん、運転はくれぐれも気をつけてください。

現場に出ている大工さんを初め、職人の皆さん、朝から、家の除雪のあとに、現場周辺の除雪、帰宅後また除雪。 本当にお疲れ様です。 皆さんのおかげで現場周辺はきれいです。 ありがとうございます。

 

さて、part③になりますが、工事状況のご報告をさせて頂きます。

 

▽耐震補強の写真です。 事前に、建物のバランスを計算し、必要箇所に、『筋交い』及び、『筋交い金物』にて、補強します。

suji.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽サッシの交換後の写真です。 こちらのお宅は、内断熱のグラスウールの他、外張りで付加断熱(外部に厚み20mmのスタイロフォーム)し、その外側に、写真で見えている透湿防水シートをはっている写真です。この後、窓廻りに防水テープを貼り、雨水浸入などに備えます。

mado.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▽階段に窓を新設しました。 一階ホールと二階ホールへの採光を考慮し、新規で開口しました。

施工前は暗かった空間が、見違えました。

kaidan.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ、日々変わっていくリノベーション現場の写真でした。 

現在、二階の床フロア貼り、間仕切製作中です。 平行に、一階の断熱工事や、床の造作も行っております。

寒い日が続きますが、皆様、体調管理には十分に留意してお過ごし下さいませ。

 

                                             設計部 Yでした。。。

 

 1月も中旬にさしかかり、今年は意外と雪が少なく、「このまま行けるのでは?」と思っていた矢先に結構来ましたね~、本格的な雪が。

 寒い季節には、我が家もそうですが「ホットプレート」や「卓上コンロ」を使って"鍋料理"とか"すき焼き"等をするいわゆる「卓上調理」の機会が増えるのではないでしょうか?

 でもその「卓上調理」、終わったあとのニオイやクロスの汚れなどがついてしまうという難点があるのも事実です。

 今回は、そんな卓上料理の問題も解消できて、さらに「もっと楽しく」「もっとオシャレ」に変身させて頂いた事例を紹介します。

 

 手稲区Y様のお宅では、もともと別の内容の工事を思案されていましたが、打合せの際に作って行った内観のイメージパースの中に参考に入れた「天井吊式の換気扇」に奥様とご主人様が大変興味を持たれ、当初2階にダイニングルームとしても使えるようなくつろぎの部屋を思案されていましたが、「天井から吊るせるオシャレな換気扇があるのなら、現在使っている1階のダイニングルームでもそんな場所が出来るのでは」という事になり、プランを変更して、 「ダイニング用ペンダント照明に換気機能をプラスした"換気ライト"」を取り付けることにしました。

 ご夫婦ともにお仕事を持たれている事から、暖かい食事を「少しでも手早く」そして「少しでもゆっくりと会話を楽しみながら」とれるダイニングスペースを作る事ができ、ニオイやクロスの汚れも気にせず食事を楽しんで頂ける事を願って、工事に取り掛かりました・・・・。

 

                                                  

 

                                                                          ①ダイニングテーブルの真上の天井を開口します。            

  00.JPGのサムネール画像 0.JPG 

         

②換気ライトを吊るす為に下地の補強を施します。

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

000.JPG

 

 

 

③1階の天井裏に排気パイプを外側に向かって出します。

 

 

 

 

 

 

002.jpgのサムネール画像

 

 

 

④照明用の配線をして、本体を取り付け完成です。

004.jpg

 

 

換気扇を使わない時でも、照明器具として使え、厚さ8ミリもある強化ガラスのプレートを通して照らされた天井が温かみを出しますね~。

換気扇は天井裏に設置されているので、スッキリとし、シロッコファンを使用しているので、気になる煙を低騒音で高捕集します。

スタイリッシュな換気ライトで、普段の食事も、お友達が遊びに来た際も快適で楽しい食事になる事、間違いなしですよ。

 

 

(取付機種)

イーノ・イーノ製    換気ライト   (LTタイプ)本体希望小売価格250,000円(税抜)

              

 

こんばんわ。

12月下旬から着工しました現場ですが、現在順調に進行中です。

工事の様子をご覧下さい。

▽梁補強

L.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲上の写真は、1階の天井裏の写真です。 屋根から2階の柱を経由し、直接荷重がかかるため、本来は、1階に柱を建てねばなりませんが、間取りの関係上、柱を建てられないので、写真のように梁補強を施さなくてはなりません。 見えないところは、こうして写真に残さないとお客様も不安ですよね。

 

