2009年8月アーカイブ

先週に引き続き、「窯業系サイディング」の塗装についてお話します。

塗装工事を検討する上での現状のチェックポイントとして、「コーキング」があります。

「コーキング」はサイディングのジョイント部分や、サッシ等との取り合い部分に打つボンドのようなものです。施工時はチョーブに入っており軟らかいですが、約一日でゴムの様に固まり、サイディングやサッシにすき間無く密着します。

これにより、雨水の浸入を防ぐことができますので、たいへん重要な部位となります。

ところが、年数が経過するとゴムの様に弾力があったものが徐々に劣化し、ヒビワレを起こしたり、収縮したりすることで隙間ができてしまい、雨水を進入させてしまいます。

また、コーキングにより隠れていたサイディングの切り口に、雨水が浸み込むことにもなります。

サイディングの表面には塗装がされており防水効果がありますが、切り口には塗装がされておりませんので、こういったところから、前回お話した様な「凍害」が起き、ボソボソになってしまうこともあります。

「塗装工事」には、汚れてきた外壁をキレイにしたり、素敵な色で住宅のイメージを変えたりと、意匠的な要素が強いですが、もうひとつの目的としては「防水」があります。

サイディングを長持ちさせるには、凍害などの影響を受けないように、雨水から守る必要があるのです。ですから、せっかくお金をかけて塗装をしても、コーキングの状態が悪ければその目的は半減してしまいますので、塗装時にはコーキングの打ち替えをお奨めしております。

kokingu 1.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

コーキングの打ち替えの際には、右の写真の様に古いコーキングをまず撤去します。

 

既存のコーキングの状態がそれほど悪くなければ、費用を抑える意味で、既存のコーキングの上に「かぶせ打ち」をする場合もありますが、厚みが充分にとれませんので、基本的には「打ち替え」をした方が良いです。

 

 

kokingu 2.JPGのサムネール画像

 

 

 

コーキングの打ち替えのみの場合は、板材の色に合わせた色を選択しますが、こちらのお宅では塗装工事を行いますので、白いコーキング材を使用しました。

窯業系サイディングの塗装をするには、前回お話した凍害部分の張替えと、このコーキング工事が必要になります。

 

 

 

 

shiage.JPG

 

 

みなさまも、ご自宅の外壁をまずはご自分の目で確かめ、もし凍害やコーキングの劣化を見つけたら、当社スタッフにご相談下さい。

 

傷口が広がる前に、早めの手当てを‥。

 

  

<k.sugano>

塀工事って。。。 

|

こんにちわ。

今日は、最近完了した現場をご覧下さい。

 

北広島市の現場ですが、数年前から徐々に塀が倒れてきていたため、当社にて施工する事になりました。

こちらのお客様は、札幌市豊平区内に住む当社の顧客様の娘さんご夫婦のお宅です。

現場が、小学校の近所の為、小さなお子様たちへの安全を考慮し、夏休みに入ると同時にスタートしました。

着工前

 

1.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塀がたおれかかっているのがわかりますか?

原因は、新築当初の基礎の作り方でした。 通常、我々施工業者は、新築同様、凍結深度(札幌近郊はGL下60cm)まで掘削後、十分な転圧をかけてから、ベースや塀、基礎を作っていきます。

この建物の塀を作った当時は、この方法が当たり前だったどうかわかりませんが、それにしても少しお粗末な塀だったように思います。

 

解体後、掘削し、ベースコンクリートを打設します。

 

3.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄筋を組んで、型枠を設置し,コンクリートを打設し、十分にコンクリートを乾燥させます。型枠を撤去後、この現場は左官屋さんに仕上げをして頂きました。

 

6.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左官屋さんが仕上げて完成です。

お盆前には、工事も完成しましたので、夏休み明けには、通学する小学生も安全に通行できる状況になりました。

みなさん、塀などの歩行者や、ご近所に迷惑になる箇所は、あまりひどい症状にならないうちに、早めのお手入れをご検討くださいね。

 

                                              設計部 Yでした。。。

 

 

外壁材には乾式工法のサイディング系のものや、湿式工法のモルタル壁やタイル等様々ですが、ここ十数年、北海道の住宅では「窯業系サイディング」が多く採用されてきました。

「窯業系サイディング」はセメントやけい酸カルシウムの原料に繊維質材料を混ぜ硬化させたもので、施工性が良く、デザインも豊富な外壁材です。

新築やリフォームでこのサイディングを採用し、既に10年以上経過しているお宅も少なく無く、メンテナンス済みの方も多いと思いますが、そろそろとお考えの方のために、メンテナンスのポイントをご紹介させていただきます。

まず、メンテナンスの方法としては、大きく分けると「塗装」「張替え(or上張り)」の二択になりますが、イニシャルコストを抑えるにはやはり塗装が有効になります。

ただし、塗装の場合は下地が悪すぎると下地の処理費が高くつき、逆に張替えの方が安くなる場合もあるので、現状の調査が重要になってきます。

dezumi 1.JPGのサムネール画像

 

チェックポイントとして、まずは現状のサイディング材の傷み具合の確認から。 

 右の写真の様に、表面が凍害で剝離したりしていると、その上から塗装をしてもうまく密着しないので、またすぐに剥がれてきてしまいます。

こういった場合は、部分的に張替えることになりますが、年数が経過していると、メーカー側で同じ商品を製造していないことがほとんどです。

色については、周りと同じく塗装するため問題ありませんので、なるべく柄や厚みの近いものを探し出します。

 

 

 

 

dezumi 2.JPGのサムネール画像

こちらのお宅でも、同じ商品は既に廃盤となっておりましたが、タイル調で目地の数が同じものがあり代用しました。

  交換したのは「出隅」と呼ばれる外壁の角に使用される部材のみで、全部で9ヵ所ほど。数万円の費用で交換できました。

幸い、サイディング自体の凍害や割れ、大きな反りもなく、この出隅以外は交換する必要がありませんでしたので、「塗装」の選択が可能でした。

これが、あそこもここもと多くなってくると、費用がかさみ、「張替え」との差が無くなってきてしまいます。

ですから、傷んでいる部分が見受けられる場合はプロに調査を依頼し、「部分張替え+塗装」と「全面張替え」の両パターンで見積してもらうと良いでしょう。

 

 

 

来週も、窯業系サイディングの塗装についてお話します。

 <k.sugano>

 

 

 

 

水の事故にはご注意を!

|

暑い日が続きますね。

こんなに暑いと海水浴に行きたくなりますが、みなさま水の事故にはくれぐれもお気をつけ下さい。

毎年のことですが、この時期になるとそういったニュースを耳にしてしまいます。

私も学生時代に海水浴へ行き、友人と「どこまで深いところに行けるか」と挑戦しているうちに、高波に流され溺れた経験があります。

泳げない訳ではなかったのですが、突然高波に飲み込まれ、一気に沖に流されてしまい、当然足はつかず、海水を大量に飲んでしまいました。

このままではやばい!と、思いながらも呼吸ができない状況でしたので、焦りからかバタバタともがくことしかできませんでした。

その時一緒に流された友人が、一時は慌てて岸に向かって行ったのですが、私が溺れているのに気が付き戻って来てくれたので、泳ぎが得意だった彼になんとか助けられました。

彼がいなかったら、今現在の私は存在していなかったかもしれません。

今日も大規模な地震がありましたし、豪雨による土砂崩れや水害、竜巻などの災害をニュースでみていると、人間は、自然の力にはとうてい太刀打ちできないと思い知らされます。

これから夏休みに入る方も多いでしょうから、海へ山へ湖へと遊びに行く機会もあるとは思いますが、特にお子様連れの方は注意してくださいね。

ちなみに、当社も誠に勝手ながら 7/13(木)~7/16(日) までの4日間、夏期休暇に入らせていただきます。

ご迷惑お掛けしますが、宜しくお願いいたします。

 

<k.sugano>

 

 

エストホーム社内ゴルフ日記①

|

 先日、我等がエストホーム社員の唯一と言って良い、「共通の趣味」である、ゴルフに社長以下3名で、恒例?(だいたい大型連休の前にやる事が多いのですが)の社内ゴルフに行って参りました!

 場所は、石狩望来のシャトレーゼ石狩、天候は晴れ、気温は体が溶けるほどの灼熱地獄に見舞われるほどのなか、和気藹々とプレーを楽しんできました。

 IMG_7108.JPGのサムネール画像

                   (スタート前はみんな元気でした・・・・)

 

 ゴルフはよく性格が表れると言いますが、うちの面々も正にその通りで、社長のアドレスは素振り無しの一発勝負、専務は石橋を叩いて渡るかのごとくアドレス時間は軽く20秒はかかる有様、他の2名はその中間と言ったところで18ホールを進んで行くのがエストホームのゴルフスタイルになります。

 スコアはまだまだ皆様にお伝えできるほどではないので秘密にさせて頂きますが、順位は、

社長→後→専務→横山課長となりました。 IMG_7109.JPG

 

  ゴルフのときだけは、上下の関係は無く、怒号と笑いの飛び交う、楽しいエスト社内ゴルフでした。

IMG_7111.JPG

 

 

7/18,7/19,7/20の3日間、当社で建築した注文住宅の現場見学会を開催いたしました。

 

nishioka1.JPGのサムネール画像

 

開催初日、2日目と天候が悪く、最終日にようやく良くなりましたが、そんななかたくさんのお客様にご来場いただきました。

足を運んでいただいた皆様には心より感謝申し上げます。

 

見学会の様子ですが、一際関心を持っていただき、多くの方々に好評だったのが、リビングから続く中二階のある吹抜け部分でした。

 

nishioka2.JPGのサムネール画像のサムネール画像中2階の下の部分は天井が低くなっており、お子様が小さいうちは扉を開放し遊び場として利用。急なお客様でおもちゃが散乱していても、扉を閉めるだけでOK。

お子様が大きくなり小学生になったら収納として利用し、今度は中2階に学習机を並べ、家族の目と声が届く明るくて開放的な空間でお勉強に励んでいただく。

更に大きくなったらご主人様の書斎や、趣味のスペースへと移り変わっていく。

そんなコンセプトで創られた空間です。

nishioka3.JPG          ▲2階のホールから見下ろした様子

 

nishioka3 (2).JPGのサムネール画像        ▲中2階からホールを見上げた様子。

         ご来場のお子様たちが、こぞって丸い穴から顔を出し、はしゃいでおりました(笑)

 

エストホームでは、こういった自由な発想を 取り入れ、世界にふたつと無い、あなただけのフルオーダー住宅をご提案しております。

注文住宅をご検討中のみなさま、是非我々スタッフにご相談下さい。

素敵なプランをご提案させていただきます。

 

 

<k.sugano>

 

 

 

  

 

株式会社エストホーム 新築実例紹介 スタッフ紹介

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28