▽屋根の軒先

s.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲着工前に軒が出てましたが、今回は軒をなくしてしまう工事の為、古い構造材を活かしつつ、軒先を改修しております。 先ほどの写真と同様に、本来は板金により隠れてしまいますので、工事完成時には、全く見えない部分になります。 外壁材の厚みにより、構造材からの出幅も変わります。

▽屋根の内側

w.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲屋根の改修ですので、鉄板の立上り部分の下地を造っております。 

 

正直な話ですが、大工さんたちは、雪の方が施工は楽との事です。 夏だと、雨の為天候に左右されがちですが、雪であればほろえば落ちます。 雨と違って、内部に差しこんでしまう事もありません。寒いだけです。 仕事があるだけありがたい世の中です。 寒さ対策をして『キチン』と施工で、頑張ってくれております。ありがたいです。

 

この場をお借りしまして、現場の近隣の皆様にはご協力を感謝申し上げます。 車両の通行、工事の音など、弊社と致しましても十分に注意をしてはおりますが、2月従順の工事完成まで、今後とも何卒、ご協力をお願い申し上げます。

 

さて、ここでお知らせです。

上記の現場で、2月6日(土) 7日(日) 10:00~17:00 『リノベーション工事完成見学会』を開催いたします。詳細は、おって掲載いたしますので、、次回をご期待下さいませ。

 

                                               設計部 Yでした。。。

 2010年が始まり、北海道では当たり前のように雪が降り・・・・そして本格的に積雪になってきた今日このごろ・・・・・・・(やっぱり雪かきは大変ですよね~)

 そんな状況を少しでも快適に過ごす為に一般に「ロードヒーティング」や「融雪機」という融雪機器がある訳です・・・・・・・が!

 最近では当社のお客様の中でも不景気を反映してか「ロードヒーティング」や「融雪機」を設置してあるが「灯油代が嵩むから使っていない」・・・・そんな声をよく聞きます。

 

 そこで今回は昨年末に豊平区のお客様宅で施工した「スポットライトヒーター」をご紹介します!

 そもそもこちらのお客様は毎年12月から翌年3月頃までの間に月2回くらいの割合で車庫の前の間口3メートルに除雪車が置いていってしまう硬~い雪を当社で排雪させて頂いているお客様でしたが「排雪したてのころは問題ないが、除雪車が入るたび、ドカ雪が降るたびに車庫の出入りが不便だし、その都度排雪を頼むのは不経済だし・・・・毎日雪かきする時間は無いし・・・」という話しから当社の「スポットライトヒーター」をお勧めし、昨年の12月26日に施工させて頂き、無事に雪の悩みも解消となった訳です。

 

1b.JPG 

 

 

<施工前の状況>

硬~い雪が出入口の前にいつも有りました・・・  

 

 

 

 

1a.JPG   

<施工後の状況>

工事と言えば遠赤外線のヒーターをシャッターの上に取付けるだけ、1日の工事で雪問題も一発解決しました!

 

 

 

 

          

3.JPGのサムネール画像 2.JPG

4.JPG

降雪センサーを付けて降雪時以外はヒーティングを停止させ無駄な電気は節約できます。

 

このヒーティングシステムは路盤を掘削し発熱体を路面に埋設する従来の埋設型のロードヒーティングではなく、融雪したい路面の上から発熱体であるヒーターを取付け、そこから発する「遠赤外線の照射」により必要最低限の場所を効率良く低コストで融雪するので、

①土・石畳等の今まで敷設が出来ない場所での融雪が可能。

②融雪の必要な場所に部分設置が出来るのでイニシャルコストが安価で済みます。

  <月々のランニングコストの目安>   

    (ヒーター1台で融雪面積は約12㎡<外気温-7℃、降雪量3cm/hとして>)

         月当たりの平均電気料金は約8,175円!

    (融雪用電力B(ホットタイム22)の契約で1シーズン(4ヶ月)600時間使用した場合)

 

③ボイラーや不凍液の交換が必要な温水式のロードヒーティングとは違いヒーターを設置するだけで 

 メンテナンスは必要ありません。 

④路面を掘削する必要がないので工事も簡単、冬でも施工が可能です。

 

 

などなど・・・このヒーティングは必要なところに最低限の融雪をしたい方にはピッタリの商品です。気になる工事金額は2月末日まで当社では「融雪キャンペーン」と題して限定20台、基本工事費(本体、取付ポール、降雪センサー、融雪電力引込・申請)469,000円(税込)~で行っていますのでご興味のあるかたは是非当社までお問い合わせ下さい。

 

 

 

                                         営業部  U

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28